« 76)秋の気配はどこかへ? | トップページ | 78)ママは反省の秋、パパは »

2012年10月11日 (木)

77)やっと秋が戻ってきたね

僕はショパン。

9月が終わろうという頃に、やっと秋の涼しさが戻ってきたね。

Img_4295   

コスモスの花が、涼しい秋風に揺れていたよ。

Img_3781

そして秋は、ママの大好きな夕日(ハンドル名)の美しい季節だよ。

Img_4100

今年の北海道は、9月に入っても真夏のように暑かったんだ。
なんでも気象観測始まって以来の、9月の高温記録らしいよ。

Img_4134

この異常な暑さは、海水の温度が高いせいなんだって?
地球温暖化のせいで、北極の氷がどんどん融けているんだよ。
それでね、白クマさんたちが絶滅するかもしれないんだって。

ねぇーママ、どうにかならないの?
白クマさんたちが、毎日泣いているよぉー!

Pictureboge85

ママがね、野生の白クマさんとハスキー犬とのすてきな出会いの写真を見つけてくれたよ。
とっても感動的な数枚の写真を、ぜひぜひ見てね。



この白クマさん、きっと・・・さびしかったんだよ。
ハスキー犬と仲よしになれて、ほんとうによかったね。

Illust4332_thumb

それからもうひとつ、とっても感動的な豚さんの動画を見てね。

こんなに感情豊かな豚は、今ではペットのミニ豚としても活躍しているよ。。
僕のママは、子供のころから豚さんや牛さんたちは可哀想で食べられないんだって。
でも、僕やパパやほとんどの人は、お肉が大好物だよね。

びっくりしたことに、中国では僕たち犬も食料にされるんだって。
ママがね、広州の食肉店の前に、食料としてつながれている犬達を見たことがあるんだって。

「ショパンを中国には連れていけないわ」とママ。
ひぇー怖いよぉー

Pictureboge84

エヘン!さて話変わって・・・僕ね、3才と7カ月になったんだよ。
人間の年に換算すると、なんと、もう30才らしいや。Illust3120_thumbaa 

そんな僕は、犬仲間との遊びに前ほど夢中にならなくなったよ。
でねその分、人間のおとなの世界に関心があるんだ。

Img_4129

最近のテレビのニュースも、いろいろ気になっているよ。

今ね、日本丸という巨大な船が、大海の中で大切な羅針盤(に当たるもの?)を失って右往左往しているんだって?
ママとパパが、テレビのニュースを見るたびに、暗い顔をしているよ。
僕も犬登録をすませているから、日本国の住民(犬)かな?

世界に目を向ければ、さまざまな紛争やら、貧困や災害や、ともかくいろんな悲惨なことが起こっているんだね。
白クマをはじめとした野生動物たちも、生きづらい世の中になっているしね。

ペットの僕だって、ぼんやりとおやつを食べてはいられないよ。


Picture

なんて思っているのに、お昼寝大好きの僕はついついウトウト。

Img_3933

こんなひどい恰好で、ごめんなさい!
成熟した立派な大人の犬になるのって、なかなか難しいね。

Pictureblogd29

Picturefr3
2012年9月20日
この日も僕は、地下鉄に乗ってママと出かけたよ。
へへへ・・・相変わらず誰も、僕の存在に気づかないんだよね。

Img_3891

僕はキャリーの中で、枕にお顔をのせて、メッシュの広い窓から電車に乗っている人間を観察したり、疲れたらウトウトしたりしているんだ。
そんな僕の様子を、ママがね、出入り口のファスナーを少し開けてパチリ!
でも、誰もこのキャリー(一見旅行用のキャリーバックに見える)の中に、犬の僕がいるって気がつかないんだ。うふふ・・・

キャリーの両脇にあるメッシュは、内側の僕から外の様子は良く見えるけど、外側からは暗くて内側が見えないし、メッシュというより黒い布みたいに見えるんだ。
もちろん僕は、キャリーの中に入っている時には、決して声を出さないようにしているしね。

Illust2128_thumb



地下鉄を降りて、15分くらい歩いて・・・発寒中央病院に到着!

認知症の患者さんたちが、たくさん待っていて下さったよ。
そして僕は、やすこさんをすぐにみつけたんだ。
「こんにちは!やすこさーん」

Img_3893

ふふふ、やすこさんは僕に気づいて下さったよ。
もう一年以上のお付き合いだもん。

Img_3896

やすこさんはね、最初の頃は眠っていることが多かったけど、最近は僕をしっかり抱っこしてくださって、やさしくなでなで・・・。

ホラ、今日もね、やさしく僕を抱っこして下さったよ。

でもね・・・その後は、やす子さんはまたウトウトしていたみたい。
へへへ、僕はやすこさんにとって、特別な存在なのかな?
ご病気が少しでもよくなるのだったら、とってもうれしいけど。

また来月も、きっと行くよ。待っていてね!


Illust3340_thumb 

他のセラピー犬の仲間も、みんな頑張っていたよ。

Img_3892

ラブラドールのハッピーちゃんは、久しぶりだね。
お父さんのお仕事が忙しくて、活動を少しお休みだったんだ。

Img_3899

「こんにちは!僕はハッピーだよ。」
「ぼくは、キャバリアのごくうさ!よろしくね」
活動の合間に、仲間たちがそっと挨拶しあうこともあるよ。

Img_3895

「モコちゃんは、とっても立派な分厚い毛を持っているから、この夏の暑さは大変だったでしょう?」
「そうなのよ!もう汗だくよ」
「僕みたいにサマーカットしたら、ポメちゃんじゃなくなるしね」
「毛並みやお顔の美しさを保つのは、犬でも大変 なのよ」

Img_3922 

サモエドのごんじろう君は、パパになってからますます貫禄がついて、それにやさしいね。

Img_3906

パグのアリーナ君も、人気者だね。

Img_3915

「僕って、がっちり筋肉質タイプなので、重いでしょう?」

Img_3914

「よいしょっと!ちょっと重いね。ハハハ…」
アリーナ君を抱っこできて、うれしそうだね。

Img_3918

ジャックラッセルテリアのジャック君も、抱っこされているよ。
ジャック君、なんだか照れくさそうだね。

Img_3909

仲間たちの活躍を見ているだけで、僕までうれしくなるよ。

Img_3925

目と目とみつめて心を伝えあうのは、僕たち犬の得意技。

Img_3901

抱っこされてスリスリされると・・・僕はもう、うっとりしちゃうよ。
また抱っこしてね。
  

じゃあね、今日はバイバイ・・・
僕の大好きなやさしい院長先生が、今日も玄関で見送って下さったよ。


Illust1822_thumb

この病院からの帰り道で、ひとりのおじちゃんと出会ったよ。
じつはね、狭い私道?を歩いていた時、僕もママもちょっと油断していたんだ。
それでね、うっかりして道の真ん中を歩いてしまっていたんだよ。

「もしもし、後ろの車が通れなくて困っていますよ」
道端で立っていたおじちゃんが、そう教えて下さったんだ。

Illust1764_thumb 

あわてて後ろを振り返ると、一台の車が止まっていたよ。
で、僕もママも「あっ、ごめんなさい!」とあわてて道の端に飛ひ退いたんだ。
車が通り過ぎた後で、そのおじちゃんに「ありがとうございました」とママがお礼を言ったんだ。

それがきっかけで、そのおじちゃんと長話をすることになったよ。

Pictureblogd32


「じつは・・・・・
この近くに住む伯母の家を訪ねてきたのですが、あいにく不在でして・・・それでもう4時間もここに立ち続けているのです」

ママも僕も4時間と聞いて、びっくりしてしまったんだ。
それで、少しの間でもお話しの相手になってあげようと思ったんだ。さっきの車の件のお礼の気持ちもあったので。   

おじちゃんは、いろんな国で活躍プロの料理人なんだよ。
現在ニュージーランドに、子供たちと住んでいるんだって。タイ人の奥さまが癌で亡くなって、100か日法要のためにタイに行く途中で、日本に立ち寄ったんだって。

実家は北見市の近くで、北海道には42年ぶりでいらしたんだって。 

「伯母に会ってから、札幌の友人と42年ぶりに再会して一緒にお食事をする予定なんですよ。あさっては東京に寄って、それからタイに行く予定です」
わぁー強行スケジュールなんだ。

「じつは伯母をびっくりさせようと思って、あらかじめ電話などで連絡はしていないのですよ。 そうしたらなんと、伯母は不在だったのです。伯父の葬儀に来られなかったので、今回お参りをしていこうと思いましてね。もうそろそろ帰ってくるんじゃないかと思うですが・・・」

ニュージーランドでは、広い敷地の大きなお家に住んでいて、犬を12頭も買っているんだって。
ダルメシアンやトイプーやチワワなどを、2頭ずつ一つのケージに入れているんだって。
「今は、子供たちが犬たちの面倒を見てくれていますよ」
犬が大好きな方なんだね。

これまでに、タイやシンガポールやいろいろな国で、料理人として活躍されていたらしいよ。

Illust3050_thumbs_2

「若宮さんの誘拐事件の時は、大使館などに毎食250名分ほどのお弁当を毎日届けましたよ」

かなりすごい人なんだぁー。
もっとお話ししていたかったけど・・・この一期一会の出会いをかみしめながら、さようならしたよ。おじちゃん、どうぞお元気でね。
おじちゃんは、心臓に少し問題を持っていらっしゃるんだ。
「寝ている時に、脈が30に下がるのですよ。それで病院で薬を貰っています」

人との出会いって、なんだか不思議だね。
しかも42年ぶりに日本にお里帰りをされた方となんて!



Pictureblogd88_2 

2012年9月23日

空は真っ青に晴れていて、白い雲が浮いていて、トンボがたくさん飛んでいて・・・昨年もこんな晴天の日だったことを思い出したよ。
今年は9月に入っても異常な暑さだったから、この日もみんなは夏の装い。

僕は、セラピー犬コーナーで「セラピー犬とのふれあい」に参加することになっていたんだ。
お料理の得意なパパが、朝からサンドイッチを作って、コーヒーをポットに入れていたよ。僕用のランチも、わすれないでね、ママ!

Img_3968

地下鉄とバスを乗り継いで、酪農学園大学の正面に着いたとたん、とつぜんすごーい臭いが!

ヒェー たすけてー
鼻の敏感な僕とママは、本当に窒息しそうになったよ!
でもしばらく構内を歩いているうちに、臭いに慣れてきたけどね。
よく考えたら、酪農大学に牛・豚・馬・鶏などがたくさん飼われているんだよね。

さてと、セラピー犬コーナーには、たくさんのセラピー犬と、遊びに来てくれた一般の犬とが集まり始めていたよ。

Img_3972

セラピー犬仲間でも、初めて顔を合わせる仲間も多いんだ。

Img_3977

「あれっ?君たちの来ているTシャツって、人間用のを犬用に直したものだね」

Img_4004

「ふふふ・・・恰好いいだろう?君たち札幌の犬たちは、アルファアイコンのTシャツだね」
「数色あって好きなのを選ぶんだ。布を濡らすと、涼しいんだよ」

Img_3978

「僕も隣に並ぼうっと!3人兄弟みたいに見えないかな?」

Img_3983

ドッグダンスのダンサーのふたりは、出番待ちで緊張気味。
トイプーのかんぺい君と、シーズーのウィル君、頑張ってね!
ウィル君は、お目目同士が離れている典型的なシーズ顔だよ。
僕は、お目目がくっつきすぎているから、どこかで遺伝的変異?

Img_3985

美人でオシャレな純白の毛の、トイプーのチェリーお姉さまだ!

Img_3986 

「ウィル君、落ち着いてね、だいじょうぶよ、あなたならできるわ」

Img_3994

パグのアリーナちゃんは、僕と色違いのTシャツだよ。
でも僕のTシャツは、ママがいろいろ飾りをつけたので派手だよ。

Img_3998

ミントちゃんがごろんと横になって、子供たちがさわれるようにしてあげているよ。
やさしいね。ミントちゃんは、病気を克服したんだ、よかったね。

Img_3999

セラピー犬とのふれあいコーナーには、たくさん人と犬が集まり始めたよ。

Img_4000

あちらからも、こちらからも楽しげな笑い声が聞こえるよ。

Img_4005

「こんにちは!君は僕の親戚のペキニーズだね。茶色の毛の子に初めて会うよ」
「やあ、こんにちは!セラピー頑張ってね」

Img_4017

Img_4085

大先輩、柴犬のゴンタ君はすごいよォ。

Img_4018

「ワイルドだぜ―」のスギちゃんみたいなジーンズの上着を着て、サングラス姿で椅子に腰かけて、ひたすらじっと寄付金集めをしていたんだ。
いつも一番の人気者なんだって。

何時間もじっとしているなんて、本当に尊敬しちゃうよ。
なんと13才の高齢犬なんだよ。


Illust4892thumb

セラピー犬仲間たちが、あちこちに散らばって活動していたよ。

僕はね、活動を頑張りすぎると、すぐに体調を崩して胆のう炎を起しやすいので、この日は少しのんびりとすることにしたんだ。
でね、会場のあちこちをのんびりと見て歩くことにしたんだ。

Img_3995

子供の大人気の、鶏の着ぐるみを着た人がいたよ。
でも、この日は暑かったから、本当に大変だったと思うよ。
御苦労さま!

Img_3996

この日は、なんとたくさんのワンちゃんに出会ったことだろう!
その一部をお話しするね。

Img_4011

たくさんのワン友ができたよ。キスされちゃった!うふふ・・

Img_4021

キスをされるって、好き好きってことかな?うれしいな。

Img_4030_2

貴公子みたいな美しいダルメシアンにも、キスされたよ。

Img_4056

うふふ・・・美形のキャバリアちゃんとも、チュッ!

Img_4028

純白の毛のビジョンフリーゼの子が、丸いすてきなヘアカットをしていたよ。
綿菓子みたいで、食べたくなっちゃったよ。

Img_4016

知らないシーズーのグループに、こっそり忍び込んでみたよ。

ふだんのお散歩では経験できない、別の楽しさがあるよ。
イベントをやっているいくつかのテントも、覗いてみたよ。

Img_4062

ここでは爪切りや肛門絞りなどを、無料でやってくれるんだって。
ぼ、ぼくは・・・爪切りは大嫌いだよ。おリボンつけならいいなぁ。

Img_4063

ここに飾ってあるおリボンの中から、好きなのを選ぶんだって。
学生さんの手作りかな?僕は青いおリボンにしたよ。

それからしっぽの会(保健所からペットを救い出す活動)の特設テントで古着を売っていたので、ママが3着も買ってくれたよ。古着といってもほとんど新品に近いんだ。
お家に帰ってから、ママがそのお洋服を手直ししてくれたよ。
例のごとく、アイロンでアップリケをつけたり、ビーズを飾ったり。
ママは、今はそんなことをするのが楽しいみたいだよ。
でもさ、学生時代は手芸など苦手だったらしいよ。

Illust4859thumba


いよいよセラピーの仲間たちの、ドッグダンスの時間だよ。
僕までドキドキしちゃうな。

Img_4033

いよいよ、かんぺい君とママちゃんのダンスが始まるよ。

Img_4035 

頑張れかんぺい君!フレーフレー
とても堂々としていて、上手だったよ。

Pictureblogc79


お昼は木陰で家族3人でランチを食べてから、また少し歩いたよ。

Img_4065

屋台と食堂からいい匂いがしていたんだ。ああーたまらないよ!

Img_4064

でもね、ワンちゃんが食べられそうなものはないんだって。
がっかり!

Img_4047

チワワちゃん家族が、おいしそうにお食事をたべていたよ。
喧嘩もせずに、おとなしく順番待ちをしていたよ。


「あれっ?あちらから歩いてくるのは?」

Img_4051

いつもの散歩友だちの、チワワのチロルちゃんだったよ。

Img_4053

ワンちゃんが少し苦手なチロルちゃんだけど、たくさんのワンちゃんの中にいても平気になったんだね。ああーよかったぁ。もう一息だね。

Img_4054

この子は、歩くのが苦手なシーズーちゃんだよ。僕も乗りたいな。

Img_4058

人間の双子の坊やたちだよ。かわいいね。

僕は、ときどき休憩をしながら、セラピードッグのふれあいコーナーにも戻って、いろんな犬たちや子供たちと交流をしたよ。

楽しい一日だったよ!

きっと動画の方が、楽しさが伝わるよね。

帰りのバス停の待合所は、サイロの形だよ。                                                                                                                 

Img_4086

来年もまた、3人で来ようね。ああ、今日は楽しかった!
僕はバスの中で、キャリーに入って・・・疲れて眠ってしまったよ。

Pictureblogb16

最近のお散歩は、家のすぐ近くの馬場公園(元牧場)ばかりだよ。
何度か書いたけど、この公園はね、傾斜地に作られていた牧場の形をそのまま残しているから、丘陵地で遊んでいる気分になれるし、出入り口が6か所で周りがぐるりと柵で囲われているからわりと安全なんだ。

Img_4310

だからお昼過ぎの時間帯は、小さな子供が走り回っているよ。隣に遊具や砂場のある小さな公園がくっついているしね。夕方は少し大きな男の子たちが、野球の練習をしていることもあるよ。
冬は、子供用ミニスキー場になっているし、夕方は大きなお兄ちゃんたちがスノボの練習場にも使っているよ。

Img_4311

僕たち犬は、人間の子供たちと時間とか場所を分け合って、うまく利用しているんだ。
ちょっとしたドッグランよりも、はるかに大きな遊び場所といえそうなすてきな場所なんだもん。
わざわざ遠くから遊びにやってくるワンちゃんもいるし。
そんな場所が、僕のマンションの目と鼻の先にあるなんて、僕は幸せだなぁー。
でもさ、そのおかげというか?最近は遠くまでウォーキングに出かけることが少なくなったよ。
「少し運動不足気味かしら?」とママ。

昔は、この辺一帯が大きな馬場牧場だったみたいだよ。ここから数百メートル離れた場所に、馬場牧場の大きなサイロが一つ記念碑として残っているよ。

街の真ん中にこんなすてきな公園があるなんて、すごいよね。


Pictureblogb86



馬場公園でいつもの仲間と集っている動画から始めるね。

公園ではボール遊びやかけっこもするけど、どちらかというとのんびりと歩きまわっていることが多いんだ。だから、ママたちにとっては、ほとんど運動にはならないかな。



公園で仲間が集まるとね、ときどきこんな団子状態になるんだ。

Img_3869

僕とコッカーのピース君がくっついているのは、エリンちゃん。

Img_3873_2

エリンちゃんは、まだ2才なのに、もうお母さんになったんだよ。

Img_3872

「私は、盲導犬用繁殖犬なのよ。赤ちゃんは全員、生後少し経つとパピーになって、私のもとを離れるのよ。そしてやがて、立派な盲導犬となるのよ」
エリンちゃんは、すばらしいお仕事をしているんだね。

赤ちゃんだった子が、どんどん成長をするのを見るのも楽しいね。

パグのアポちゃんは、まだまだ7か月の小さな子供。
ゴールデンの麦チョコちゃんの尻尾で遊んでいたよ。



野生のライオンのお父さんが、自分の尻尾で子供たちを遊ばせているのも見たことがあるよ。



Illust4572_thumb

あのね、仲よし犬同士のくっつき合いは、しばしばあるんだよ。

Img_3944

Mダックスのドンキー君と、トイプーのラビ君と、僕。
へへへ…一直線にならんじゃったよ。よくこんな光景になるんだ。

Img_3948

ラブの麦チョコ君とコッカーのピース君と、ウエスティのミルクちゃん。
犬見知りがひどかったミルクちゃんが、こんなに近寄っても平気だ。

Img_3955

「ミルクちゃん!すごい進歩だね。他の犬にも吠えくなったね」
「ふふふ・・・年下のショパン君にほめられると、照れるわ」

Img_3957


公園の丘陵地の上に集まって、毎日のさようならの小さな儀式。


Illust4572_thumb

「やあ、こんにちは!僕はMシュナウザーのシュー君さ。5才だよ」

Img_3813

「えっ?シュー君って、お耳が立派だし、僕の親友のミルクちゃんそっくりだよ。ミルクちゃんはウエスティなんだけど・・・」

Img_3811

「僕はね、お耳が立派なので、子供の頃はよくウサギさんと間違えられたんだ」

Img_3817

「ふーん。でもさ、本当にシュナウザーなの?」
「ペットショップでホワイトシュナウザーとして、僕を売っていたんだ」

それにしても、ミルクちゃんそっくりだなぁー

Illust4572_thumb

僕は、誰とでもお友だちになれるので、たくさんワン友がいるんだけど、Mダックスとトイプーのお友だちが、一番多いかな。
それぞれペット犬の中でも、トップ級の人気犬種なんだよね。

両方とも一見すると顔立ちがよく似ているので、近頃めっきり記憶力の衰えているママは「ええと、この子は誰だっけ?」なんて迷っていることが時々あるよ。
いつも会う子は区別がつくんだけど、たまにしか会わない子はね。
一緒にお散歩しているママの姿をみて、判断することもあるみたい。

でね、今日はその犬種別に、ワン友のことを書いてみようかな?
Picturefr4
モモちゃん(9才)は、ちょっと犬見知りがあるんだ。

Img_3786

最初は、ワンワン吠えられたけど、最近はほとんど吠えないね。
吠えたら、せっかくの美人のお顔が台無しだもの!

Illust4572_thumb


「やあ、チップ君だぁ!久しぶりだね。お目目の方は大丈夫?」

Img_3829

「お仕事のせいで、しばらく札幌を離れていたのよ」と、チップちゃんのママ。
「どおりで、しばらくお顔を見なかったんだね」

Img_3834

チップ君のママが心配そうに・・・
「チップの目が前より悪くなっているので、今どのくらい見えているのか?ほとんど見えていないのかよくわからないのよ」

Img_3838

「チップ君は、けっこう見えているみたいだよ。だってね、僕の方へ正確に走ってきてくれるよ」

チップ君とふたりのところに、トイプーのハッピー君もやってきたよ。
3人で遊んでいる動画をみると、チップ君のお目目がまだだいぶ見えているのがわかるね。



チップ君のお目目が、どうか、これ以上悪くなりませんように!


Illust4572_thumb

Img_4141

プヨプヨ君(青の水玉)と、コロコロ君(黄色の水玉)も、馬場公園が好きみたいだね。

Img_4145

お名前がユニークだし、ふたりともユニークな毛色を持ってるよ。

ちょうどそこにやってきたのも、やはりMダックス君だよ。

Img_4147

ドンキー君11才なんだ。

Img_4148

ちょっと体が重そうで、のんびりのんびりと歩いているよ。

Img_3947


Illust4572_thumb

黒いつやつやした毛並みは、品が良くてすてきだね。

Img_4271

左側がココちゃんで9才のレディ。
右側はキング君は12才の紳士。ふたりは仲良しだよ。

Img_4274

でもね、ふたりはとってもよく似ていて、僕のママは首輪の色で区別しているみたいだよ。

Illust4572_thumb

あともうひとり、ララちゃん2才と友だちになったよ。

Img_4103

「初めてかな?僕はショパンだよ」

Img_4107

Picturefr_4

トイプーのお友だちも多いな。毎日のように公園で一緒に遊ぶのはハッピー君だよ。

Img_3729

1才の若いハッピー君は、柔らかな茶色の毛で足が長いんだ。
こうしてみると、僕はたしかに足が短いなぁー。

Img_3724

僕の遊ぶ所にいつもついてくるよ。大好きな男の子だよ。

Illust4572_thumb

ちょっと犬見知りがあるモコちゃんは、2才の女の子。
地下鉄一駅先から、ママちゃんと歩いて馬場公園にきたんだよ。

Img_4154

「モコちゃん、遊ぼうよ」と誘ってみたよ。

Img_4156s

なかなか遊ぶ気になれないみたいだよ。
それで僕のママが、僕のお気に入りのリンゴボールをモカちゃんに貸してあげたんだ。
そうしたらねモカちゃんが、急に元気になったんだ。
ハッピー君もやってきて、一緒に遊んだよ。

でもさ、僕も急に、そのボールで遊びたくなったんだ。
でね・・・動画に僕のヒーヒー泣いている声が入っちゃったみたい。
後ではずかしくなっちゃったよ。

Illust4572_thumb

トイプーの可愛い女の子のことも忘れずに書かなくちゃー。

Img_4348

前回も書いたけど、ココちゃんは1才の元気な女の子だよ。

Img_4352

とっても可愛いボタン目だね。

Img_4355

「今度、馬場公園デビューをするわ。たくさんワンちゃんが集まるんですってね。
ふふふ・・・楽しみ楽しみ。ショパン君、たくさんのワン友を紹介してね」

「オッケー!ココちゃんはかわいいから、すぐ人気者になるよ」




Illust4572_thumb

Picturefr_2
この頃ね、僕と同じシーズー犬がよく公園に遊びに来てくれるよ。
なんだかわくわくしちゃうよ。

Img_3842

グレィシーちゃんは、1才の女の子だよ。
僕より、一回り小さくて可愛いよ。

Img_3846

ちょっと犬見知りなんだ。
あまりほかの犬と遊んだことがないらしいよ。

Img_3865

バイバイ・・・またね。お友だちができるといいね。

Illust4572_thumb

その次に、今度は大先輩のシーズー犬にも出会ったよ。

Img_4204

チャボ君13才だよ。お目目が白内障で、よく見えないんだって。

Img_4206

クンクンクン・・・君の臭いをおぼえてくれたみたいだね。

Img_4214

「ショパン君!また会いたいね」
「馬場公園に遊びに来たら会えるよ。僕は、毎日来ているよ」

Img_4218s

「近いうちにまた会おうね」「体に気をつけてね」

Illust4572_thumb

一番最近お友だちになったのは、僕と同じ3才の男の子だよ。

Img_4284

翔太くんはね、最初ママちゃんに抱っこされていたんだ。
「うちの子は犬が苦手で吠えますから、あまり近づかないでくださいね」と、翔太君のお母さん。

Img_4286

「吠えられてもこの子は平気ですよ。それにこの子は、どんな子とでもお友だちになれるみたいなのです。大丈夫ですよ」

Img_4287

パパに抱っこされて僕がゆっくり翔太君に近づくと、翔太君はおびえた目をしたけれども、全然吠えなかったよ。

そうしたら・・・翔太君のママがびっくりしていたよ。
「まあ、本当だわ。翔太が全く吠えないわ」

Img_4294

この日から、僕と翔太君は友だちになったんだ。うふふ・・・
翔太君にとっての友だち第一号なんだって!
じつはね、翔太君は週末はパパとママと過ごしているけど、それ以外はおばあちゃんのお家で過ごしているんだって。
パパとママがお仕事を持っているせいなんだって。

Img_4319

そして、3連休の間、僕たちは毎日会ったんだ。

僕の親友のトイプーのハッピー君も、翔太君と一緒に遊んだよ。

Img_4323

遊んだといっても、ハッピー君は遊んでいるつもりでも、翔太君の方はまだ少し怖くて逃げ腰だったよ。

Img_4327

わかるかな?ハッピー君が翔太君のおしりの臭いをかいでいるんだけど、翔太君は怖くてお母さんにピッタリとくっついているよ。
「翔太君!頭隠して尻隠さずだね」

でもね、翔太君はハッピー君には吠えなかったよ。

Img_4329

3日目には、翔太君は僕と一緒に居る時は尻尾が下がらなくなったよ。
ハッピー君と一緒の時は、まだ尻尾がさがっているけど。

Img_4333

今翔太君は、おばあちゃんのお家で、家族専用の癒し犬?をやっているよ。
週末になったら、また遊ぼうね。
またお家まで送って行ってあげるよ。

「ショパン!翔太君の友だち作りに協力しましょうね。楽しみね」
翔太君なら、たくさんの友達ができるよ。頑張ろうね。

Illust4572_thumb

ヨーキーのかわいい女の子がね、公園デビューしたよ。

Img_4237 

ピックちゃんって言うんだ。まだ1才になったばかり。

「先代の犬と同じ名前にしたの」と、ピックちゃんのママちゃん。
「まだ他の犬と遊ばせたことがないのよ。今日が初めてなの」

Img_4239

ピックちゃんのママちゃんは、不安そうなお顔をしていたよ。

Img_4254

「おばちゃん!大丈夫だよ。僕ね、ピックちゃんを脅かさないよ」
でね、僕はピックちゃんと一緒に、ゆっくりお散歩したんだ。

Img_4253

「ピックちゃん、トイプーのラビお兄ちゃんだよ」

Img_4257

「やあ、ラビ君!心臓の方は大丈夫?」

Img_4261

ピックくんは、すっかり公園の雰囲気にも僕にも慣れたよ。
ピックちゃんのママちゃんも、ホッとしたお顔をしていたよ。

ピックちゃんは、トイプーのハッピー君とも仲よしになって、今は3人で転げまわって遊んでいるよ。

Img_4377

でね、遊び過ぎてお洋服もリードも外れちゃったよ。
先代ヨーキー犬の洋服は、まだ少し大きすぎるんだね。
お洋服全部、ママちゃんの手作りなんだって。

Illust4572_thumb

パピヨンのロッキー君にまた会ったよ。2回目だね。

Img_4314

「やぁーロッキー君こんにちは!」
ロッキー君は、僕のこと憶えてくれたよ。

Img_4313

トイプーのハッピーちゃんのことは、すぐに好きになってくれたよ。
ロッキーちゃん、よかったね。

5才になって、はじめてお友だちができたんだね。
最初が僕で、次にハッピー君で・・そして、きっとたくさんできるよ。
ペットショップの人は「パピヨンはお散歩させる必要がないって」言っていたんだって。
でもお散歩しないと、お友だちができないし・・・。
友だちなしの毎日なんて、僕には想像も出来ないや。

どうしてペットショップの人たちは、嘘をついてまでペットを売ろうとするんだろうね。毎日のお散歩がほとんど必要のない犬なんて、いないのにさ!
ほかのワンちゃんのママちゃんたちも、その話を聞いて憤慨していたよ。

Illust4572_thumb

久しぶりにピンシャーのくるみちゃんに会ったよ。

Img_4188

「くるみちゃんは、前ほどはお転婆さんじゃなくなったね」

Img_4192

「ショパン君!お転婆なんてひどいわ。私たちピンシャーの犬種は、とりわけ活動性が高いのよ。この手足の鹿のようなしなやかさを、よく見てよ」

Img_4198

「ショパン君は、お家の中ではどこでも自由に動けるのよね」
「えっ、くるみちゃんはそうじゃないの?」
「私は、元気すぎて家の中をグチャグチャにするからって、室内ではいつもケージの中で過ごすの・・・お兄ちゃんのピンシャーも、別のケージなの・・・さびしいわ」

Img_4169

僕は、くるみちゃんの話を聞いて・・・何も答えられなかったよ。
「くるみちゃんとお兄ちゃんが遊ぶと、赤ちゃんが生まれる可能性があるので、ふたり一緒にお部屋で遊ぶわけにはいかないのよ」って、あとでママに聞いたよ。

僕はお家の中では、ソファーに寝転がったり、パパとボール投げしたりぬいぐるみと遊んだり、ともかく何でも好きなことができるんだ。
ときどき・・・僕って、人間の子供みたいだなぁ?って思うよ。

もちろん夜も、パパとママの寝室にある僕のベットに寝ているし。
でもたいていの室内飼いのワンちゃんは、こんな生活だよね。

しあわせだなぁー

Pictureblogc17

いよいよ芸術の秋だぁー。僕も何かしようかな?
だってね、世の中には、ピアノが弾けるすごい子がいるんだよ。

すごいでしょう?
でもね、僕はピアノの音が怖いんだ。せっかくショパンという名前を、音楽大好きのパパとママがつけてくれたのにね。
そんなパパとママも、最近は楽器に全然さわっていないよ。
「いい音が出ないし、もう諦めたんだ・・・」

さて僕は、芸術の秋に何をしようかな?
絵を書くゾウさんもいるけど、僕には絵はむりかな?

みんなは、芸術の秋に何をするのかな?

芸術について考えてたら・・・眠くなっちゃったよ。

Img_4336s

ひと眠りしてから、考えようっと・・・!
僕は、芸術家にはなれそうにないなぁー

|

« 76)秋の気配はどこかへ? | トップページ | 78)ママは反省の秋、パパは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 76)秋の気配はどこかへ? | トップページ | 78)ママは反省の秋、パパは »