« 75)札幌の夏は風が涼やか | トップページ | 77)やっと秋が戻ってきたね »

2012年9月11日 (火)

76)秋の気配はどこかへ?

僕はショパン!

8月の末になってから、急に暑い日が続くようになったね。
もうコスモスの花も満開だし、木々の葉もわずかずつ色づき始めているけど・・・

Img_3762   

秋はどこかに隠れてしまったのかな?

Img_3759

ナナカマドの実も赤く色づき始めているけど・・・
9月になっても、まだ夏みたいに暑いんだもの。

maplemaplemaple

さてと
「へへへ・・・僕がわかるかな?」

Img_3712

ママが、夏用の涼しい肌がけを作ってくれたんだ。
生地が半分透けているから、お顔にかかっても周りが見えるよ。

Img_3717

さてと・・・
北海道の家は、冬の寒さに強いように防寒を重視して作られているけど、暑さ対策はいまいちなんだ。
ママが札幌に住むマンションを探した時、エアコンの室外機を置くためのスペースと吸排気用の穴のないマンションが、たくさんあったみたいだよ。

ということで、年々夏が暑くなる札幌なのに、エアコンを設置できないお家も多いんだね。
僕の住むマンションは新築で最初からリビングにエアコンがついていたし、引っ越しの時に前の家から2台もエアコンを持ってきたから更にラッキーなんだけど!

でもね、北海道ではいくら暑いといっても、日中の風は熱風じゃないし朝夕はけっこう涼しくなるから過ごしやすいけど・・・夜寝るときは、窓を開けられないから少し蒸すんだ。
僕のパパは暑がりだから、寝室にもエアコンをつけているよ。

で・・・一緒に寝室で寝ている僕は、お腹が冷えないようにこの肌がけをかけているんだ。
僕って、人間っぽいかな?

Pictureboge79


あのね、あのね、
僕たちペット族の犬猫にとって、うれしいニュースがあったよ。
ママがね、その記事をコピーして下に貼り付けてくれたよ。

Illust1526_thumb_2 

★☆★☆★☆★☆

 生後56日以下の子犬や子猫について、繁殖業者からペット販売業者への引き渡しが禁じられる見通しになった。22日に開かれた民主党の環境部門会議で、この内容を盛り込んだ動物愛護法改正案が了承された。自民、公明、国民の生活が第一との4党実務者レベルではすでに合意され、今後、各党の正式な了承を経て、今国会で成立する見込み。

 親から早期に引き離すと社会性が身につかず、かんだりほえたりする問題行動が出てくることが多い。改正案は飼い主が飼いきれなくなり、殺処分されるのを防ぐことを目的としている。

 環境省によると、引き渡しの日数をめぐっては、欧米では「生後56日」が一般的で、国内でも動物愛護団体から支持されている。しかし、専門家の間では「生後49日」が妥当とされ、ペット販売業界は、飼育代を低く抑えたいなどの理由から「生後45日」を主張してきた。

 このため、法施行後の3年間は「生後45日」とし、その後は「生後49日」とする。施行後5年以内に環境省が調査し、「生後56日」が適切かどうか検討する。【藤野基文】

★☆★☆★★★☆★☆

Illust4867thumb_4   

とりあえずは、うれしいなぁー!
これまでは生後1か月でお母さんや家族からとつぜん離されて、ペットショップの狭いケージの中で一日中を過ごさなくてはいけなかった赤ちゃんたちが、2か月近くまでみんなと一緒に居られるようになるんだね。

たった一人ぽっちでケージに入れられた赤ちゃんは、どんなにか悲しくて心細かったことだろうね。なによりも大好きなお母さんの暖かさがないし。
周りに他の犬がいても、姿は見えず声だけしか聞こえないしね。



Illust1467_thumb_2 

儲け主義のブリーダさんの中には、狭い飼育室にまるで卵を産ませる鶏のように沢山のケージぎっしり並べて、繁殖用の親犬たちを不潔な環境に置いて、お散歩もトリミングもさせずに安いフードを食べさせて、単に子犬を生む機械みたいな扱いをしている人もいるらしいんだ。
そんな環境で生まれた赤ちゃんの中には、奇形や病気を持っている子もいるんだって。

ママはね、その事実を知ってから、いつも憤慨していたんだ。

でもね、ペットショップに並んでいるかわいい赤ちゃん犬を見ても、どんな環境で育ったのかはわからないものね。
本当はね、早く生後56日以上になってほしいよ。
そんな事実を知ると、僕は幸せだなあって、しみじみと思うよ。
犬好きの多頭飼のごく普通のお家で産まれて、犬と人間のふたりのやさしいお母さんに3か月近くまで、大切に育てられたんだもん。
僕みたいに大家族の中でのんびり赤ちゃん時代を過ごせた子って、あまり多くないのかな?

Illust1863_thumb

こんな僕が、犬や人間を嫌いになるはずがないでしょう?

僕のことを「おとなしくてお利口さんね」とほめてくれる人がいるけど、僕の場合は生まれた境遇がたまたまよかっただけなんだよ。


Img_3645

犬見知りのワンちゃんが、ひとりでもいなくなりますように!
僕とママはね、犬見知りのワンちゃんに出会うと、いつもドキンとしちゃうんだ。

そんな気の弱い犬見知りの子って、決まって最初に吠えるんだ!

Illust4839thumb

でも僕は、その子が怯えて吠えているってわかるので、ちっとも怖くないよ。
そしてね、なんとかその子と仲よしになりたいなと思うんだ。

つい最近もそんなワンちゃんに出会ったけど、その話はワン友編でね。
コーギーのモモちゃんって言うんだ。9才のお姉さんだよ。

Pictureboge80


ええとー
ここからは一ヵ月遅れの8月の出来事を中心に書くね。
8月には、ママのお母さんが心臓病の具合が悪くて2週間入院したりして、ママはいろいろ忙しかったんだ。
だからね、なかなか僕の日記を書いてくれなかったんだよ。

Illust3045_thumb_2 「 相変わらず、お許しを!」ぺこっ・・・


さてと・・・僕の着ているお洋服をよく見てね。
「ふふふ・・・浴衣だよ」

Img_3647a

今年の盆踊りには間に合わなかったけど、来年はこれを着て盆踊りを見に行きたいな。

Illust2198_thumb_2

今年の盆踊りは、パパとママの家族3人で行ったんだよ。

Img_3422

会場の公園に近づくにつれて、太鼓の音色と子供盆踊り曲が大音量で聞こえ始めたよ。

それに・・・なんだかいい匂いもするんだ・・・クンクンクン

Img_3431

町内会の人たちが、屋台を開いてくれているんだね。

Img_3444

いい匂いは、そこからしているよ。

Img_3446

浴衣やハッピ姿の子供たちも多いよ。

Img_3447

さてと・・・盆踊りの方はどうかな?

Img_3423

櫓(やぐら)が組まれていて、その上では子供たちが一生懸命に太鼓を叩いているよ。

Img_3456

トントン トトトン・・・・・・ドドドン ドン ドン  テケテケテーン

威勢のいい音が、あたりいっぱいに響くよ。

Img_3441

なんだかね、僕も踊りたくなったよ。

Img_3443

よーし、来年は浴衣を着て一緒に踊ろうっと!

Illust4268_thumb

その夜、僕は夢の中で盆踊りを踊っていたよ・・・・。


Pictureblogd29

Picturefr1
この施設は、二ヵ月に一度ずつ訪問しているよ。
本当は月一回ほど訪問出来たらいいんだけど、セラピー犬が少ないので十分活動ができないんだ。
北海道ボランティアセラピードッグの会には、たった123頭ほどしかいないんだ。

もっと仲間が増えるといいんだけど・・・。

それで会の方で、会員募集のビラを新しく作ったんだ。
瓜ちゃんとまりこちゃんのママちゃんが、作ってくれたんだよ。活動中の僕の写真も入っているよ。

人間好きのワンちゃんたち、この指とまれぇ!
012831s


heart04 heart04 heart04 heart04

さてと・・・この日の楽居館での活動は・・・

Img_3554

みなさまがお待ちかねだよ。note note

Img_3544

あちこちから、楽しげな笑い声が聞こえはじめたね。

Img_3548

とりわけ、特別会員のまりこちゃんの周りはたくさんの笑い声。

Img_3563

最近、この可愛い小さな男の子も来てくれるよ。
まりこちゃんのママちゃんのお友だちの親子だよ。
訪問者が増えるのは、うれしいな。

Img_3552

この方は大きなお手手で、僕をしっかり抱き止めて下さるよ。

Img_3551

大型犬は抱っこはムリだけど、ナデナデされるのは大得意。


Pictureboge82


8月は施設訪問以外にセラピー犬についての講演会が開催され
その後に「セラピー犬とふれ合う」時間があって、僕はそれに参加したんだ。

Img_3580

セラピー犬活動に興味をお持ちの方がいらして下さったよ。
大勢というほどじゃなかったけど、とても熱心な方ばかり。

Img_3586

セラピードッグの会の委員長の講演が終わるまで、僕たち犬はおとなしく後ろの方で待っていたよ。
もちろん、ワンとも言わずにじっと待っていたよ。エヘン!

僕はというと・・・

Img_3575

お部屋の後でキャリーバッグの中に座って、じっと待っていたよ。

講演が終わると、参加者が僕たちのところへ来て下さったんだ。

Img_3577

携帯で、記念写真をパチリ。
僕はちょっとお澄まししちゃったよ。へへへ・・・

Img_3578

ヨーキーのくるみちゃんも、はいポーズ!

Img_3591

「家にも犬がいますが、どうしたらセラピー犬になれますか?」
とか、いろいろ相談される方も・・・。

Img_3588

「ショパン君、セラピー犬が、もっともっと増えるといいわね!」
「ジョイちゃん、僕もそう思うよ」


Pictureboge81



講演会は大通り公園沿いのビルで行われたので、帰りはママと大通り公園を少しお散歩したよ。

Img_3592

あれっ?何かイベントをやっているよ。

Img_3596

「ドイツビール村」っていう、ビアガーデンの催しの一つらしいよ。
札幌とミュンヘンは、同じビールの街ということで姉妹都市とか。

日中は人が少ないけど、夜になるとたくさんの人がやってくるんだろうね。

Img_3597

おつまみもいろいろあるみたいだよ。
「ママ、僕、お腹が空いたよ~」
「ここにはショパンの食べられるものは、何もないのよ」

ママは、さっさと地下鉄の方へ歩いて行くんだ。
がっかり!bearing


Pictureblogb16

最近お散歩をしていると、2頭飼いのワンちゃんによく会うよ。
一日中犬の家族がいっしょにいるなんて、すてきだなぁー。

Illust251_thumb



「こんにちは!私アンナよ。あなたと前に会ったことがあるわね」

Img_3369

「あっ、思い出したよ。もうひとり犬の家族がいたはずだね」

Img_3365

「チーちゃんよ。ホラ、あそこにいるわ。ちょっと臆病なの。
だからね、いつも私がそばについていてあげるのよ」

Img_3372

「やあ、チーちゃん、こんにちは!」

Img_3382

「こ、こんにちは!あ、あのぅ・・・あまり近づかないでね・・・」

Img_3388

「チーちゃん、だいじょうぶよ。アンナが守ってあげるから・・・」

アンナちゃんは、いつもチーちゃんのそばにいて見守っているよ。



チーちゃん、こんな頼もしい犬の家族がいてよかったね。

Img_3393

その後、間にアンナちゃんを挟んで3にんで仲良くお散歩したよ。

Img_3406

また会おうね
いいなあ、犬の家族がいるなんてうらやましいよ。


Illust4572_thumb

シュナウザーのまめちゃんと、マルチーズのララちゃんも同じ家族なんだ。

Img_3467

でもね、ふたりの一番好きな人はそれぞれ違うんだよ。

Img_3464

マルチーズのララちゃん(7才♀)は、お母さんが大好き。

Img_3466

シュナウザーのまめちゃん(9才くらい♀)はお父さんが大好き。

Img_3470

ふたりのお世話をする役目も、パパママでそれぞれ分担。
僕んちは、僕ひとりしかいないからパパとママを独占できるよ。


Illust4572_thumb


キャバリアのけん君とは、はじめましてかな?

Img_3488

けん君は5才なんだって。

Img_3491

「ショパン君、これからもなかよくしてね」

Img_3494

「もうひとり犬の家族がいるんだよ。ぐり君っていうんだ」

フレンチブルドッグのぐり君5才は、堂々として貫禄充分だね。

Img_3496

「はじめまして、僕ショパンだよ」
「やあー こんにちは!」

Img_3502

ふたりは仲よし家族なんだね。
いいなぁ、犬の家族がいるって。

Img_3504

僕も犬の家族がほしいなぁー

「ショパン君も、家族を作ってもらったら?」


Illust4572_thumb

同じ犬種で数頭飼われているワン家族も多いね。
ペキニーズのナナちゃんと風君もそうだし。

同じ日に、Mダックスの二組のワン友に会ったよ。

Illust257_thumb

Illust241_thumb

始めに出会ったのは、コロコロちゃんとプヨプヨちゃんの犬家族。

Img_3617

若いパパとママが、可愛いお名前をつけてくれたんだね。

Img_3603_2

濃い色の毛の7才のプヨプヨちゃんは、ちょっと甘えっ子かな?

Img_3619

プヨプヨちゃんは、ママちゃんのお膝で、満足満足・・・。

白っぽい毛色の方が、コロコロちゃん6才だよ。

Img_3627

ふたりとも毛色が美しいね。数色がミックスされているんだね。
「このすてきな色合いが気に入って、家族にしたのよ」
ふたりのママちゃんが、こう話してくれたんだ。

Img_3614

ふたりとも、本当になかよしだね。


でね・・・もう一組のダックス家族は

Img_3603_3

やっぱりふたりの毛色が違うね。

Img_3604

黒毛のほうが、てっぺい君3才だよ。

Img_3605

薄茶色のほうは、マリちゃん6才(♀)だよ。

Img_3600

「ショパン君ったら、浴衣を着ているわ」
「どうぉ?似合うかな?」

Img_3609

「なんだか女の子みたいだよ。でも似合っているよ」
「ありがとう!」
Illust4572_thumb

ちかごろ、馬場公園でヨーキーのベル君14才によく会うよ。

Img_3411

「ショパン君は、いつも元気いっぱいだね。
僕はもう年だから、のんびりと歩くんだ・・・」

Img_3416

「ショパン君とは、なんだかうまが合うね」
「僕も、ベル君が大好きだよ」

Img_3418

「ベル君、いつまでも長生きしてね」



ふふふ・・・僕とベル君の仲のよさがわかるかな?
僕たち犬は、年の差なんて全然気にならないよ。
Illust4572_thumb

若いワン友もできたよ。

Img_3650

キング君って言うんだ。2才の男の子さ。

Img_3652

わあ、超アップだね!

キング君は、人間も犬も大好きな元気いっぱいの男の子。
誰でも一目で、キング君のことが好きになるね。

「また一緒に遊ぼうね!」


Illust4572_thumb

トイプーのココちゃんも、うんと若いお友だちの一人だよ。

Img_3748

さわるとね、茶色の毛がとっても柔らかくてつやつやしているよ。

Img_3752

トイプーの元気君が、すっかりココちゃんに魅せられているよ。

Img_3753

元気君のお母さんが、ココちゃんのことすっかりお気に入り。

「ねえー僕も抱っこしてよ」と元気君が、お母さんにすりすり。
元気君は、とっても甘えっ子なんだ。



Illust4572_thumb

ポメラニアンの超小型犬のルナ(2才♀)ちゃんは、本当にいつも元気印だよ。

Img_3480 

「ルナちゃんは、走るのも早いね」

Img_3483

「ふふふ・・・」

でね、よく一緒に遊ぶんだけど楽しいよ。


Illust4572_thumb


犬見知りのお友だちのことを書くね。

チワワのチロルちゃんによく会うけど・・・もう吠えられないよ。

Img_3507

僕に対してもまだ十分気を許してはいないみたいだけど。

Img_3511

つかず離れずだったら、一緒にお散歩できるようになったよ。

そんな時、Mダックスのココちゃん(9才♀)に出会ったんだ。

Img_3660

「ショパン君、こんにちは!」

Img_3687

僕は、ココちゃんとご挨拶をしながらも、チロルちゃんが気になっていたよ。
きっとこの場から逃げ出すかもしれないな・・・と思ったんだ。

Img_3516

でもね、チロルちゃんは少し後ろ向き出逃げ腰だったけど、逃げ出さなかったよ。

Img_3518

さらにびっくりしたことに、ココちゃんがすぐ近くまでご挨拶にやってきても吠えなかったよ。
「まあ、チロルえらいわ!」
チロルちゃんのママが、うれしそうな声を出していたよ。

チロルちゃん、もう一歩だね。早くみんなと遊べるといいね。


それからね、Mダックスの家族に会った時に、吠えられてもじっとしていたよ。
えらいね!



小さな一歩だけど、チロルちゃんにとっては大きな進歩だね。

Illust4572_thumb

犬見知りのショルティのローズちゃんにも会ったよ。

Img_3763

最初のうち少し吠えられたけど・・・まもなく落ち着いて吠えなくなったよ。

Img_3764

「教えて頂いた”ドッグカフェ NAGASAKI(札幌;犬の学校)へ数回行って、ずいぶん変わりました。本当にありがとうございました・・・」

よかったね、ローズちゃん!
犬見知りが治ったら、きっとたくさんのお友だちができるよ。
僕の仲間たちとも、一緒にかけっこやボール遊びができるしね。


Illust4572_thumb

さらにね、数日前に別の犬見知りのコーギーと出会ったよ。
初対面のワンちゃんだったよ。

出会いがしらに ワンワンワンワン

Img_3757

そうしたら「ごめんなさい。この子は犬が苦手なんです!」と、コーギーちゃんを抑えながらそのママちゃんが小走りに走り去ろうとしたんだけど。

でね、ママと僕はそばに近寄って「犬が怖いのかしら?」って、話しかけたんだ。
さらに僕のママが「首輪を抑えて、吠えたらダメ!って強く言うと、吠えなくなるんですって」と教えてあげたらね・・・

Img_3756

そうしたら、なんとコーギーちゃんは吠えるのをやめたんだよ。

「まあ、近くに犬がいるのにモモが吠えないなんて初めてよ」

それからママちゃん同士で、お話が始まったんだ。
「この子はモモコと言って9才になります。でも他の犬を見ると、すぐにこんな風に吠えるので、友だちはいません。なるべく他の犬に会わないようにしてお散歩しているのです」

「まあ、お友だちがいないのは、かわいそうですね。
それにお散歩に出るたびに、気を使うのは飼い主にとっても負担ですしね」

そして、僕のママはドッグカフェNAGASAKI のことを教えてあげたんだ。

「NAGASAKIさんという元盲導犬指導部長をされていた方が、犬の再しつけ教育をしてくださるのですって」
「9才にもなって治るかしら?」

それでママは、10才のウエスティのミルクちゃんのことを話してあげたんだ。

「10才の子が治ったのなら、モモも治るかもしれませんね」

でね、その場にぐうぜんチワワのチロルちゃんが通りかかったんだよ。
でも、チロルちゃんもモモちゃんもお互いに吠えなかったよ。

「信じられないわ。モモが吠えないなんて!」

少しして、チロルちゃんが思い出したようにワンワンって少し吠えたら、モモちゃんもワンワンってほえたけど、ふたりとも「駄目よ!」と言われて、吠えるのをやめたよ。
きっとふたりは、いい友だちになれるかもしれないね。

ふふ・・・楽しみだなー!


Illust4572_thumb

もうひとり、少しだけ犬見知りのワンちゃんのこと。

Img_3767

「こんにちは!」と僕が話しかけると・・・

Img_3771

すぐにロッキーくんは、ママちゃんの後ろに隠れてしまうんだ。

「犬が怖いんですよ。友だちはいません」

Img_3770

でもね、僕に興味はあるみたいで、少しづつ近づきそうになるんだけど、すぐにママちゃんの背中の方に隠れるよ。

「この子は、ペットショップで買った時に、お散歩はほとんど必要ない犬だと言われたのですよ。で、トイレは全部家の中で済ませるので、毎日外に出なくてもいいのです。
お散歩は週に一回くらいなので、ほかの犬とは会うことが少ないのです」

僕もママも、とてもびっくりしてしまったよ。

お散歩が必要のない犬?病気でも高齢でもないのに?
ペットショップで、犬を買ってもらうために嘘を教えたのかな?
お散歩は、どんなワンちゃんにとっても大事だと思うけど・・・。

「犬の一生は10年ちょっとですから、お友だちと遊んだり、いろいろな経験をする方が犬にとって幸せな気がしますけど・・・」と、僕のママ。
「ロッキーは、自分が人間だとおもっているかもしれませんね。
人間の勝手にしすぎて育ててきたかもしれません・・・」

でもロッキー君は、今の生活の仕方が気に入っているのかも。
僕は友だちに会えない生活はさびしいし、お散歩大好きだけど。


Illust4572_thumb

僕のいつもの仲よし散歩友だち・・・・
最近は馬場公園が遊び場になっているよ。

Img_3754

コーギーのトビ―君は、子供から青年になる途中だから、毛並みも毛色も体の大きさも会うたびに変わっていくね。

Img_3755

公園を全力で走りまわっているよ。


馬場公園では、毎日犬同士の交流が盛んなんだ。

Img_3726

「ふんふんふん・・・・」

Img_3724

「で、どうしたの?」

Img_3727

「どっちに行こうかな?」と、ビッチ君。

Img_3731

「ビッチ君は、物静かだね」

Img_3732

ビッチ君は、大人だからあんまり遊ばなくなったんだって。

Img_3729

「あそこにいるのは、ベル君かな?行ってみようっと」

Img_3739

遊び仲間が、いろいろ変化しながら数名づつ集まっては離れ、また一緒になって・・・。

Img_3742

Img_3743

「ベル君。くすぐったいよぉー」

Img_3745

「ショパン君、僕の大好きなママちゃんを紹介するよ」
「ベル君のママちゃん!はじめまして・・・」

これまでベル君のパパとしか、会ったことがなかったんだ。
思っていた通りのやさしそうなママちゃんだったよ。


Pictureboge83

最後に「おまけコーナー」だよ。

ママが選んだ癒しの音楽と映像を・・・
お時間のある時、疲れたと感じた時にどうぞ!
画面の真中をクリックしてね。

|

« 75)札幌の夏は風が涼やか | トップページ | 77)やっと秋が戻ってきたね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 75)札幌の夏は風が涼やか | トップページ | 77)やっと秋が戻ってきたね »