« 70)僕は3才!少し大人気分 | トップページ | 72)北国の春は超特急で・・・ »

2012年3月29日 (木)

71)雪解けの季節と大震災後

初めに:右にグリムスの宣伝が入り邪魔です。右上に小さな×が見えます。それをクリッ クし(てくださると、水の宣伝が消えて見やすくなります)

☆★☆★☆★☆★

僕はショパン!

北国の春の気配って、突然にやってくるんだね。

Img_0834
(↑この桃の花は、もう10日以上も咲き続けているよ・・・ほかの花は
すぐ散ったのに、なんてけなげなの!ってママがうるうるしてるんだ)

昨日まで雪だらけの道だと思っていたのに、お日様が急に元気になって暖かい日がやってきたと思ったら、突然に!本当に突然に道路から雪が消え始めたんだ。

Img_0791

ママはこの様子に、お口をあんぐり開けて目を丸くしているよ。
「えっ、昨日までのあの雪はどこに消えたの?」

そしてまた一日たつと、さらに道路から雪が消え始めているよ。

Img_0864

とはいえ、まだまだ空気は冷たいので、僕は厚手のコート姿だよ。
僕はね、一部残っているアイスバーンの上を、お靴を履いて走るのが大好き!

僕のママはね、その少し残ったアイスバーンに手こずっているよ。

現に数日前、アイスバーンで転んだらしいよ。
今度は腰だけで頭を打っていないんだって。ああーよかった。
きっと転んであわてて起き上がって、あたりを見回したんでしょう?
「見ている人は、いなかったかしら?」と!

「アイスバーンに、こまかい黒い石を撒くのは本当に役に立つわ。
そのおかげで、道が滑りにくくなるわ。でも気を許すと危険なの!」

じつはママね、つぎの日転んで痛い部位を点検してみたら、薄紫色のあざになっていたんだって。でね、夜寝るときにそこに触れると痛いんだって。

「ショパンは4本足歩行だから、転ばなくていいわね」とママ。
ママはいつもそう言うけどさ。だったら四つん這いになって歩いたら?

Img_0865

さてと、道の両側の雪は除雪のせいで高く積み上がっているから、なかなか解けないよ。
あれっー、ママ僕をどうするの?

Img_0867

道の脇にできた雪の壁の上みたいなところに乗せられちゃったよ。

ここは雪が少し融けてから再び凍っているので固くて、大型犬が乗っても平気だよ。

でもーママっ、早くおろしてよぉー

Pictureboge40a


同じ北国でも・・・震災と原発で大きな被害を受けた東北でも、今は雪解けの季節だよね。
でもね、東北の人々の心の中では、まだまだ雪解けが遠いね。
季節が春になって桜の季節になっても、心はずっと重いのかな?

早く町が復興して、心の深い傷も少しずつ癒えていきますように。

Img_0390


「日本の政治家には、つくづく呆れてしまったわ」
ママはテレビの災害関連ニュースを見るたびに、暗い顔をしているよ。

「でもね、心あるたくさんの人たちが、東北にたくさんの愛と希望を届けているのよね。
それがせめてもの救いね・・・」

僕はね、被害地で一人ぽっちになった僕たちペットの仲間のことが心配だよ。
もし僕がそんな目に遭ったら、ぜったい淋しくて生きていけないもん。

僕たちセラピー犬の仲間が、東北被災地に慰問に行ったんだよ。
頑張ってね!



ママたちが大好きなテレビ番組「志村どうぶつ園」でも、原発のせいで心を壊されてしまったワンちゃんのことをやっているよ。
今ね、タレントのベッキーがその心を癒そうと頑張っているんだ・・・。
ベッキーは、本当に動物を愛しているのが僕にもわかるよ。

ガンバッ!ベッキー ♪~♪

Illust1516_thumb1

ふふふ・・・このイラストはママの作品じゃないよ。
ネットで探した無料イラストなんだ。
ママが、色遊び風にいつも書いている画像と違って、こんなのも可愛らしくていいね。

でもね、ママはこんな可愛いイラストの背景に、自分流の色をつけるつもりみたいだよ。

さてさて・・・ここ数日は、小雪が降り続いていてちょっとだけ冬に逆戻り?
ママは、ちょっとがっかりしているよ。

「春の気配って書き始めたけれど・・・冬気分の居残りって書いた方がいいかも?ブツブツブツ・・・」こうママがぼやいているんだ。

じつはね、春の気配は・・・僕のママにとっては恐怖の花粉症の時期でもあるんだ。
僕のママの場合、スギ花粉症からは逃れられたんだけど、なんと札幌ではハンノキ花粉症がママをいじめることになったんだよ。そして今の季節は、マスクとサングラスをかけて歩かなくちゃいけないんだって。

Pictureblogd29


今月発寒中央病院では、2カ月ぶりの活動をしたよ。
先月は、インフルエンザの流行のせいで2月のセラピー活動が中止になっていたので、今月はたくさんの患者さんが僕たちを待っていて下さったんだ。わーい

Img_0877_2

「元気だったかい?」
おなじみの顔が、僕にやさしく語りかけて下さったよ。

Img_0889 

でも参加者全員、マスクをするようにって言われたんだ。
といっても人間の大人だけだよ。僕たち犬用のマスクってないよね。
まりこちゃんたち乳幼児用のも、この病院にはなさそうだね?



この日はね、まりこちゃんのお友だちの男の子とママが来てくれたよ。
入院患者さんたちは、大喜び!

Img_0901

患者さんの目が、小さな男の子に釘付けだよ。eye  eye

Img_0910

ああ、犬よりも人間の幼児の方が人気があるよぉー。wink

Img_0881

でもね、たしかにまりこちゃんたちはかわいいよ。

Img_0899_2 

まりこちゃんたちを見ると、お孫さんや曾孫さんを思い出すんだね。

Img_0883

まりこちゃんの家族の瓜ちゃんは、春らしい色合いのお洋服がよく似合っていたよ。
女の子はふりふりの可愛いスカートがはけて、うらやましいなぁ。

Img_0886

シーズーの弟分の2才のそら君は、まだちょっと緊張しているね。
「1か月ほど活動をお休みしていたの・・・」と、そら君のママちゃん。

僕なんて余裕で気が緩み過ぎで?大あくびさ!

Img_0887

でも・・・ちょっと、緊張感なさすぎで?失礼かもしれないな。
ただね、地下鉄発寒南駅から病院まで、歩きにくい雪解け道を20分以上必死で歩いたせいで疲れたんだもん・・・。

Img_0895

僕とそら君が、並んで写真を写しちゃったよ。
「ふたりとも、よく似ているね、兄弟なの?」

じつはね、もうひとりシーズーのお仲間がふえたんだよ。

Img_0888

シーズーの心(しん)君だよ。ペットカートに乗って楽チンそうだね。
10日ほど前、東札幌病院のセラピーの時に、心君と初めて会ったよ。
とっても、心やさしいひかえめな男の子なんだよ。

Img_0917

体の毛の色が、シックな白と黒とのコンビネーションで素敵だよ。
じつはね、心君は保健所から救い出されたんだ。

「それでね、幸運な子の意味でおシンの心(しん)って命名したの。
だから、心ちゃんの実年齢はわからないのよ」
美人のお姉ちゃんが話してくださったんだ。

Pictureboge47

ああ、心ちゃん、僕までうれしくなっちゃうよ lovely
同じセラピー仲間のシーズーの輝(ひかる)君も、同じ境遇なんだ。

ふたりとも、つらい目にあったけど、今は素敵な家族に愛されて幸せになれてよかったね。
そんなワンちゃんだから、人の心の寂しさがわかるんだね。happy01 heart04 

Img_0893

ポメラニアンの「モコ」ちゃんは、いつも笑顔がすてきだよ。

Img_0912

僕たちセラピー仲間の大型犬たちは、みんなお利口さんぞろい。
介助犬や警察犬を兼ねている仲間もいるんだ。 

冬山の遭難などにも、大活躍なんだって。えらいねぇー。
足の短い僕だったら、すぐに雪に埋まってしまうよぉ。

Img_0907

大型犬サモエドのごんじろう君はね、少し前にパパになったんだ。
7人の子供たちは、日本のあちこちに貰われていったんだって。

また夫婦2人だけの生活になるんだね。といっても、人間の家族といつも一緒に暮らしているし、そんなにさびしくはないかな?



Pictureboge43 

グループホーム<トトロの森>に行ったよ。
なんと、あの心(しん)ちゃんも来てくれたよ。わーい lovely
心ちゃんは僕より一年早くセラピー活動を始めていたんだけど、これまで同じ施設を訪問したことがなかったんだね。

Img_0946

心ちゃんは、ラブラドールのハッピー君とお話しているのかな?
ブルーと濃紺のすてきなお洋服を着ているよ。

Img_0962

「うちの心は、ちょっと重いですよ」
心ちゃんのママちゃんが気にされていたけど、大丈夫さ。
みんなはね、柴犬のゴンタ君を抱っこすることもあるんだもん。
心君は、僕と違って筋肉質で少しがっちりしているんだね。

Img_0958

しんちゃんのアップ写真だよ!

Img_1003

お目目の周りの毛の色が黒なので、お顔の表情がとりにくいんだ。

Img_0978

仲間が歓迎されるのを見るのって、こっちまで心がほんわかするね。

Img_0951

僕の場合は、お顔の毛が白いからお目目がよく写るんだけど。

Img_0988 

ふふふ・・・心ちゃんと一緒に写っちゃったよ。

Img_0935

もうここには8回も通っているので、みんなと顔なじみだよ。

Img_0955

上の写真のワンちゃんは、ハッピーちゃんだよ。
セラピー犬としては僕が半年だけ先輩だけど、ハッピーちゃんもすっかり慣れたみたいだね。

Img_1006
                   ↑
僕を抱っこして下さっているおばちゃんは、お目目がご不自由なんだ。
「ショパン、ショパン・・・・ミーちゃん・・・ミーちゃんはかわいいね」
どんなワンちゃんでも、いつも最後には大好きだったネコちゃん、ミーちゃんの名前になってしまうんだけど・・・。

その猫ちゃん(ミーちゃん)のことを、心から大好きだったんだね。

Img_0994

美人で頭のよいお嬢様タイプの、ジョイちゃんだよ。
ママさんの命令には、見ていて気持ちがいいくらいきびきび従うんだ。
僕はそれを見て、恥ずかしくて隠れたくなったよ。

前にも書いたけど僕ってさ、あんまりいい子じゃないもん。

Img_0964

この日、お部屋にはたくさんの笑い声がずっとあふれていたよ。
心から楽しい30分間を、みんなで過ごしたよ。

この日は小型犬2頭と、大型犬2頭でがんばったんだ。







Pictureblogb16

ワン友のことを話す時、いつもうきうきするよ。
一期一会の出会いの時もあるけど、写真を見直すといろんなことを思い出すんだ。

最初は・・・トイプーのプリンちゃんだよ。

Img_0730

「プリンちゃん、久しぶりだね」
「ショパン君って、ずいぶん寒がりね。犬のくせにお靴まではいているのね。私なんてリードだけよ」

Img_0731

「ひぇー本当に寒くないの?僕なんて寒いと震えが止まらなくなるよ。
あれ、お顔に雪がついているよ」

Img_0726

「プリンちゃんのパパちゃん、はじめまして・・・」

Img_0734

プリンちゃんと初めて会った時に、僕のママが「プリンちゃんのお顔がうまく写せないわ」って悩んでいたけど・・・全身真っ黒でお目目も黒いから、今回もせっかくの可愛いプリンちゃんのお顔がよくわからなくなっているよ。

Img_0718

プリンちゃんとバイバイしてから、少し雪の中で遊んだよ。

「ショパンったら、お口の周りに雪がついているわ」と、ママ。
どうりで、お口のところが冷たいなって思っていたんだ。

Img_0721

「ママ!もう寒いから、お家に帰ろうよ」



Pictureboge41

まだ雪が解けていなかった時、馬場公園で雪だるまを見つけたよ。
夕暮れの光の中で、静かに立っていたよ。

Img_0735

これを作ったのは、きっと男の子だよね。
女の子だったら、もっと可愛い顔の雪だるまになると思うけど。

女の子といえば・・・

Img_0754

ちょっと恥ずかしがり屋の、トイプーの女の子とお友だちになったよ。
2才でモカちゃんっていうんだけど、ワンちゃんがちょっと怖いみたい。
・・・
それから、道路の雪が解けかけた頃にまた会ったんだ。

Img_0862

「あっ、モカちゃんだ!」

Img_0860

今度はね、モカちゃんの方から僕の方に来てくれたよ。
でも、まだ一緒には遊べなかったよ。さびしいなぁ。

今度会った時は、もっと仲良くなれるかな?

Pictureboge44

「こんにちは!」

明るい声がして振り向いたら・・・

Img_0765

ミニチュアダックスの男の子が、ニコニコ笑っていたよ。

Img_0763

「僕は風太っていうんだ。今4才だよ。
クンクンクン・・・この匂い、なんだか憶えがあるなぁー」

「僕はショパン。3才になったばかりだよ。
僕も君の匂いを憶えているよ。きっと前に会っているね」

Img_0766

僕たちふたりは、ぴったりとくっついて、いろいろお話ししたよ。
「ふんふんふん・・・へぇー」
「僕たちって、すごく気が合うね ♪~♪」

Img_0774

「僕と比べて風太君って、本当に胴体が長いね。
お洋服のサイズが、ダックス用って特別にある理由がよくわかるよ」

Img_0777

ふたりで仲よく遊んでいたら・・・小梅ちゃんが通りかかったよ。

Img_0778

小梅ちゃんは、少し小柄なミニチュアシュナウザーの女の子。
僕と初めて会った頃は、よく吠えられちゃったんだ。

Img_0779

何となく、風太クンと小梅ちゃんの間に不穏な空気を感じたよ。
そして案の定、小梅ちゃんがワンワン・・・吠えたんだ。

相性が合わないのかな?

Img_0785

でね・・・風太君たちは、あわてて帰って行ったんだ。

「小梅ちゃん、どうして急に吠えたりしたの?風太君はいい子だよ」
「へへへ・・・ごめんなさい」

せっかく風太君と仲良くお話していたのに、残念だったよ。

そして・・・

Pictureboge49

あのね、お家に帰ってからママがパソコンで検索したら、なんと風太君と2年前に会っているんだよ。
写真のタグを検索してわかったんだ。パソコンってお利口さんだね。

Img_3168_2

ほらね、2010年10月22日に馬場公園で一緒に遊んでいたよ。
風太君が2才で、僕が1才の時だぁー うふふ lovely

写真をよく見ると…風太君の尻尾って、りっぱだねぇー。
 
Img_3164

同じマンションの仲よしのコーギーのルーク君も、仲間に加わって。

Img_3163

3人で遊んだんだね。すっかり忘れていたよ。写真っていいね。

またぜひ風太君と一緒に遊びたいなぁー!
風太君に会いたいよぉー

Pictureboge45


またいつもの散歩道の話に戻るよ。

Img_0792

この間ね、家族3人でお散歩がてら・・・動物病院に行ったんだ。
僕の前足のリウマチの病状観察とお薬を貰うためが一番の目的。
それと、僕のセラピー犬としての継続適性検査用の血液検査のため。

「ショパン!わざわざアイスバーンの上を歩かなくってもいいのに」

でもね、道の両側には、いろいろな匂いがついているんだ。
お靴を履いているから、アイスバーンなんて平っちゃらさ!


この日ね動物病院で、ミニチュアダックスのまる君8才と出会ったよ。

Img_0796_2

ゆっくりお話ししたかったけど、先に診察が済んだまる君は、そそくさと車で帰って行ったよ。動物病院では、ほとんどが短い時間の一期一会の出会いだね。

この日の診察などは早く済んだので、帰りに大型スーパーに寄ったよ。
といっても、僕とママはスーパーのお外でパパを待ったんだ。

Img_0799

そうしたらね、僕とママと同じように、お買い物をしている家族を待っていた柴犬と女の子がいたんだ。
柴犬はポン太君っていって、11才のお兄さんだったよ。

Img_0806

「ポン太君、僕ねママと入り口まで、パパを迎えに行くよ」
「そうかい。じゃあ、坊やさようなら・・・」

そうしたらね、入り口近くでも柴犬がひとり飼い主を待っていたよ。

Img_0809

「こんにちは!家族の人がスーパーでお買い物をしているの?」
「そうさ!いつもお買い物が済むのを、ここでじっと待つんだよ」

そうこうしているうちに、パパちゃんがスーパーから出てきたので、3人でお家までゆっくりと歩きはじめたよ。

Img_0818

「こんにちは!僕は、クッチっていうんだ、よろしくね。今5才だよ」
ミニチュアダックスの男の子が、親しげに声をかけてくれたよ。

Img_0822

「こんにちは!僕はショパン!先月3才になったばかりだよ」

Img_0816

「ショパン君!君とはなんだか前からの友だちみたいな気がするよ」

Img_0823

「クッチくん、僕も同じ気持ちがするよ。また会いたいねぇー」

Img_0830

「さようなら・・・」「お名残り惜しいけど・・・さようなら」

さようならを言う時って、なんだかちょっとさびしい気持ちになるね。

Pictureboge42

それから何日かが過ぎ・・・いつもの散歩道で・・・
あっ、ランちゃんだ!

Img_0854

「ショパン君、こんにちは!」

Img_0857

僕はランちゃんが大好きなんだ。大人の女性の魅力かな?
ランちゃんは9年間の不遇な生活の中でも、優しさを失っていないよ。

Img_0846

最近のランちゃんはね、大好きなママちゃんに心から愛されているんだという自信にあふれているよ。

僕と一緒にお散歩してくれたり、お話を聞いてくれたり優しいんだ。
この動画は、ほんの一瞬の出会いの様子が・・・。



この日は寒かったから、ちょっと会っただけですぐ別れたけど、春になったら一緒に遊んでくれるかな?

Img_0868_2

あそこにいる柴犬ふたりは、誰かな?
近づいてみると・・・

Img_0873

右側がくるみちゃんで、左側があられちゃんだったよ。

「あられちゃん、ママちゃんは・・・もう赤ちゃん産まれたの?」

Img_0872 

「まだだけど・・・もうすぐらしいよ。みんなで楽しみに待っているのよ」
「ぼくも待ち遠しいなぁー。そのうち、赤ちゃん・あゆむくん・ママちゃんそしてあられちゃんの4人でお散歩するようになるんだね」

Img_0871

おっと、くるみちゃんが大写しになってしまったよ。
こうして同時にふたりをみると、顔や体の毛色の違いがよくわかるね。

くるみちゃんはお鼻と目のところに太い黒い線が入っているね。
そして、お目目の上の両脇に白い丸い毛が模様みたいにはっつと
あられちゃんは、お目目の周りとお鼻が茶色。

あられちゃんのママは、出産後はしばらくお里がえりなんだって。

うふふ・・・どんな赤ちゃんなのかな?

Pictureboge48


くるみちゃんには、数日後また会ったよ。

Img_1013

ウエスティのミルクちゃんと久しぶりに会って、おしゃべりしていたら、くるみちゃんも通りかかったんだ。

Img_1012

まだ犬見知りが少しあるミルクちゃんだけど・・・おとなしいくるみちゃんとは仲よしなんだって。
ミルクちゃんに少しづつお友だちが増えていくので、うれしいよ。

Img_1011

お友だちのいなかった10年間を、早く取り戻さなくちゃね。
僕を見て吠え続けていた時とは、お顔が全く変わって優しい美人のお顔になっているね。
あの頃は、全身緊張↑↑という感じだったよ。

Pictureboge39

夕方に馬場公園に遊びに行った時、トイプーの男の子と仲よしになったよ。

Img_1031

出会った時とても落ち着いていたので、てっきり僕より年上と思ったよ。

Img_1024

僕より一回り大きな男の子だよ。

ハッピー君だよ。まだ生後8か月なんだって。
すごーく元気で、一緒に遊んだよ。

Img_1038

「あのね・・・ショパン君、ひそひそひそ・・・」

Img_1033

夕闇の中で、遊びまわったよ。
「ショパン君、この穴はなんだろう?」

Img_1051

ハッピー君の動きが素早いので、ママはお顔を写せなくてイライラ。
それというのも、ママのカメラの設定のミスのせいだよ。

Img_1034

ママったらうっかりカメラのフラッシュが光らない設定にしてあったんだ。

Img_1029

「夕焼けを写すつもりだったのよ。それにしても大失敗ね!」

それでもハッピーちゃんの元気さと可愛らしさは伝わるかな?

今度会った時には、うんと可愛い写真をブログにのせるからね。

暖かい季節には、夕方の馬場公園は犬の遊びの時間になっているよ。
「馬場公園で会いましょう!」が合言葉だよ。

馬場公園の子供用遊具が新 しくなったんだけど、自動車の乗り物に乗ってみたよ。

Img_1095

ふふふ・・・新品だから、きれいでしょう?


Pictureboge51


最後に・・・一番新しいキャバリアのお友だちのことを書くよ。

つい昨日の夕方に、会ったばかりなんだ。

「こんにちは!はじめまして・・・」って、僕の方から声をかけたんだ。

Img_1120

ちょっと犬見知りのおとなしい子なんだよ・・・。

Img_1121

最初はお母さんの陰に隠れたけど・・・。

Img_1123

僕がちかづいて「僕はショパンっていうんだ3才だよ」と言うと

Img_1122

ちょっと困った顔をして、ママちゃんのお顔を見るんだよ。

Img_1127

「この子はイモっていう名前なの。2才よ。ちょっと臆病なの」
とてもやさしそうなママちゃんが、そう話してくれたよ。

Img_1131

イモ君は、最初の飼い主が病気になって飼えなくなったので、今のママちゃんの家族になったんだって。

「家に来る前のイモのことは、あまりよくわからないのよ」

とってもすなおな気持ちを持ったすてきな男の子だよ。
2才のイモ君は、のほほんと育った僕と違って、悲しい目にもあったのかもしれないけれど、
でも今はあたたかな素敵な家族の一員になれてよかったね。

保健所から救い出されたセラピー仲間の輝(ひかる)君や心(しん)君も、今は本当に幸せになれたよ。
僕たちペット犬って、飼い主が命なんだ。

Img_1137

「ぼくね、これからパパをお迎えに行くんだ」

幸せそうにほほえんで、イモ君はママと仲良くパパちゃんをお迎えに地下鉄の駅の方に歩いて行ったよ。

「イモ君!暖かくなったら一緒に遊ぼうね。
馬場公園においでよ。夕方近くになるとたくさんのワン友が集まってくるよ。
お昼過ぎは、小さな子供の遊ぶ時間だけど・・・それが過ぎたら、ワンワンタイムだよ」

じつはね、イモ君にそう言うのを忘れちゃったんだ。
でも、ママちゃんがこのブログを見て下さるかもしれないんだ。

それに僕は直感したんだけど・・・イモ君は人間が大好きだし、とても気持ちがやさしいから、セラピー犬に向いているよ。このブログでセラピードッグの会ホームページへのリンクができるから、気が向いたら覗いてね。

友だちと遊ぶって、とてもすてきだよ。一緒に遊ぼうよ!

Pictureboge50mix_2

大震災の被害を受けた人々、そしてペットたちは、家族愛や友情やさまざまのものをなくしてしまって、いまだ冬の季節の中にいるかもしれないね。

被災地の人々やペットたちにとって、本当の春はいつ来るんだろう。

|

« 70)僕は3才!少し大人気分 | トップページ | 72)北国の春は超特急で・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 70)僕は3才!少し大人気分 | トップページ | 72)北国の春は超特急で・・・ »