« 花と心の癒し | トップページ | 北京オリンピック »

2008年7月26日 (土)

世の利己主義を嘆く

このところ、ブログの中でなかなか言葉が出せなかった!

あまりにいろいろな思いが頭をめぐり、ただただ深いため息をつくばかり・・・
Picture119blog
近頃テレビで、地球環境問題に関するニュースやドキュメント番組が増えている・・・。
これはとても嬉しい!
また私自身のブログでも類人猿たちの記事へのアクセス量にはかなわないものの「プラステックから石油を作る」といった地球環境の記事の検索量が急に上がっているのも嬉しい!

これは、世の人々の目が、地球環境へと向き始めていることでもあるから・・・

でも関心を持つことと、現実の環境が改善することの間には大きな隔たりがある!


地球環境にとって最大の障害は、人間の心の中に潜むさまざまな利己主義!

特に先進国の大企業の醜い儲け主義!

とりわけアフリカやアジアの貧しい人々をますます苦境へと追い込む、巨大先進国の浅ましさ。この現実を考えるたびに、苛苛→腹立ち→落ち込みの繰り返しとなる。

Picture120blog
アフリカの大地に大量に存在する鉱物や原油は、本来はアフリカの人々の財産なのに、それを根こそぎ搾取しようとしている大国があり、一部のアフリカの富豪層だけが利益の分け前の恩恵をうけている・・・。
ほとんど変化のない国民の極貧の有様なんて、見てみぬふりをして?

地球温暖化・砂漠化による水不足の現実すら、それをお金儲けの手段にしている大国の企業がある。巨大ダム建設や大規模な灌漑によって、大量の水を勝手に利用して、その下流の人々の水不足なんてまったく見てみぬふり。どんどん小さくなる湖!砂漠化する土地!
貧しい人々は水不足にあえぎ、汚染された泥水で?やっと飢えをしのぎ、病気になっている。

貴重な水を勝手に占有して採取して、ミネラルウォータとして高額の利益を得ている企業もある。高額の水道料を払えない貧しい人々は、きれいな水をまったく利用できない。


エイズのなどの治療薬も高価ゆえに手に入れられず、助かるはずの多くの命が死を迎えている。

アメリカ合衆国などではバイオエネルギーを得るために大量のとうもろこしなどを備蓄し、一方アフリカやアジアではたくさんの人々が、高騰する食料品が手に入らず、飢餓状態で死にかけている!
その一方で日本などの先進国では、まだまだ食べられる食品が大量に廃棄されている現実。

アマゾンなどの森林は、地球に酸素を供給してくれる大切な地域なのに、どんどん森林伐採が進み、なんとバイオエネルギーのためのトウモロコシ畑などに変身したりしている。
あるいはヤシ油を製造するために大量の貴重なアジア熱帯森林が、ヤシ農園に変わっていく。

またアマゾンやアフリカの森林の貴重な薬草が、大国の製薬会社によって独占されようとしている。現地人の薬草の知識を勝手に盗み、大量に採取している。


地球温暖化防止が叫ばれている一方で、なんと逆に地球温暖化のおかげで富を蓄え始めている一部の企業家が存在する事実!
北極の永久凍土に大量に埋蔵されていた鉱物・原油が、温暖化のせいで凍土が解けはじめ採取可能になってきているのだ。彼らにとっては、未来の地球よりも今の利益が大事のようだ。

利己主義な大企業のお偉方は高齢者が多い。彼らの生きている間は、地球環境が何とか保たれていることであろう。しかしまだ幼い子供たちが大人になった時の地球環境は?
ああー


こんな風に考え始めると、心がチクチク痛み始める。
先日地球環境サミットが終わったばかりだが、まったく何の進展もない印象!

地球はこれからいったいどうなることだろう!

ため息ばかりが出てしまう・・・Picture125blog

現在、地球環境について(そこに暮らす極貧の人々の生活環境を含め)山ほどの難問がある!まだまだ言い尽くせないほど、多くの問題が山積しているのだ。

私がいくら嘆いても、何の意味もないかもしれない。

でも、やはり「ああー」とため息が出てしまう・・・

|

« 花と心の癒し | トップページ | 北京オリンピック »

コメント

ある統計によると、世界中が、「日本人と同じ生活レベル」で暮らした場合、地球が2.5個必要なんだそうです。

日本人の生活も、すでに破綻をきたしているということですね。
複雑な心境です。

日本人は、自分たちには問題がないと思いがちですが、結構ひどいことをやってたりしますよね。
あまり議論にはしませんが。。。。

では、自分に何ができるんだろうか。で、それは問題解決に結びつくの?・・・・そう考えると、途方に暮れます。
暮れている場合じゃないんですが。

かといって、単純に50年前、100年前の生活に戻そうといっても、殆ど実効性がないので、どう現実解を見出すのかが知恵のいるところですね。

たとえば、地産地消、都市の緑化、省エネ製品への切り替え、官僚主導の諸政策の転換など、小さな光は見えてきているようにも思います。

第一歩は「知ること」と「当事者意識」が必要なのかなと思います。
今回の値上げラッシュなど、これからは嫌でも直接的な影響を受けるので、意識や生き方も変わってくるのではないかと、希望は持っています。

投稿: こもれび | 2008年8月 1日 (金) 19時41分

こもれびさん

今日は、全国的に雷と大雨です!
このところ、こんなお天気が突発的に起きます。
まるで、天の神様が怒っているように・・・?


>ある統計によると、世界中が、「日本人と同じ生活レベル」で暮らした場合、地球が2.5個必要なんだそうです。

確かに、先進国に住む私たちの生活には、無駄(不経済・贅沢)が多すぎますね。
たとえば食料品の30%以上が食べられる状態のまま、無駄に捨てられているとも言います。
それなのに、世界中には餓えて死にかけているいる人々が、たくさんいます。

私たちが使い捨てのように大量に消費している物品。それは貧しい人々にとっては、喉から手の出るほどほしいものであったりします。

このさまざまな矛盾を、何とか解決できないのでしょうか?


>では、自分に何ができるんだろうか。で、それは問題解決に結びつくの?・・・・そう考えると、途方に暮れます。

いろいろなブログをみると、一生懸命に問題解決を考えている人々の心を感じることができます。

でも一方、日本の政治家に目を向けると、本当に日本国民全体のことを考えてくれてくる人がどのくらいいるのかしら?と、ついついぼやきたくなります。

赤字路線の高速道路や空港などを作ることよりも、もっと大切なことに税金を使ってほしいのに!
医療や福祉関連の予算がどんどん切り捨てられている現実を、ただどうしようもなく唖然として見つめているしかない私たち・・・。

日本は今、どこに行こうとしているのでしょうね・・・・?


投稿: 夕日 | 2008年8月16日 (土) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花と心の癒し | トップページ | 北京オリンピック »