« 両親の病気 | トップページ | 父の哀しみ »

2008年11月15日 (土)

父の永遠の旅立ち

Picture123blog 何から書いたらよいか?

10月23日に父の病名が判明し(悪性リンパ腫の末期)、同日母が心臓病で緊急入院。

母は、一週間で退院。完治ではなく、外来通院での治療可能とのことでの自宅療養。


それから6日後に、父が急死に近い形での永遠の旅立ち。
父のベッドサイドで、父の旅立ちの一部始終を見守った私。

その夜は、自宅で私と母だけのお通夜。とはいえ、心臓の悪い母は、睡眠薬で眠らせた私・・・。

父は、死後24時間ほどで医大病院へと搬送されていった。父のたっての意志で、献体となるために・・・。

実家の父の愛用のパソコンで、昨夜やっとインターネット接続設定を終えて、久しぶりにブログを開いてみた・・・。

しかし、まだ心が空をさまよっている・・・

父のパソコンには、photo drowが入っていないので、お絵かきも出来ないし・・・持参の外付けHDDから、以前描いた絵を挿入してみようかしら?Picture125blog

|

« 両親の病気 | トップページ | 父の哀しみ »

コメント

この度は、大変なことでした。

 お気を強くもって、夕日さん自身、ご自愛を。

 心より お悔やみ申し上げます。

投稿: 鷲猫 | 2008年11月18日 (火) 17時22分

鷲猫 さん

心臓病の母が一人残されたので、当分札幌暮らしが続きそうです。携帯用心電計をネットで注文!それを使って母の病気の管理をする予定です。心電図検査は私の得意分野のひとつです。長年の臨床検査技師の仕事が、なんと今になって、役に立てそうです。

私の友人たちは、すでに片親なり両親を亡くしている人も多いはずです。私は、むしろ幸運だったかもしれません。
母が心臓の手術をしたせいで、看病のために実家に戻り、昨年は父ともしばらく暮らすことができましたし・・・。

父は、心臓病の母に先に逝かれては絶対に困る!と思っていたので、自分が先に旅立ててほっとしているかもしれません。

今は、母のそばを離れられないので、唯一の息抜きがパソパソしている時かもしれません。
北海道では、まもなく根雪の季節となります。父の組み立て式自転車に乗ってスーパーマーケットへ出かけられるのもあと数日かも?

今、喪中はがきの印刷をしたり・・・あれこれ日常のことに煩わされていて、なかなかブログまで手が回りません。
それにパソコンがちょっと重くてのろいし、私の愛用のソフトが入っていなかったりして・・・


投稿: 夕日 | 2008年11月18日 (火) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 両親の病気 | トップページ | 父の哀しみ »