« 地球を知リ守るために「National Geographic」 | トップページ | 「Google Earth」に感動 »

2008年3月17日 (月)

私と音楽の癒し

音楽が大好き!私にとって、これまでの人生に深い味わいを与えてくれた大切なものの一つが、音楽だと感じている。Picture96blog

まだ字の読めなかった幼い頃・・・ぬり絵風の?童謡集を持っていて、その絵を見ながら母と一緒によく童謡を歌っていたっけ・・・

初めて触った楽器は、木琴だった・・・

小学生の頃は、仲良しの女の子とよく小学唱歌を二重唱で歌ったものだった。担任が音楽の先生で、そんな二人のためにピアノ伴奏を引き受けて下さったのだ。
音楽室の机に二人並んで腰かけて・・・先生が弾いて下さるグランドピアノの音色に心を酔わせて心をこめて歌ったものだった。その頃だったわ、ピアノのお稽古を始めたのは!でも、当時ピアノは非常に高価で(たぶん庶民の年収分くらいの値段?)庶民にはなかなか手が届かず、私も電気オルガンしか持っていなかった。でも音楽部に属していたので、小学校の音楽室のグランドピアノを借りて、練習することができたのだった。

中学生の頃は、忙しくなった勉強の合間のピアノのお稽古が楽しかった・・・へたくそだったけど。

高校時代は、バッハに夢中。無伴奏チェロ組曲を聞きながら、好きな科目だった数学の問題を解いていたっけ・・・とても幸せだった・・・いったい、何百回あのレコードを聴いたことか!

高校を卒業して進学してからは、はじめてビオラという楽器にさわり、学生オーケストラに入団して必死でレッスンしたっけ。休講になると、勇んで団室まで走って行ったものだったわ。
夏休みには、団員揃って田舎回りをして小中学校で「音楽教室」を開いたのも、今は遠い遠い思い出。初めてオーケストラを見聞きした子供たちの、あの好奇心に満ちた目の輝きが忘れられない・・・

その後東京で、社会人兼夜間大学生(2度目の学生生活)になって・・・4畳半での一人暮らしを始めた時は、安いギターを買って、自己流にクラシックギターのお稽古を始めたわ。その後正式にギターのレッスンを受ける時に、清水の舞台から飛び降りる心境で丸一年分のボーナスをはたいて、手作りのギターを手に入れたっけ。

そのギターで、バッハの無伴奏チェロ組曲をギター用にやさしくアレンジしたものを、弾いて幸せに浸った20代の孤独だった私。

結局、その後はフォークギター風に使ってしまったけれど。毎日、ギターを片手に弾き語りで、何曲の何曲も歌ったものだったわ・・・
でも、今はコードもすっかり忘れてしまった!

その後、念願のドイツ製バイオリンを手に入れて、正式にバイオリンのレッスンを始めた私・・・

モーツアルトのバイオリンコンチェルトとか、バッハのソナタとか・・・下手ながらなんとか弾けるようになったけれども・・・だんだん曲が難しくなると、仕事後の練習が大変になり(帰宅して夜遅くなると練習はできないし)結局レッスンを止めてしまった・・・

それにたぶんレッスン拒否反応らしい「肩の痛み(バイオリンを持つと痛くなる)」が出て弾けなくなったせいもあるし・・・

最近おそるおそるバイオリンを触ってみたら、結構音が出たので・・・ちょっと嬉しかった!実は練習用に、サイレントバイオリンも持っている私・・・

臨床心理関係の勉強をしていた頃・・・その宿泊セミナーで、音楽係りを務めたっけ。当時はまだカラオケがなかったので、私がギターを持参して一小節を最初に歌って、まず出だしの音を決め、それからみんなで一緒に歌う・・・緑の芝生に輪になって座って、高原の美しい空気を胸一杯に吸いながら、大声で歌うことの楽しさ!

その後、とある大学病院の精神科の患者さんの娯楽室を訪問して、一緒にフォークソングなどを歌う・・・というボランティアみたいなことをしたわ。歌う時、それまで暗い表情だった患者さんの表情が、急に明るくなって笑顔を見せて下さる・・・私にとっても幸せな時間だった・・・それが、二年間くらい続いた・・・

その後、カラオケが一世を風靡し始め・・・忘年会とか歓送迎会の二次会が楽しみになった私・・・。それから、ずっと時がたち・・・パソコン通信の仲間たちとオフ会で、いつもカラオケに行くことになったが、なんて楽しい時間だったことかし?

ある事情でパソコン通信から足を洗って?その後は、パートナーと一緒に、時々カラオケに行くようになった。何と二人だけで、4〰5時間も歌い続けてしまう・・・
「あーあー なんて歌が下手になったことか!まず声が出なくなっているし、音程も微妙に狂う。高音は、本当に出なくなっている。これが年を取るということなのか・・・」と、悲しくなる最近の私。

ピアノも10年以上もほとんど触っていなかった。最近ちょっと弾いてみるが・・・指と頭が(楽譜が)うまくかみ合わなくなっている・・・あーあー

じつは世界の旅に出ると・・・いつも現地にある民族楽器に心を惹かれ(そこには楽器の原点があるので)ついつい弦楽器を見ると触りたくなり・・・楽師の方にお願してちょっといじらせていただいているが・・・快く触らせて下さるのにはいつも感謝の思い。
ビオラ風の民族楽器や、胡弓や、アンデスのハープ風楽器や、馬頭琴や・・・実際に音を出してみると「音楽には国境がない」と痛感する私・・・。

そしてそのうち幾つかは、実際に購入してきて今も自宅にあるのだが・・・現実には、調弦も難しいし、弾き方もよくわからないし、弦の替えが手に入れにくい楽器もあるし・・・

またパートナーはフルートやオーボエを吹くので・・・彼の方も民族楽器の縦笛や横笛を買ってくるので、我が家には民族楽器がゴロゴロ・・・。あと、中央アジアで買った大きな太鼓(羊の皮を張ってある)や、いい音のする木琴もある。

青春時代は、慎ましいお給料を切り詰めて、たくさんのレコードを買ったものだった。今は「つたや」のレンタルがあるけれども・・・当時はそんなものはなかったし。クラシックレコードを中心にニューミュジックやシャンソンなどを聴きまくったものだった。

さびしい時、悲しい時、ひどく落ち込んだ時・・・いつも音楽に救われたものだった。そのかわり、ある短調の楽曲と私の悲しみとがしっかりと結びついてしまっていて・・・その後、その曲を聴けなくなってしまったものもある。たとえばチャイコフスキーの「偉大な芸術家の思い出のために」とか・・・。

最近は、あまりクラシック音楽を聴かなくなってしまった。自分で音を拾いながら、下手な演奏をする時、それは全く別の音楽の味わい方になっている・・・。うまくは説明ができないけれども・・・名演奏を聴く時と自分の演奏の時とでは、自分の耳が都合よく変化しているみたい・・・。下手な演奏でも、結構うっとりとできるのは実に不思議!

老化現象で歌が下手になっているけれども・・・歌うことは楽しい。
今お気に入りの歌い手は「
コブクロ」と「綾香」で「つたや」でCDを借りてきて、パソコンのHDDに入れている。

何とかカラオケで歌えるようになりたいと・・・パソパソしながらバックミュージックにしているが、音程などなかなか難しくって・・・なかなか歌えそうにない。楽譜があれば歌いやすいと思うのだが・・・。

とまあ・・・私のこれまでの人生のそばに、いつも音楽があった。


そして、音楽と同じくらいの重みで私のそばに本があった。

私にとって幸いなことには、職場の近くに新しく区立図書館ができたおかげで、新品の本をせっせと借りて読むことができたこと!大好きな児童書から大人の本まで・・・「あ」から順番に借りまくったものだった。独身貴族時代が長かったので、毎週末にはごっそりと本を借りてきて・・・食事も忘れるくらい読み耽ったものだった・・・。そして、読書に明け暮れる私の部屋には、いつもバックミュージックが流れていたのだった。

以前、リタイヤしたら仲間を募って(私はギターを抱えて?)老人ホームや福祉施設を回って一緒に歌ったりするボランティアをしたい・・・なんて思ったことがあったが、いざ少しずつ年をとってみると「歌がどんどん下手になって、声が出なくなる!」現実に愕然!

まあ、今はパートナーと時々カラオケに行って、出ない声を張り上げる程度が合っているみたい・・・。


ともかく、今後も私にとって、音楽のない人生は考えられないと感じている・・・。

|

« 地球を知リ守るために「National Geographic」 | トップページ | 「Google Earth」に感動 »

コメント

下男と、どんな唄を一緒に歌ってますの?

まさか「炭坑節」じゃぁないとは思うが・・・(^O^)

投稿: | 2008年3月23日 (日) 22時27分

草さん

★下男☆の好きな曲は、ひどく幅広いのです。

昔流行った演歌や歌謡曲やフォークから、かっての青春時代のヒットポップスなどを英語で歌ったり・・・

アバが一番好きなようです。あとピーター・ポール&マリーの曲は、私もよくギターの弾き語りで歌った曲なので、一緒に歌います。

本当は、ロシア語でロシアの民謡を歌いたいらしいのですが、日本のカラオケには入っていないので ((+_+))

二人でたまに二重唱するのは、私が下の音を出せる小学唱歌で「花」とか「荒城の月」などですね。どんな曲でも音を三度ほど下げると、きれいな和音になるので、忘れた所は適当に音を三度下げたりして・・・(*^_^*)

私自身は、かってのニューミュージックといわれた曲やフォークソングをよく歌います。

二人でカラオケに行くと・・・相手が歌っている間に次に歌いたい曲を選曲しますが・・・けっこう忙しいです(^-^)
実のところ、相手の歌なんて聞く余裕がありません。

でもお互いに年なので、音もはずすし、声も出にくくなっていて・・・他人の前では、歌えなくなっています。
でも・・・大声で歌うのは、本当にストレス解消になります!

草さんは、息子さんたちとカラオケにいらっしゃるのかしら?
私は孫がいたら、たくさんの童謡を一緒に歌いたいと思いますのに・・・いつも残念に思います・・・(=_=)

童謡の中には、詩も曲も一流の作品がたくさんあって、私も下男も大好きで、ときどき一緒に童謡も歌います(^^♪

投稿: 夕日 | 2008年3月24日 (月) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地球を知リ守るために「National Geographic」 | トップページ | 「Google Earth」に感動 »