« 73)ライラックの花咲く季節に | トップページ | 75)札幌の夏は風が涼やか »

2012年7月 8日 (日)

74)親友ゴリラ君のことやら

僕はショパン!

Img_2552_2

札幌にもやっと、夏がやってきたね。
でも日中暑くても、夕方は涼しい風が吹くので過ごしやすいよ。

Img_2769

数日前までは、ポプラの綿毛がまるで雪のように舞っていたんだ。
今は、ニセアカシアの白い花が甘く香っているよ。


Img_2785

道沿いのお庭で、クレマチスの花が咲き誇っていたよ。
これもママの好きなお花なんだ。
以前住んでいたお家のベランダでも、美しく咲いていたらしいけど。

「引っ越しの時、鉢植えのお花は全部捨ててきたの・・・」
ママはさびしそうにそう言ったよ。

Pictureboge68

ええとね・・・
前にも書いたけど、元はスリッパのゴリラ君のことを話したいな。
ゴリラ君っていっても、かなりボロボロのアニマルスリッパなんだよ。
でもさ、僕が赤ちゃんの時からの長い付き合いなんだ。

Img_0273_2

「あれっ、クマ君じゃましないでよ。今はゴリラ君と遊ぶ時間だよ」

最初ゴリラ君と出会った時は、ピカピカの新品のスリッパだったよ。
小さかった僕がね、お目目もお耳もお鼻も全部カジカジナメナメして変形したり、それに食べちゃった分もあるんだ。
それをママがフェルトでそれらしく修理してくれたんだけど、それをさらにカジカジナメナメしちゃったから、ゴリラ君は今ではひどい顔?だよ。

でもね・・・僕にとっては、大・大・大好きな友だちなんだ。

Img_0287

僕は食事をして幸せな気分になった時には、決まってゴリラ君を口にくわえてじっとお目目を見つめるんだ。お目目といっても、他人が見たらお化けに見えるかもしれないけど。

でも僕は、そんなゴリラ君が大好きさ!

一日中、ゴリラ君と転げまわって遊んだり、お鼻のあたりをくわえたまま、ウーウーって唸ったり、ミューミューって小鳥声も使ったりして、いろいろお話しもするんだ。

Img_2343

僕が幸せな時にはね、ともかくゴリラ君と一緒にいたいんだ。
ふふふ・・・毎晩ゴリラ君を30分くらいはお口でくわえているかな?

ときどきは、ゴリラさんをくわえたままコックリ・・・コックリ・・・

ママもパパも、そんな僕にいつも呆れているけどさ・・・。
「よくお口がだるくならないものね」ってね。

ママは「しかたないわね」と言いながら、ゴリラさんを時々シャワシャワしてあげているよ。
だからね、せっかく僕のにおいやヨダレをこすりつけて僕印のゴリラ君に変身させたのに、また最初からやり直しなんだ。

Img_2874

ママがね、新しいゴリラのスリッパをネットで探したらしいけど、見つからなかったってがっかりしていたよ。
でもね、このボロボロのゴリラ君が一番好きなんだ。
もう片方のゴリラスリッパは、僕がカジカジしすぎてひどい有様。それをママがあきれて捨ててしまったよ。

でもさ人間の子供だって、手放せない大事なぬいぐるみがあるよね。
どんなにボロボロでも、その子にとっては大親友なんだよ。

僕ね、もしゴリラ君がいなくなったら、きっと毎日さびしくて泣くよ。


Illust1961_thumb


今は7月だけど・・・ここからは6月のできことを中心に話すね。

Pictureblogd29

僕のセラピー活動は、毎月東札幌病院からスタートするよ。

Picturefr5

6月もサイクリングロードを、風に吹かれながら自転車で行ったよ。

途中の公園で、また何人かのワン友に出会ったんだ。
この話は、あとでワン友の話題のところでね。

Img_2437

セラピー活動が始まるまで、裏玄関前のロビーで待機中・・・。

Img_2444

今日はどんな家族が、僕たちに会いに来て下さるのかな?
いつも日曜日に活動するので、お見舞いの家族も一緒なんだ。

患者さんが、一日一日心穏やかに微笑んで過ごせますように!

Picturefr1

この日施設側の準備が遅れたので、始まる前に少しのんびりしたよ。

Img_2551 

僕は、せっせとみんなにご挨拶して回ったんだ。

Img_2528

この日2才になった特別会員のまりこちゃんは、英会話のレッスンやらいろいろ忙しくなったんだって。ちょっと大人っぽくなったね。

Img_2587s

まりこちゃんの家族のチワワのうりちゃんも、セラピーに慣れたね。

Img_2536

ゴールデンの大吉君とは、久しぶりだったよ。

Img_2538

やっぱり大吉君は、体が大きいねぇー。僕の9倍くらいかな?

Img_2548

やさしいリトモ君は、姿勢を下げて僕に合わせてくれたよ。

Img_2554

次にね、トイプーの大助君が、リトモ君に近づいたら・・・

Img_2558

リトモ君は、やっぱり大助君に合わせて姿勢を低くしてあげたよ。

Img_2559sjpg 

そうしたら・・・大助くんが、リトモ君の首にしがみついてひそひそ。

Img_2561

ジャック・ラッセル・テリアのジャック君とは、少し遊んでしまったよ。

「ジャック君!最近、君の仲間が映画で大活躍しているね」
「うん知っているよ、アカデミー賞5冠『アーティスト』でしょう?」

Img_2561_2

シーズー犬の活躍する映画なんてあるのかな?

Img_2557

セラピー会場には、ずいぶん入居者の方が集まったよ。

Img_2563

マリちゃんのママが、僕たちみんなを順に紹介して下さったよ。
いよいよセラピー開始だね!

Img_2565

お膝の上って、なんだかほっとするね。

Img_2574

「この子と一緒に写真をお願い!」
施設の方がカメラを手に、僕たちの方へ急いで来て下さったよ。

Img_2571

ヨーキーのくるみちゃんも、小さくて可愛いので人気者だよ。
今ね、パパちゃんが東京に単身赴任なのでさびしそうだよ。

Img_2568

最近は、お利口さんのジョイちゃんと一緒に活動することが多いよ。

Img_2580

さすが思いやり深いリトモ君だね。ゴロンとしてナデナデしやすい姿勢をしているよ。

Img_2575

トイプーの大助君は、おばあちゃまにキスをしてあげているよ。
でも僕は、キスが苦手なんだ。

Picturefr2
トトロの森も、施設職員さんたちの会議が長引いたせいもあって、少し待ちの時間があったので、仲間たちと少し遊べてうれしかったよ。

Img_2702

ヨーキーエレファちゃんだよ。まだ生後6か月なんだ。
すごくかわいいよ。

Img_2704

でもエレファちゃんはまだ小さくて、セラピー犬にはなれないんだ。
今日は、車の中で御留守番なんだって。かわいそうだね。

今日のセラピーは、一階と二階に2頭ずつ分かれての活動だよ。。
このグループホームにはエレベーターがないので、2階から1階への車椅子の移動は階段に設置している特殊な装置を使うから大変みたいだよ。
足が弱い方は、職員さんが一人ずつを手で体を支えて階段を一歩一歩降りていらっしゃんルんだけど、時間がかかるし大変だね。

Img_2706

「待っていたわ。元気だった?」

Img_2723

いつものたくさんの笑顔が、僕たちを待っていてくれたよ。

Img_2707

今僕を抱っこして下さっている方は、お目目が不自由なんだ。

Img_2708

僕のペアの相棒は、ゴールデンのレディちゃんだよ。
お名前の通り、いかにもレディの格調があるね。

Img_2714

僕を抱っこして下さっている方は、今日はご機嫌がいいな。うふふ

Img_2709

僕なんて、気が緩んでいて、時々大あくびをしたりするんだよ。

Img_2716

途中で、一階と二階のメンバーが入れ替わったよ。

Img_2721

今僕を抱っこして下さっている方は、なんと100歳なんだって。
もっともっと長生きしてね。lovely

Img_2724


セラピー活動が終わったら・・・みんなで事務室で反省会。

Img_2728

あっ、疲れちゃったね。ジョイちゃんの横でごろり・・・。

Img_2729

そうしたら、バセンジのくるみちゃんが近づいてきてくれたよ。
「ショパンくん、疲れたの?」

Img_2730

新人くるみちゃんもセラピーにすっかり慣れて、落ち着いているね。

Illust638a_thumb

6月は、札幌の大学祭シーズンだよ。
でね、今年は天使大学というこじんまりとした大学で<セラピー犬とふれあう>というコーナーに参加したんだ。

天使大学なんてすてきな命名だね。
キリスト教の精神に基づいた教育をしているんだって。
看護学科と栄養学科だけなので、女子学生が圧倒的に多いよ。

Img_2609

僕はママとパパと3人で参加したよ。
このお部屋でやるんだって。

Img_2625

へへへ・・・美人のキャバリアのスティシーちゃんと記念写真だぁ。

Img_2627

スティシーちゃんの豪華なドレスは、横浜のお店にオーダーして作ってもらったんだって。さすがすてきだね。

僕のお洋服のかなりは、安い既製服にビーズやアップリケや刺繍糸でママがいろいろアレンジしてくれたものばかりだよ。
サイズも僕のサイズに、手直してくれるんだ。

Img_2608

まだ準備中だったので、仲間とご挨拶したり・・・。
バセンジのくるみちゃんと、あちこち歩き回ったよ。

Img_2611

「こんにちは!今日は楽しみだね」

Img_2610

始まる前って、ちょっとそわそわするね。

Img_2620

さて・・・少しずつお部屋に人が集まってきたよ。

Img_2648

蜂のコスプレのまめごろう君は、受付のお手伝いをしているよ。

Img_2622

いざ、出陣!

Img_2632

若い女性に抱っこされるのは、気持ちいいなぁー。

Img_2633

ミニスカートのオシャレな子が多いね。うふふ・・・

Img_2641

誰のところに行こうかな?目移りしちゃうよぉー。

Img_2652

いつもはしわしわのお手手で撫でられるけど、今日は柔らかくてすべすべのお手手だよ。
なんだかいい香りもするよ。

Img_2656

スティシーちゃんは大人気。
「お姫様!出番ですよ」

Img_2663

途中からトイプーのかんぺい(寛平)君が仲間に加わったよ。

わーい!百人力だぁー!

Img_2665

かんぺい君が、手作りカートに僕とまめごろう君をのせてくれたよ。

そうしたら・・・な、なんとかんぺい君が、僕に迫って?きたんだ。

Img_2669

僕もかんぺい君のことは大好きだけど・・・大勢が見ているし、ちょっと恥ずかしかったよ。

でも、誰かが僕のことを大好きになってくれるなんてうれしいな。

Img_2672

トイプーの大助君も乗りたそうだったけど、3人で満員だったよ。

Img_2678

ああ、楽しかったぁ!仲間っていいね。

ともかく、みんなでワイワイと時間のたつのも忘れたよ。

でもね、ちょっと騒ぎ過ぎたせいで…僕は翌日体調を崩したんだ。
このことは、また後で話すね。

Pictureblogb16

急に日が長くなったせいで、お外でお散歩するワン友が増えたよ。
毎日、誰に会えるか楽しみなんだ。


Illust1923_thumb

最近しょっちゅう馬場公園で会うのは、トイプーのハッピー君!

Img_2237

「やあ、こんにちは!」「ショパンお兄ちゃん、遊んでよ」

Img_2244

ハッピー君はまだ10か月なんだけど、見た目は僕より大きいし堂々としているんだ。

Img_2253

Img_2760

ハッピー君は、1才まではまだ大きくなるのかな?

Img_2383

「ショパン君!あそこにかわいいコーギーの子がいるよ」
「まだお散歩に慣れていないみたいだね。近くに行ってみよう」

Img_2386

この子は、トビ―君っていうんだって。まだ生後5か月なんだ。

ハッピー君が近づいたら・・・ちょっとビビっていたよ。

Img_2387

ハッピーちゃんも僕もお友だちになりたくて、一生懸命話しかけたんだよ。

Img_2388

トビーちゃんは、まだお散歩を始めたばかりなんだって。

Img_2389

トビ―ちゃん、早く大きくなってね。そして一緒に遊ぼうよ。

Illust235_thumb

数日後に、またトビ―ちゃんに会ったよ。

Img_2475

「やあ、トビ―ちゃん!この間一緒だった女の子たちは?」

Img_2477

「あの女の子たちはね、ママとパパのお孫さんなんだよ」
「そうなんだ。遊びに来ていたんだね」

Img_2479

あと半年もしたら、トビ―ちゃんは僕よりも大きくなっているね。

Illust1923_thumb

トイプーのRough(ラフ)君とは、仲よしになりたいんだけど・・・

Img_2268

あっ、ラフ君だ!
僕とママはラフ君を見かけると「こんにちは!」って、近づくんだ。

Img_2275

でもね、ラフ君は僕と一緒に歩くのも、あまり嬉しくないみたい?
僕のことあまり好きじゃないのかな?って不安になるけど。

ラフ君は気が弱くて、犬見知りなだけだよね。

Img_2276

でもラフ君は、おそるおそる僕のお尻のにおいを嗅いでくれたよ。
ちょっぴり嬉しかったよ。

ラフ君のパパは「いい子だね」って、いつも僕にもラフ君用のおやつを分けて下さるよ!

Img_2278

でね、いつもラフ君をお家の前まで送って行くんだ。
「バイバイ・・・今度会った時は、もっとなかよしになりたいなぁー」

でも犬の苦手な子とお友だちになるには、ゆっくりゆっくりだね。

Illust1923_thumb

アポちゃんと言うパグの女の子と仲よしになったよ。
お名前はアポロからとったんだって。

Img_2279

まだ生後6か月なので、体も小さいし皮ふも柔らかいよ。

Img_2284

アポちゃんのママは、以前2頭もパグちゃんを亡くしたんだって。

Img_2682s

「でね、もう犬は飼わないつもりだったのに、娘が買ってきたのよ」

Img_2301

誰だってアポちゃんを一目見たら・・・もう可愛くて手放せないよ。

そこにやってきたのは・・・

Img_2288

シーズーの大先輩のチャチャ君だよ。いま17才なんだって。
アポちゃんんが、一番にかけつけたよ。

Img_2290

「やあ、ショパン君!僕ね、ここ一年でめっきり老けちゃったんだ。
目も白内障で見えないし、歩くのも大変で抱っこされてお散歩だよ」

「大変だね。でもいづれ僕も、チャチャ君みたいになるんだよね」

「そうよ、ママたちだって、いづれおばあさんになるの」とママたち。

Img_2296

「チャチャ君、頑張って長生きしてね」


あのね・・・
Pictureboge69


ママが、2年前(晩秋)のチャチャ君の元気な姿をさがしてくれたよ。
下の写真がそうだよ。

Img_3156

チャチャ君は、毛の色合いが芸術的ねってママが言っていたよ。

Img_3153

秋の枯れ葉色にしっくりととけこんでいるでしょう。

Img_3154

枯れ葉を踏みしめながら・・・いろいろお話したことがなつかしいよ。

Illust1923_thumb

トイプーのジェル(エンジェルから)ちゃんと、久しぶりに会ったよ。

Img_2733

「僕はね、今日セラピーに行ってきたんだよ」
「まあ、えらいのね」
「ジェルちゃん、アンヨは良くなったの?」

Img_2734

ふふふ・・・こんな風に飛びあがれるでしょう。

Img_2742

「本当だね」

そこにトイプーのフィガロ君が通りかかったよ。

Img_2735

フィガロ君とジェルちゃんは、仲よしなんだね。

Img_2737

美人のジェルちゃんなのに、正面からのお顔の写真がないよぉ。
ママは、写真を写すのが下手だね。

Illust1923_thumb

馬場公園には、たくさんのワン友が集まるよ。

Img_2775

この子は、柴犬でちくわ君っていうんだけど、若くて元気いっぱい。

Img_2771

今は1才だけど、去年4か月の時に初めて会ったんだ。

その時の写真も見つけたので見せてあげるね。

★☆★☆★一年前・・・

Img_7898

やっぱり幼い時って、かわいいなぁ。

Img_7891

人間も犬も赤ちゃん時代は、何をしてもあどけなくて愛らしいね。

Illust1923_thumb

チワワのチャオ君だぁー。

Img_2362

「こんにちは!久しぶりだね」

チャオ君は、僕と同じ3才だよ。
少し犬見知りがあるんだ・・・・。

Img_2368

「チャオ君、お友だちができた?」

Img_2366

「へへへ・・・すこしだけね」



Illust1923_thumb

久しぶりに会うワン友と言えば、ヨーキーの小春ちゃんも・・・

Img_2371

小春ちゃんは、僕より少し年上かな?
でも可愛いから、ちっとも年には見えないよ。

Img_2373

「また、サイクリングロードを一緒に歩きたいね」
「そうね。また歩きましょうよ」


Illust1923_thumb

マルチーズの美人の女の子と友だちになったよ。
お名前は、たしか華(ハナ)ちゃん。

Img_2838

家族がお仕事なので、日中は一人でお留守番をしているんだって。

Img_2836

「ショパン君、レディのおしりを匂いを嗅ぐなんて失礼よ」

Img_2840_2 

「ごめんね。でもこれで華ちゃんのことを憶えたよ」

Img_2845

「また会いたいわ」
なんと華ちゃんは、僕のお隣のマンションに住んでいるんだよ。
夕方遅い時間にお散歩しているので、なかなか会えないんだね。

Illust1923_thumb

日差しが弱まった夕方は、お勤めの終わったママやパパちゃんに連れられてくる子も多いから、公園はけっこう賑やかだよ。

Img_2498

「チロちゃん、こんにちは!」
「ショパン君、久しぶり・・・」

Img_2502

チロちゃんは、2才になったはずだね。

Img_2507

前はふたりで追いかけっこばかりして、ママちゃんたちを困らせていたけど、今はふたり並んで夕日を見られるようになったよ。
ふたりとも大人になったね。

で、チロちゃんは、幸せそうな笑顔を見せて帰って行ったよ。


するとそこに別の声がしたんだよ。誰かな?

Img_2509_2

「はじめまして・・・私はモモよ」

Img_2511

モモちゃんは12才のお姉さんだよ。
一緒にいるのは同じ12才のチャオ君(MIX犬)。

チャオ君は、ちょっと犬見知りなんだって。

Img_2522_2

「チャオ君、あの子いい子よ。一緒にお話ししましょうよ」
「でも・・・僕は友だちはいらないよ。モモちゃんだけでいいんだ」

Img_2521_3

「ねえ、夕日がきれいよ」
モモちゃんの一声で、みんなで日の沈むのを眺めたんだ。

ママのハンドル名の夕日は、僕たちの心をやさしくさせるね。



Illust1923_thumb

馬場公園では、日替わりメニューみたいにワン友たちに会えるよ。

「今日は誰に会えるかな?」
いつも期待に胸を膨らませて、公園に行くんだ。

Img_2597

ペキニーズの姉(ナナちゃん)弟(風君)だよ。
風君がすっかり大きくなったので、後ろ姿では誰かわからないよ。

Img_2592 

ブルーのTシャツを着ているのは、イタグレのクー君(Qoo)だよ。

Img_2589

クー君は出会ったばかりの頃は、僕のことを「怪しいやつだ!」と思ったのか、よく吠えられたんだ。でも今は、仲よしなんだ!


Illust1923_thumb

馬場公園で・・・別の日に遊んだ仲間はね、

Img_2888

「ビッチ君は、いつも落ち着いた風格を漂わせているね」
「そんなことないよ」ビッチ君は照れていたよ。

Img_2893

そこにやってきたのは、Mダックスの風太君。

Img_2889

そこにまるちゃん(フレンチブルドッグ)と麦チョコちゃん(ゴールデン)が登場して、どんどんにぎやかになっていくよ。

Img_2891

麦チョコちゃんは、今ではすっかり大人の体つきになったね。

Img_2886

みんなでひとしきり、公園をわがもの顔に走り回って遊んだよ。



仲よしの友だちと遊ぶ時、本当に生きているなぁって実感するよ。

友だちって、何物にも代えがたい宝物だね!

Illust3791_thumb


Illust1923_thumb


また別の日には・・・馬場公園で

すごくおしゃれなカットをした、Mダックスの男の子に会ったよ。

Img_2860

太郎君10才だよ。

Img_2856 

「君って、背中の毛全部がモヒカン風カットなんだね。おしゃれ!」

Img_2854 

「君は、お洋服なんて着て女の子みたいだね」
「お洋服は、全部ママの趣味なんだ・・・」



Illust1923_thumb

トイプーのニコマル君に久しぶりに会ったよ。

Img_2805

僕の頭に幼い子犬のイメージが残っているので、不思議な感じ。

Img_2804s

ニコマル君は、今では僕より1・5kgくらい重いよ。

Img_2806

「ニコマル君ったら!おしりがくすぐったいよ」


Illust1923_thumb

馬場公園以外で、散歩道の仲間がいつも集う小さな公園があるよ。

そこに行く階段の途中でよく会うワン友のひとりがニーモ君。

Img_2864

キャバリアのニーモ君は、今2才なんだ。
ちょっぴり犬見知りがあるけど、最近少しづつ近づいてくれるんだ。

Img_2867

ニーモ君は、今のところ僕のことをじっと観察しているんだ。
だから僕は、仲よしになれるまで少し離れてじっと待っているよ。

Img_2866

そこに、同じ犬見知りのチワワのチロルちゃんが登場したんだ。

ふたりともビビリ屋さんなんだけど・・・どうなるのかな?

Img_2869

あれっ、ニーモ君がチロルちゃんの方に近づいて行ったよ。
そうしたら、チロルちゃんがママちゃんのアンヨにしっかりつかまって「抱っこして !」って言ったんだよ。

ふたりとも吠えなかったし、そのうちいい友だち同士なれるよ。

犬の人生(犬生?)は短いから、少しでもいろいろ楽しく生きよう!



Illust1923_thumb

仲間の集う小さな公園に、チロルちゃんと一緒に行ったよ。

Img_2808

「ショパン君はどこに行くの?わたし・・・怖いわ・・・ママぁ!」
チロルちゃんの大きなお目目が、ますますびっくりお目目だよ。

小公園では・・・

Img_2810

たくさんの仲間が集まっていたよ。

そしていつもその中心に居るのは・・・

Img_2316

病気のマルチーズの大ちゃんと、内弁慶のトイプーの元気君を連れて、毎日お散歩にやってくる4人家族。

大ちゃんは体の具合が悪いんだ。毎日注射をしてかわいそう。

Img_2816s

あれっ、犬見知りの金太君もおそるおそるやってきたよ。
金太君って、なんだか気になるなぁって思っていたら、シーズーの血もはいっているんだって。

Img_2820

金太君と遊びたいけど・・・尻尾は下がっていないしね。

Img_2822

でも金太君はこれ以上近づいてくれないから、今日はここまで。

Img_2825

わぁ、うれしいな! チロルちゃんが、こんなにみんなに近づいてきてくれたよ。

Img_2827

フフフ・・・チロルちゃんの尻尾は下がっているけど、一歩前進だ。




Img_2898

ヨーキーのりょうくんも、公園の常連さんだね。

Pictureboge70

この同じ小公園で・・・別の日に

Img_2317

「フィガロ君、こんにちは!クンクンクン・・・」
おとなしいフィガロ君は、僕たちが何をしても怒らないよ。

Img_2322

トイプーの元気君は、内弁慶なんだって。お外では気弱なワンちゃん風で、いつもお母さんに「抱っこ!抱っこ!」って甘えるんだ。

Img_2335

イングリッシュコッカーのラッキー君が通りかかったよ。
たしか年齢は、僕と1か月しか違わないんだ。

それから、小学生の女の子が通りかかったんだけど・・・

Img_2318

「えっ、抱っこしていいの?うれしい―!」

Img_2319

ワンちゃんが大好きな女の子は、僕を抱っこしてから、うれしくてたまらない様子でお家へかけて行ったよ。

僕、少しはあの子のためになれたかな?

誰かが喜んでくれるって、なんてうれしいんだろう。



Illust1923_thumb

東札幌病院へセラピー活動に出かけるとき、いつもの公園で出会った仲間のことを少し書くね。

Img_2401

先月この道でお友だちになったシーズーのマービーちゃん10才と、また会えたよ。

Img_2411

「ショパン君ね、憶えているわ」「会えてうれしいな」

Img_2424 

ふたりで、お散歩したりすこし遊んだよ。

Img_2414

すっかり仲良しだよ。
「お別れはさびしいな。でもまたあえるよね。バイバイ・・・」

ワン友が増えるって、本当に僕の財産だね!

僕はどんどんお金持ちになるぞぉー!

Illust1923_thumb

じつはね、天使大学祭で少し頑張りすぎたせいか、翌日急に食欲がなくなったんだ。
そんな時いつもママにお熱を測られるんだけど、おしりがむずむずするし嫌いだよ。

お熱はなかったけど、ぐったりして何も食べられなくなったんだ。
で、ママとパパは心配して3にんで動物病院に行ったんだ。
病院は嫌だけど待合室でいろんなワン友ができるのは楽しみlovely

今日は、どんな仲間が来ているかな?

Img_2692

僕より年上のシーズー犬が、先に待合室にいたよ。

Img_2691

「君はどうしたの?まだ若いでしょう?」

もっとお話ししたかったけど・・・診察室に呼ばれてしまったよ。


Illust2804_thumb_2

僕は、この日は採血をされて、3日分お薬を出してもらったんだ。

僕のおくすり飲ませ係は、パパだよ。ママは下手なんだもん。


Pictureblogb15

3日後に再び動物病院で診察だったよ。
血液検査の結果は、胆のう炎の再発とのこと。

この日の診察室で、新しいワン友ができたよ。

Img_2753

ねえ、すごくかわいい子でしょう?
笑顔が最高だよ!

風臥(ふうが)君っていうんだ。まだ9カ月なんだって。

Img_2748

看護婦さんに「このコップに尿を!」なんて言われて、身を乗り出して聞いていたよ。

風臥君の病気が軽いものでありますように!
僕はそう祈りながら、風臥君にバイバイしたよ。


この日、まだ10才なのに介助なしでは歩けないビーグルの女の子が診察を待っていたよ。

Img_2756

どうしちゃったのかな?でも病名は聞かないことにするよ。

Img_2755

そのちょっぴり悲しそうな、さびしそうなお目目が忘れられないよ。
早く自力で歩けるようになれればいいね。

そうそう・・・待合室には、もうひとりいたね。

Img_2747_3

お名前を聞く暇がなかったのが、とても残念だったよ。

病気のお友だちが、一日も早く良くなりますように!
Illust4258_thumb 

|

« 73)ライラックの花咲く季節に | トップページ | 75)札幌の夏は風が涼やか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 73)ライラックの花咲く季節に | トップページ | 75)札幌の夏は風が涼やか »