« 人間ドック | トップページ | 世の利己主義を嘆く »

2008年6月29日 (日)

花と心の癒し

今、ベランダに這わせているクレマチスの花が,いくつも咲きかけています。
そんな些細なことなのに、なんて嬉しい気もちになれることでしょう。
花は、本当に心を癒してくれます。
蕾は、私の心に★希望☆の光を見せてくれます。
Picture115blog 
クレマチスの花は、ゆっくりと3日くらい時間をかけて花を開かせます。
そして、それから数日間咲き続けます。
しかも一年に数回、けなげにその美しさを見せてくれます。

お部屋の窓辺で・・・大切に育てているブーゲンビリアも、毎月のように花開いては散り・・・また花開くということを、もう3年以上続けています。
この花は、インドやバリ島などの熱帯の旅を想いおこしてくれます。

この二種類の花は、実は花に見えるところは苞葉で、本当の花はその苞の中央にあるとても小さなものですが。

いつも想うことは、私の大好きな童話「緑の親指」のTistou坊やの気持ちが、世界中の政治家たちの心に届けばいいのに!ということ。
今の私の一番の願いですが・・・

何時の日か、平和な世界にたくさんの美しい花を咲かせたいものです。


 

|

« 人間ドック | トップページ | 世の利己主義を嘆く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人間ドック | トップページ | 世の利己主義を嘆く »