« 父の哀しみ | トップページ | 明後日は引越し! »

2009年1月24日 (土)

心から言葉が流れない

なかなか言葉が心から流れてこない・・・

パソコンに向かっても、気持ちをあらわすPicturebloga2言葉を見つけられないというか、心が何かで塞がってしまっている感じがして、なかなかブログに書き込みができない。


父が亡くなって
2ヶ月半が過ぎている・・・。

父の死を通じて、自分の今後の人生について、あれこれ思案をし始めている。

人間はいつ死ぬかわからない!最後をキチンと締めくくらなくてはいけない。そのためには、そろそろ死への準備を始めなくては!


さて・・・何から始めようかしら?


10
日前まで北国にいて、純白の雪の世界の中で母と二人で過ごしていたが、今は埼玉の自宅に戻り札幌への引越し準備をしている。

いざ具体的に引越し準備が進むと、住み慣れた都会を離れる少しのさびしさが心に芽生え始める。新しい土地での生活にもいささかの不安があって、心が思いがけず揺れている。

白樺花粉症も怖い!昨年春、散々の目にあっているので。

「父と約束したのに!両親二人の面倒を見るって」

人間って、時に急に自分中心的になるものだ!と・・・大きく息を吸って、再び引越しの荷物整理を始めたりする私。

友人たちへメールを書きたいと思うのに、実際にはパソコンに向かっても、指が動かない。というか、心の扉がなかなか開かない。感情が少しフリーズしているようだ。


父の死による、軽い鬱状態なのかもしれない。

頭では、今やらなければならないことを十二分に理解しているのに、心が動かない感じ。

エネルギー不足?

今だったら、欝で悩む人の気持ち・心の重さ苦しみを、もっとわかってあげられるかもしれない・・・と思う。

さっき、ちょっとピアノを弾いてみたら、少しだけ心がやわらかくなって、言葉が少しずつ出始めている。音楽って、不思議な力を持っている・・・。

こんな気持の時、何をしたら少しは心にエネルギーが湧くのか?今は、それを知る大切な時間であると感じている。もしいい方法が見つかれば、鬱に悩む友人たちにも教えてあがられるし・・・。と思いながら、今の鬱っぽい状態を、もう1人の自分が見つめている。Picturebloga1

さて・・・世の中は、不況の真っ只中。

若い人から年配までのたくさんの人々がどんどんリストラされ、企業の倒産やら吸収合併やらが起こり、富んだ人と貧しい人の格差が広がり・・・日本の国の先の見通しも暗い。

貧しい老人や病んだ人々が、無慈悲に切り捨てられる世の中。


いまだほとんど解決されていない年金問題や、次々と閉鎖する病院。


若者の心も傷つきおかしくなっていて「急に切れてしまう!」若者が増えている。


世界に目をやると、内戦・戦争を始めとして飢饉や災害などさまざまの要因によって、たくさんの人々が苦しみもがいている。一方、たくさんの富を手にしている少数派の人々もいる!なぜ富をもっと拡散分配できないのか?


ああー
ため息をつくことばかり・・・

野生動物たちにとっても、今はとても棲みづらい世の中。

日本国内を見ても、殺人事件を始めとして多くの口にもしたくない醜悪な事件が、日々あふれている。あまりに残虐な事件が増えているので、少しくらいではさして驚かなくなっている私たち。

と・・・今は心がわずかなことでも揺れ動き、しかもマイナスのイメージにばかり心が向いてしまう。


ああー


こんな暗い内容の文章をブログに載せるなんて?と思い悩む。

でも・・・えい やっと!

|

« 父の哀しみ | トップページ | 明後日は引越し! »

コメント

お久ぁ・・・・

うん?・・・下男連れて北海道に引っ越すの?

投稿: 草 | 2009年2月 8日 (日) 13時32分

草さん

あさって札幌へ引っ越します。
まみぃ氏がOK してくれたので、1人暮らしとなった母の近くに住みます。
母は心臓病なので、無理ができずお買い物やお掃除を引き受ける予定です。

春になると、サイクリングロードを利用して、母の元に人力自動(転)車?で通うつもりです。今は寒い雪の世界。40数年ぶりの北国暮らし。でも室内は集中暖房と床下暖房があ
るので、あたたかいのですが。

お砂さんと、遊びにいらしてね。

投稿: 夕日 | 2009年2月 9日 (月) 00時13分

たいへんでんなぁ・・・

100点満点の介護を目指さず、思いっきり可能な限り「手抜き」しなせぇ。
それが本人のためでもあり、自分のためでもあります。

出来る事まで手伝うと、早く寝たきりになっちまいますよ。

介護をした事の無い第三者は「もっと、何々をしてあげれば良いのに・・」とか「こんな事もしてあげない・・」と陰口を言うかもしれまへん。

でも、知ってる人はわかっております。

>「父と約束したのに!両親二人の面倒を見るって」

たぶん、これは夕日さんが自分で誓った事だと思います。でも、そんな事はキレイに忘れちまいなさい。
でないと、その言葉に束縛され、身動き出来なくなりまっせぇ。
特に夕日さんは、マジメだから・・(^O^)

σ(*_*)がもし、ご両親の立場なら、娘に苦労をかけたくないので、そんな事は言わないと思う。

北の国へ行かれても、「お母さんの面倒を見る・・」と意気込んで行くのではなく、「もしも何か有った時だけ手伝う」という気持ちで黙って暖かく見守り、日常生活までタッチしない方が良いような気がします。

老婆心ながら(あっ・・夕日さんの事でないです)、長々と・・すんまへん。

σ(*_*)も今、越後屋のジサマを一緒にみています。

投稿: 草 | 2009年2月10日 (火) 16時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 父の哀しみ | トップページ | 明後日は引越し! »