« 74)親友ゴリラ君のことやら | トップページ | 76)秋の気配はどこかへ? »

2012年8月 4日 (土)

75)札幌の夏は風が涼やか

僕はショパン!

最初から変な格好だけど・・・
のびのびー 気分のいい時は のびのびーnotenote

Img_2878

ええとね・・・
このブログのタイトルが「ショパンの日記」になっているけど・・・最近は月一回しか書いていないから、おかしいんじゃないかな?

ママに言ったら
「そうね。じゃあ、どんなタイトルがいいの?」

うーん、そう言われると困っちゃうよ。
じゃあ、いいタイトルが思い浮かぶまで、このままでいいや!

Img_2996s

へへへ・・・僕もママもいい加減だね。
ねぇ、クマちゃんはどんなタイトルがいいと思う?

それからね・・・僕は知っているんだ。ママが、ブログ記事をアップしてから一週間以上たった頃に「あらあら、ここも書き間違いだし、同じ写真をアップしているし・・・」なんて言いながら、書きなおして再アップしているのをさ。

Illust1183_thumb

ママはね、僕とパパがグーグー寝入った真夜中に、眠い目をこすりながら記事を打ちこんでいるんだ。頭がぼぉーっとしているせいで(イヤ、もしかして脳細胞がかなり壊れかけているせいかも?)ミスが多いんだ。
しかもね、後でゆっくり校正してからアップすればいいのにさ!

ママって、いつもアセアセしてゆとりのない困った性格なんだ!
僕の日記を愛読して下さっているみなさま、こんなママを許してあげてね。
Picture6a_2

ドジなママを持つと、気を使うね。

Pictureboge72


さて・・・札幌もいよいよ本格的な夏になったね。

ママが言うにはね
「日中の日差しは強烈だけど、風がやさしいわ」
「ふーん、やさしいって?」

「東京の夏は風そのものが蒸し暑いけど・・・北海道の風は涼やかだから、日陰に入るととても涼しいわ。それに朝夕は、まるで天然のクーラーのスイッチが入ったみたい」

ふーん、北海道で生まれて涼しい夏しか知らない僕には、東京の暑さは想像できないや。
東京ではね道路が焼けるように熱いから、背の低い僕なんてやけどするかも?って。

東京と札幌では、同じお花でも咲く時期が違うらしいね。

Img_3397

「あらあら!」
何十年振りかで北海道に住み始めたママは、あらためていろんな発見をしているけど・・・
今日もお散歩中に何か発見があったみたいだよ。

「まあーさすが北海道ね!
関東では梅雨時(初夏)の花とされている紫陽花と、秋の花コスモスが一緒に咲いているわ」



Illust2451_thumb

ちなみに、僕んちでは日中でもエアコンをまだ数回しか使っていないよ。
窓から外の風を入れるだけで、けっこう涼しいんだもん。

「北海道に引っ越してきて正解だったね。
夏も涼しくて過ごしやすいし・・・それにね・・・」とパパ。

「ねえパパ!それにね・・・って、何のこと?」
こう僕が聞いたらね、パパはニコニコ笑いながら
「知りたいかい?ショパンが家族になったことだよ」って!

わーい、うれしいなぁー。

Img_3045

さてとーいよいよオリンピックが始まったね。

たいていのお家がそうかもしれないけど・・・僕のママも当分寝不足みたいだよ。
「今はお仕事をしていないから、夜更かしができるのよ」
なんて、ママはうれしそうに言っているよ。

Img_2896s

と、僕もシカゴって書いてあるスポーツウエアを着てボール遊び!
なんだか僕まで、オリンピック選手になった気分!

次回の8月分ブログの記事は、オリンピックの話になりそうかな。

Pictureboge74

誰かが全身全霊を傾けて試合に臨んでいる姿って、美しいね。

それに、見ているだけでもドキドキして緊張するよ。
でも・・・さっきニュースで見たんだけど、メダルを取るために無気力試合をしている人たちが失格になったって!
でもね、そのおかげで日本選手がメダルを貰えそうだよ。


Pictureblogd29


Picturefr2
今月も僕とママが一番乗りだったよ。
この日は、いつものメンバー以外に初めて会う仲間がいるんだ。
アリーナ君って言うんだけど、どんな子かな?
ふふふ・・・たのしみだなぁー

Img_2947

トトロの森というグループホームは、やさしい藤色の建物だよ。

すぐ前に、小さな公園があるんだ。ちょっと行ってみようっと。

Img_2952

あれっ、公園のベンチが壊れているよ。
キケン注意って書いてあるらしいけど、字の読めない子供や犬は飛び乗るかもしれないし、早くなんとかしてほしいな。

Img_2953

「前から気になっていたんだけど、この公園にどうしてゴリラさんがいるのかしら?」
類人猿(とくにゴリラとオランウータン)大好きのママは、不思議そうな顔をしていたよ。

この小公園をブラついているうちに、噂のアリーナ君が登場したよ。

Img_2954

「アリーナ君だね、はじめまして。僕ショパンだよ」
「こ、こんにちは!僕はアリーナだよ。今7才なんだ」

アリーナ君は、ちょっと緊張気味だったよ。

「やあ、アリーナは今日が初めてのセラピー活動なので、ドキドキしているみたいなんだよ」
やさしそうなアリーナ君のパパが、そう話してくれたよ。

Img_2955

「アリーナ君、ここは家庭的ですごく居心地がいいよ」

やがてセラピーの仲間が次々やってきたよ。

Img_2957

ヨーキーのエレファちゃんだぁー。
「ショパンお兄ちゃん、あそぼうよぉー」

Img_2964

「人数が多い方がいいし、エレファちゃんも特別参加しましょう」

幼いエレファちゃんは、とっても可愛いのですっかり人気者だよ。
もう少し大きくなったら、早く正式メンバーになってね。

Img_2965_2

さあーみんな、セラピー活動開始だよ!

Img_2985

ここは普通のお家みたいな雰囲気だから、リラックスするよ。

Img_2977

といっても、僕、ちょっとリラックスしすぎかな?へへへhappy02

Img_2978

トイプーの大助君は、いつも元気いっぱいだよ。

Img_2980

大助君は、みんなを笑わせるのが得意なんだ。

Img_2971

アリーナ君、初めての抱っこセラピースタートだね。

Img_2973

アリーナ君、上手に抱っこされているね。

Img_2975

「アリーナの特技だよ!」
アリーナちゃんのパパが、頬の皮をビューンって引っ張ったら、なんと巨大なお耳みたいになったよ。

じつはね、アリーナちゃんは東京から里子としてきたんだって。
前の飼い主が、ペット禁止のマンションに6頭のパグちゃんと住んでいたらしいよ。

「以前の家では食べたいだけ食べさせていたので、太りすぎなんですよ。それで今はダイエット中」

というわけで、今はよけいに皮膚の皮がたるんでいるみたい。
でも、健康のためにはやせた方がいいよね。頑張ってね!

Img_2984

「へへへ・・・ショパン君、僕この方と相性があうみたい!」

アリーナ君、もう一人前のセラピー犬だよ。一緒に頑張ろうね。




Picturefr3
トトロの森と同じく、ここでも僕はすっかり常連さんになったよ。
僕の顔を憶えて下さる方も増えたし・・・うれしいな。happy01

Img_3121

「*●▼○**××」
抱っこした僕にいろいろ話しかけてかけて下さるけど・・・
何を言われているのか、僕にはさっぱりわからないんだ。
ママちゃんにもわからないみたい・・・。

Img_3127

でも、脳のご病気だから、しかたないよね。
はじめ無表情だったけど、少しずつ笑顔を取り戻して下さったよ。
こんな時は、セラピー犬になってよかった!と思う瞬間なんだ。

さてと・・・ほかの仲間の様子はどうかな?

Img_3130

ポメラニアンのモコちゃん、いつも笑顔がすてきだね。

Img_3135

僕は、ついついみんなのことが気になって、あちこち見てしまうよ。

Img_3136s

お膝をすりむいたまりこちゃんが、チワワのうりちゃんと一緒にベビーカーに乗ってセラピー活動をしたよ。

Img_3137

お膝が痛いまりこちゃんは、今日はちょっと笑顔が足りないけど。


あれっ?お部屋の真ん中に居るのは・・・

Img_3140

女性の患者さんがね、ゴールデンのローズちゃんと遊んでいるよ。

Img_3141

ふふふ・・・楽しそうだね。とっても気が合うみたいだよ。
この後、ふたりで床に寝転んだりして遊んでいたんだ。

みんなびっくり!eye 

でも、なんてすてきな光景。人間と犬が一つの心になって・・・

あと・・・仲間の秘密をこっそり教えてあげるね。

Img_3146

どうやらこのふたりは、恋人同士みたいなんだ。
ふたりでお顔をくっつけて、目を見つめあって何やらひそひそ・・・

みんながふたりに注目しているのに、全然気づいていないよ。
人間も犬も恋をしているって、いいね。


Pictureblogb16

僕は人間も犬も大好きだから、誰にでも近づいていくんだけど、犬見知りのワンちゃんから突然ワンワンって吠えられると、いつも悲しくなるよ。

Illust4841thumb

ワン友と遊ぶくらい楽しいことがないのに、それを知らないなんて!
そんな原因を作っているのは、ペット業者のせいもあるらしいよ。
犬の赤ちゃんが社会性のできる2か月まで待たずに、生後1か月でペットショップで売り出すんだもん。まだまだお母さんのオッパイが恋しい赤ちゃんなのにね。

前にも話したように僕は生後3カ月まで、犬好きの多頭飼の普通のお家で他の仲間と一緒に育ったんだ。お母さんのオッパイも思い切り飲めたし・・・一緒に生まれた弟や仲間たちと遊びまわったしね。そのせいで僕は全く犬見知りしない子に育ったんだ。
僕は幸せな星の下に生まれたんだね。

Illust4867thumb

さてと、僕には元犬見知りと今も犬見知り中のワン友がいるんだ。
その友だちの話をするね。

Img_3108

まず・・・犬見知りのチワワのチロルちゃんとは、だいぶ一緒にお散歩できるようになっているんだ。
ほかのワンちゃんには吠えることがあっても、僕にはほとんど吠えないよ。
僕のことを少しずつ好きになってくれているのかな?



Illust4572_thumb

元犬見知りのウエスティのミルクちゃんは、今は一緒にお散歩できる仲だよ。

Img_2915

最初に出会った頃は、吠えられっぱなしだったけど。
今は、僕のワン友たちとも少しずつ仲よしになってくれているよ。

でもね・・・

Img_2924

僕の仲よしのケアンテリアのアテナちゃんが通りかかったら、なんとミルクちゃんが猛烈に吠えはじめたんだ。でね、アテナちゃんもすぐに応酬して吠えはじめたよ。
似た種類の犬同士なので、敵対心を持ちやすいのかな?

なんてことだろう!

でね、アテナちゃんはママちゃんに抱っこされて帰っちゃったよ。
「ミルクちゃん、どうして吠えるの?」

ふたりとも僕の仲よしなのに、困っちゃうよ!

その後久しぶりに、仲よしのシーズーのベティちゃんに会ったよ。

Img_2928

「ベティちゃん!ずいぶんひさしぶりだねぇー」

Img_2925

ベティちゃんはすてきな長毛にしているんだ。
でも、なんだかお顔がよく見えないよぉー。

「最近、全然会えなかったけど、元気だった?」
「ふふふ・・・元気よ。ショパン君はどお?」

とかいろいろ・・・僕とベティちゃんが親しげにお話していたら…

Img_2926

ベティちゃんがね、近くにいたミルクちゃんの存在に気づいたよ。
ふたりは仲良くできるかな?

Img_2927

ミルクちゃんとベティちゃん、ご挨拶をしているのかなと思った時
ワンワンワン・・・

こんな時いつもつらい気持ちになるよ。
どうしてかな?
相性が合わないの?僕なら、誰とでも遊びたいんだけどね。


そのベティちゃんと入れ替わるように、チワワのケンタ君が来たよ。

Img_2930

どうかミルクちゃんとケンタ君が、仲よしになれますように!

Img_2934

「ねえ、ケンタ君!ミルクちゃんと仲よくしてね」

Img_2938 

「ミルクちゃん、吠えないでね!」

こんなシーンでは, 僕はいつもドキドキさ。

Img_2941

ミルクちゃんとケンタ君の間には、しばらく緊張感が続いていたよ。

そんなところにやってきたのは・・・

Img_2942 

ヨーキーの小春ちゃんだぁ。
なんと小春ちゃんは突然ほふく前進をして、さっさとこの場から逃げ出しちゃったよ。
この場の雰囲気が、ちょっとまずいなって感じたのかな?

Pictureboge75


犬見知りのワン友のことをもう少し話すね。

Img_3068

チワワのチャオ君は、チロルちゃんと同じマンションに住んでいるよ。
チャオ君と最初に会った時は、やっぱりワンワンワン・・・。

でもすぐに吠えるのをやめてくれたんだ。
でね、その時すぐに、親しいワン友になれそうな予感があったよ。

Img_3066

「あ、あのぅ、こ、こんにちは・・・ショパン君」
「やぁーこんにちは!」

Img_3062

「チャオ君、一緒に遊びたいなぁ」

チャオ君は、まだ少しだけ緊張しているみたいだったよ。
だからね、この日は、ご挨拶だけでさようならをしたよ。



Illust4572_thumb

いつもの馬場公園で・・・

「こんにちは!」と僕が声をかけたらね・・・

Img_3187

あれっ、後ろ向きになってママちゃんの後ろに隠れちゃったよ。

「この子は犬見知りなのよ。4才になるんだけど友達はいないの」
ジャックラッセルテリアの桃子ちゃんっていうんだって。

Img_3192

僕ががっかりして帰りかけたら、こっちを向いてくれたよ。

Img_3196

でね、やっとかわいいお顔を見せてくれたんだ。

Img_3198

なんと、僕のおしりのにおいも嗅いでくれたんだ。

Img_3199

今度会った時は、一緒に遊べるかな?楽しみだなぁー。



Illust4572_thumb

もうひとり、犬見知りの子のことを話すね。
ショルティの女の子ローズちゃん、僕と同じ年で3才なんだけど。

ある日の夕方、いつもの公園でひときわ大きな吠え声が響いたよ!
ワンワンワンワン・・・ワンワン

Img_3279

口輪をされているし、どうしたのかな?

公園で他の犬を見かけるたびに
ワンワンワンワン・・・ワンワン

でも僕にはわかっていたんだ。

Img_3287

ローズちゃんは、犬が怖いに違いないんだってね。
そしてきっと、他の犬との付き合い方がわからないに違いないって。

「吠えるだけで咬みはしないのよ。最近拾い食いをするので、口輪をしているだけなの」

でもさ口輪をしていると、ほかの犬の飼い主が近づかないかも。
ママがローズちゃんのママとお話ししながら、ローズちゃんの体をナデナデしてあげたら吠えなくなったよ。
ローズちゃん、なんだかほっとしたお顔をしているよ。

Img_3285

口輪を取った姿をパチリ!

Img_3280

ローズちゃん、なかなかの美人だね。

ローズちゃんが吠えるのも拾い食いするのも心の問題かもしれないと考えたママは、ふと思い出したんだ。

チワワのチロルちゃんが、犬の幼稚園(しつけ塾?)に少し通ったことをね。
そのおかげで、チロルちゃんは前みたいに吠えなくなったし、僕とも友だちになれたんだ。

でね、ローズちゃんのママにそのことを教えてあげたよ。
dogs cafe NAGASAKI」(札幌)

長年盲導犬指導者だった方が、犬と飼い主のために開いたドッグカフェ兼犬のしつけ塾というところかな?ホームページのエッセイを読むだけでも、とっても勉強になるし、おもしろいらしいよ。ママによれば、なかなか筆の立つ方みたいだよ。
ドッグランや美容室もあるんだって。行ってみたいな。


Pictureboge77

ここからは、仲よしのワン友のことを中心に書くね。

Img_3313

みんなが、それぞれご挨拶をしあっているよ。
Illust3181_thumb

Img_3296

Img_3305

犬見知りじゃなくなったら、こんな風にみんなで遊べるんだよ。
犬見知りのみんな、一歩前進がんばってね。

Illust4572_thumb

「こんにちは!」小さな可愛い声がしたよ。

Img_3321

Mダックスのゆめちゃんだったよ。
「大きくなったね。この前会った時は生後7か月だったけど」

ゆめちゃんは、まだすこしだけ犬が怖いらしいよ。
でも、やさしそうな犬になら、そっと近づいてご挨拶をしているよ。

Img_3323

ゆめちゃんがご挨拶をしているヨーキーは誰かな?

Img_3319

小春ちゃんだったよ。納得だ!
だってね、小春ちゃんはやさしいし、誰とでも仲良くできるしね。

Img_3324

ゆめちゃんは、次に誰にご挨拶に行くのかな?

Img_3326

同じMダックスの子と、顔をくっつけてのご挨拶。
ゆめちゃんがこの公園で人気者になるのも、時間の問題だね。

僕はなんだかお兄ちゃんの気分で、ゆめちゃんを見守っていたよ。
あーあーほんとうの妹がほしくなったな。

Illust4572_thumb

最近公園で一緒によく遊ぶのは、ゴールデンの麦チョコ君1才。

Img_3001

体重が僕の10倍近くあるんだ。
本当に堂々としているね。でもね、気持ちはまだまだ子供だよ。

Img_3165_2

「ショパン君!一緒にかけっこしようよ」
「えっ?でもさ・・・麦君は大きいし・・・僕はさいきん体力ないし」
「あれ、ショパン君ったら、おじさんみたいな言い方をするんだね」


麦チョコ君は、砂場で転がってバタバタするのが好きなんだって。

「でもね、そのあとが大変よ。体中が砂だらけなんですもの」
と、麦チョコ君のママさんが言っていたよ。

Img_3010

近くの中学校の女生徒が、僕たちと遊びにきてくれたよ。
そしてね・・・

Img_3003

僕のことを「かわいいわ」って言いながら、ナデナデしてくれたよ。
ふふふ・・・いい気持ち・・・

Img_3006

Mダックスのチロルちゃんだよ。オシャレなママちゃんと小さな兄妹と一緒に遊びに来ていたんだ。

僕が「こんにちは!」って言ったら・・・

Img_3008

ママちゃんの背中のところから小さな声で「こんにちは!」って。

僕とは初対面だから、緊張したんだね。

Img_3011

僕は小さな子供たちとも遊んだよ。

Img_3015

平和で幸せなひと時だね。

地球上のすべての子供たちが、こんなやさしい日々を持てますように!こう僕は心の中でそっと祈ったよ。
僕はねママから、貧困や飢餓や、内紛や戦争や、さまざまな現実を話してもらっているんだ。

いったいどうしたら、地球上のすべての生き物が(もちろん野生動物もね)幸せな一生を送れるのかな?みんなで考えようよ!

えへへ・・・僕って、3才になったらずいぶん大人思考ができるよ。


Pictureboge78


あのね、麦チョコ君は性格がいいから、たくさんのワン友が集まってくるよ。

Img_3211 

同じ1才同士の柴犬のちくわちゃんとも、よく遊んでいるよ。



麦チョコ君は、エネルギーをもてあましている感じだね。

Img_3254

アメリカンコッカーのピース君3才も、麦チョコ君が好きみたいだよ。

Img_3255

ピース君も負けないでハイスピードで走っているよ!すごいね。

Img_3257

ふたりとも、走り疲れちゃったみたいだね。へたっているよ。

Img_3252

「ねえ、ショパン君!一緒に遊ぼうよぉー」
「えっ!でもでも・・・ぼ、ぼ、ぼくは無理無理無理・・・」

Img_3259

「ホープ君、僕はひとりでボール遊びをしているから、また麦チョコ君と遊んできたら?」

Img_3276

「あれっ、ホープ君!おしりがくすぐったいよぉー」
ホープ君ったら、すぐに僕のおしりのにおいを嗅ぎたがるんだ。

Img_3251

ホープ君の毛のカットをするのは、パパなんだって。
そのせいでコッカーご自慢の美毛が、ちょっと刈りすぎかもね。

「でもショパン君、僕はパパちゃんのカットに満足しているんだ」



Illust4572_thumb

ええとね、ワン友の話をつづけるね。

ケアンテリアのビッチ君とは、最近よく公園で会うね。
以前は僕が遊びたくて近づいても、相手にしてくれなかったけど、最近はぼくにやさしくなったよ。
きっと僕が少し大人になって、落ち着いてきたせいかもしれないよ。

Img_2888

ビッチ君は4才頃から、犬仲間とあまり遊ばなくなったんだって。
とくに騒がしい小さな子犬は、うるさくて嫌みたいだよ。

Img_2890

僕の場合は、きっと10才すぎても若いワン友と遊びそうだよ。

Img_2893

だってさ、僕は遊ぶことが本当に大好きなんだもん。


Illust4572_thumb

僕より年下のワン友のランちゃん。
僕と少し似た毛色のトイプーの女の子2才だよ。

Img_3222

「ランちゃん!元気だった?」

Img_3224

「私はいつも元気いっぱいよnotenoteheart04heart04

Img_3094

「ランちゃん、また遊ぼうね・・・」

Img_3230s

公園には、次々とワン友がやってくるよ。


Illust4572_thumb

ペキニーズの姉弟のナナちゃんと風(ふう)君。両親は違うんだ。

Img_3151_2

あっ、イタグレのクー(Qoo)君も来ているね。

Img_3150 

風君は、子供たちの人気者だね。

Img_3152 

イタグレのクー君は、前みたいに僕を吠えなくなったよ。
うれしいな。ワン友の一員に加えてくれたんだね。



Illust4572_thumb

新しくできたワン友のこともすこし書きたいな。

Img_3075

Mダックスの桃太郎君とポメラニアンのルナちゃん2才だよ。

Img_3079

ルナちゃんは、1.2kgしかないとっても小さな子なんだ。
でも運動能力は抜群さ。

Img_3208

一緒に遊んでいると、僕の方がハアハアいってしまうよ。

Img_3084_2

ルナちゃんと一緒にいると。4.3kgの僕も大きく見えちゃうね。

動画には写っていないけど、僕とルナちゃんは追いかけっこをしたりして、遊びまわったんだ。
ああ、楽しかった!でも、ちょっぴり疲れちゃったな。

Illust4572_thumb

高齢のワン友もできたよ。
でもね、お耳もお目目も悪くなって・・・お気の毒なんだよ。
あと10年くらいしたら、僕も同じになるんだってね。

「だからね、一日一日を大切に生きなくてはいけないのよ。
たくさんのワン友と遊んで・・・いろんな人に会って愛されて・・・いろんなものを見て」

高齢のワン友からは、いろんな生きるコツを学べそうだね。

Illust4796thumb



まず・・・ビーグルの風(ふう)ちゃん。17才の高齢犬だよ。

Img_3241 

「こんにちは!僕ショパンだよ」 「・・・・」お返事はなかったけど。

Img_3247s

風ちゃんのママちゃんが抱っこしてくれたら、風ちゃんのお顔に満面の笑みがこぼれたよ。

愛されているんだね。風ちゃん!

Img_3248

風ちゃん!できるだけ長生きしてね。

Illust4572_thumb

もうひとり高齢のワン友のことを書くね。

最近いつもの公園でよく会うんだ。

Img_3173

ヨーキーのベル君。14才だよ。お目目が見えないんだ。
だからうーんと近づいて、僕のにおいを嗅いでもらうんだ。

「くんくん・・・ああ、あの坊やだね」

Img_3168

やさしそうなパパちゃんと一緒に、ゆっくりゆっくり歩いているよ。

せいいっぱい今この時を味わってね。



Illust4572_thumb

いつものご近所の仲間のこともすこしだけ・・・

Img_2899

ヨーキーのりょうくん。同じマンションだからよく会うよ。

Img_2898

りょうくんとご挨拶しているのは、Mダックスのレオン君。
レオン君は、とてもしっかり者なんだ。
後から生まれてきた人間のあかりちゃんのことも、よく面倒を見てあげているんだ。

「だってね、僕の方がお兄ちゃんだからさ!」とレオン君。

同じMダックスのあられちゃんも、今では人間の幼い兄妹のお姉ちゃんになったよ。
ふたりともえらいね。


別の日に会った凛々しいりょう君の姿も、下に見せてあげるね。

Img_3114

りょうくんもなかなかおしゃれでしょう?

Illust4572_thumb
さてと・・・
雨の日のお散歩ってね、あまりワン友に出会わないんだ。

でもね、ピンシャーのくるみちゃんに会ったとたん激しく?遊んだよ。
ちょうど雨もやんでいたし・・・

Img_3028

くるみちゃんは僕より若いし、運動能力が優れているんだ。

Img_3031

思い切り体を動かすって、気持ちいいなぁー。

Img_3035

でも、そろそろくるみちゃんの相手ができなくなりそうだよ。



1,2才の頃にアメリカンコッカーの親友ヴィビちゃんと、よくこんな風に遊んだことをなつかしく思い出すよ。
性格のいいヴィビちゃんは、千葉に引っ越してもみんなにかわいがれているみたいだね。

Img_3039 

ブログ「ヴィビの日々」を見たら、ヴィビちゃんに会いたくなったよ。

Img_23241_15751974_1

この写真が美人のヴィビちゃんの近影。
じつはママが、ヴィビちゃんのブログから拝借したんだ。


Pictureboge73

最後に・・・おまけの(ママお薦めの)動画を!

ママが僕のために、とある絵本の動画をさがしてくれたんだ。
【腹ペコの青虫】( The very hungry caterpillar)っていうんだ。

初級程度のやさしい英語の童話アニメだよ。
今、日本語版のこの絵本が大人気なんだって。
ママがYouTubeの動画をさがしたら、さすが日本語版はなかったけれども、原文の英語版が見つかったよ。

「絵がとってもいいの。平面のはずなのに立体的に見えるのよ。
青虫の表情も可愛いし・・・心がほんわかするのよね。
小さな子供も大人も英語が全く分からなくても、絵を見ているだけでお話がわかると思うわ」

でも・・・ママは僕のために、簡単に筋を話してくれたよ。


Img_3159s

産まれたばかりの青虫は、とってもお腹が空いていて、毎日リンゴ・なし・プラム・イチゴ・オレンジなどを食べ続けたの。でもいつもすぐに腹ペコ。
人間の食べるケーキやサラミなんかも食べ続けたの。でもすぐに腹ペコ。
いつの間にか青虫はすごくおデブさんになったんだ。
しまいにお腹が痛くなって緑の葉っぱを食べたら、気分がよくなったよ。
それから、小さなお家を作ってその中に2週間いたんだ。

2週間後・・・なんと・・・!

「今の子供は、こんなすてきな動画が見られていいわね」とママ。

たしかにYouTubeでは、無料でたくさんの動画が見られるね。
ママのおばあちゃんは、IPADで大好きなネコちゃんの動画を見ているんだよ。
もちろん、僕のこのブログも楽しみに見てくれているよ。
ねぇーおばあちゃん!

|

« 74)親友ゴリラ君のことやら | トップページ | 76)秋の気配はどこかへ? »

コメント

こんにちは!
昨日は、仲良くショパンちゃんと沢山お散歩出来て、楽しかったわ!!
ミルクは、ほとんど、一緒にお散歩出来るお友達が、いないから・・・・ミルクのせいか、お母さんのせいかってとこらしんだけどね。
お母さんのお勉強も必要だと、ショパンちゃんのママに教えてもらったみたいなのね。

ミルクが、少しでもお友達が出来ることを願うのよ・・・母

今日は朝から暑かったけど、お散歩に行って、マンション
の管理棟のお掃除のおばちゃん達と仲良くしてもらって、管理棟の中に入れてもらい、お部屋の中を、を見せてもらいました。・・・ミルクだけ

その帰りに、A棟に住んでいるラフちゃんのお父さんにあいました。、わざわざお家に行って、お肉のおやつをミルクに、持ってきてくれました。・・・ラッキー!

昨夜、腹ペコの青ムシ”の動画を見ました。 英語は無理なので、綺麗な画像と可愛い青ムシ達の動きを想像しながら、楽しく見ました。・・・母
(気持ちよく眠りにつきましたよ。)笑

今回は、ミルクの事、沢山載せてくれてありがとうございます。本当にお友達が出来るといいのにね。・・・母

投稿: ミルクと母 | 2012年8月14日 (火) 11時48分

ミルクちゃん

コメントありがとう!lovely
うちのママは、明日から4日ほど御用があってお出かけなんだ。でね、帰って来てからゆっくりお返事を書いてくれるみたいなんだ。ごめんね。僕はパパとお留守番なんだよ。
shock
  ショパン

投稿: ショパン | 2012年8月15日 (水) 02時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 74)親友ゴリラ君のことやら | トップページ | 76)秋の気配はどこかへ? »