« 77)やっと秋が戻ってきたね | トップページ | 79)今年は冬も超特急だよぉ »

2012年11月16日 (金)

78)ママは反省の秋、パパは

僕はショパン。

ええとさ、パパも言っていたけどさ、ママのブログって長すぎだよ。
もっと短くて面白く魅力的な内容に出来ないの?
更新もね、もっとまめにしたら?

Img_4519

ママったら、困った顔をしていたよ。

「うーん、わかっているのよ。でもね、平凡な日々を送っていると、あまり書くことがないのよ。でね、ついついまとめてね・・・」

それにね、最近のママは、ミスやドジが多くて落ち込み気味。
「反省の秋になりそうだわ」と、しょんぼりとしているママ。
そしてママは、落ち込むとすぐに体調を崩しやすくなるんだ・・・。

そのせいもあって、ブログの更新がますます遅くなるよぉー。
ママ!今年は9月まで夏が居座っていたから、秋がすごーく短かくて、もうすぐ雪が降るらしいよ。
  ママ!もう冬だよぉー

 Pictureboge86

さてと、話は10月の紅葉真っ盛りに戻してとー
一方、パパはね、芸術の秋をスタートさせたんだ。

Img_4468

若い頃にやっていたクラシックギターのレッスンを、再開したんだ。

「アルハンブラの思い出やら、スペインのギター名曲を弾きたくなったんだよ」

Img_4467

「でもね、パパが得意なのは、オーボエとかフルートとかブロックフレーテとかなんでしょう?」
「じつは、いろいろ限界を感じて楽器を全部処分してしまったんだ」

「ギターの音って、深くて渋くて僕は好きになったよ」
と、僕が言うとパパはとってもうれしそうな顔をしたよ。

Img_4473

「ショパンも弾いてみない?」
パパが僕の指で、ギターの弦をそっとつま弾いてくれたよ。
ボロン ボロン・・・

ひぇー、僕でもギターが弾けたよ!すごいなー。
僕はピアノの音は苦手だけど、ギターの音は好きになったよ。

「ショパンじゃなくて、ソル(スペインギターの作曲家)にした方がよかったみたいね」
ママが苦笑いをしていたよ。

Pictureblogd61 


このギターは、ママがクラシックギターのレッスンを受けていた時に、清水の舞台から飛び降りるつもりで買った手工品なんだって。
中出俊彦さんという日本のギターの名工が作ったものらしいよ。

でもさ、ギターのレッスンのレベルが上がるとついていけなくなって、ママはこのギターを主にフォークギターとして使っていたらしいよ。
「ふふふ・・・歌が大好きなので、もっぱら弾き語りをしたのよ」

そして気の多いママは、その後別の楽器のレッスンを始めたんだ。

ギターさんよかったね。やっと本来の美しい音で歌うことができるね。

Img_4469

それにしても、パパは努力家だから、毎日基礎的な練習をびっしりしているんだ。
「どんなものもすべて、基本をマスターしなくてはいけないんだよ」

僕は、美しい曲を早く弾いてもらいたいんだけど・・・
あああぁー 
「ショパン!あくびをするなら、あっちへ行ってよ」と、パパ。


Pictureboge88




さてと・・・
北海道の秋は、超特急でやってきてあっという間に紅葉して。

Img_4536

でもね強風が吹いて、すぐに散り始めたよ。

Img_4588

道路に舞い散る落ち葉は風情があるけど、お掃除が大変そう。

Img_4593

ママは、子供のころから紅葉の季節が大好き。
「なんてすてきな色合いなのかしら?」と、うっとりするママ。
僕は、落ち葉を踏みしめて歩くのが好き。
カサコソカサコソ・・・とってもいい音がするんだもん。

Img_4605

イチョウの葉の下には、銀杏の実が隠れているらしいね。
他にも何か宝物が隠れていそうだよ。クンクンクン・・・

「ショパン!何かにおったら、ここ掘れワンワンって教えてね」

Illust4258_thumb

お月さま!僕のママは、ドジだし発想が子供っぽいし、僕としては恥ずかしいよ。
どうしたら、もっとましになれるのかなぁ?

えっ「いまさらもう無理だよ!」だって?


Pictureblogd29

Picturefr1 
この施設は、2カ月毎に訪問しているよ。
セラピー犬がもっと増えたら、毎月訪問できるのに。

でもね、10月のセラピー犬適性検査があって、仲間がずいぶん増えたよ。
もっともっと、増えてほしいな。

Img_4356

会場にたくさんの入所者さんが車椅子で集まるのを待っている時間が、僕たちセラピー犬同士の社交時間だよ。

Img_4358

ヨーキーのエレファちゃん1才は無事合格して正式のメンバーだ。

Img_4360

そして、同じ1才のチワワのルカちゃんも、正式のメンバーだよ。
ふたりとも、まだ若いのにお利口さんなんだね。

Img_4361

トイプーの大助君は、セラピー活動前にのびのびーと一休み。
大ちゃんはナメナメが大得意さ。僕はナメナメが苦手なんだけど。

さて・・・セラピーがスタートしたよ。

Img_4362

「よく来てくれたわね。また会えて、うれしいわ」
ふふふ・・・そう言われると本当にうれしいな。

Img_4368

やさしく抱っこされると、本当に幸せな気持ちになるよ。

Img_4366

言い忘れたけど・・・大ちゃんとルカちゃんは兄弟犬なんだ。

Img_4371

ベテランのヨーキーのくるみちゃんは、相変わらず美しいね。

Img_4372

わぁーくるみちゃんは三人がかりで、大歓迎されているよぉー!

Img_4364

チワワの瓜ちゃんも、すっかりセラピー犬らしくなったね。

こんなに歓迎されるのなら、もっとここに来てあげたいけど。
はやくたくさん仲間が増えるといいなぁー!
Picturefr3

この病院は、毎月訪問しているから、入院患者さんとも顔なじみ。

Img_4447

僕も患者さんも一緒に笑顔だよ。

Img_4444

僕と同じシーズーのウィル君だよ。
とってもやさしくておとなしい男の子なんだ。
今ね、ドッグダンスのレッスンを受けているんだよ。すごいなぁ!

Img_4446

ゴールデンのローズちゃんは、そっと患者さんに寄り添っているね。

Img_4450

とね・・・こんな風に、セラピーは続いたんだ。

Picturefr2

今月のトトロの森は、見学者が4人もいて、少し賑やかだったよ。

酪農学園大学の先生と、学生さんたち3人だよ。学生さんは、動物看護師さんの卵なんだって。若くて美人揃いで、ドキドキしちゃったよ。

Img_4409

このグループホームは、大家族のお家を訪問しているみたいで、いつもリラックスするよ。
この日は、先月におこなわれたグループホームの大きなイベントの映像を見ることから始まったよ。
http://plaza.rakuten.co.jp/suruno/diary/201209180000/

認知症の方、家族の方、仲間の方々が、たすきをつないで東日本を縦断するイベントなんだよ。札幌~函館、盛岡~福島、いわき~町田と3回に分けて縦断が実行されるということで、トトロの森からも数名の方が車椅子と歩きで参加したんだよ。そして今年は、なんとセラピー犬の会からも4名(そのうち2名は、セラピー犬)参加したんだ。

Illust3527_thumb

これはね、たとえ認知症になっても、健康な人と同じように自分の人生を楽しめる社会を作りたいという願いのもとに行われたんだよ。

Illust3768_thumb

「最近記憶力の低下著しいママだって、いつ認知症になるかわからないのよ。認知症の人たちが幸せに生きられる社会は、思いやりのあるあたたかな社会よ。すべての人にとっても、人生を豊かに暖かく生きられる社会ということなのね」

ママは現役でお仕事をしていた頃、心の病気や、重度心身疾患の子供たちと接する機会が多かったらしいので、余計にこのテーマに心惹かれるみたいだよ。
「最近は、他人に無関心になっているし、自分だけよければいいという人も多いし・・・」

さてと・・・ママの愚痴はさておき、テレビでタスキリレーの映像をみんなで見た後は、いよいよセラピー活動スタート。

Img_4410

僕は抱きしめられて、キスされて、大歓迎を受けちゃったよ。
みんなの前で、ちょっと恥ずかしかったな!

Img_4412

「ショパンちゃん・・・・・・・・・ミーちゃん、ミーちゃん!」
(ミーちゃんって、僕のことらしいよ)

Img_4423

あのね、僕を抱っこして下さっている「みねさん」は百才なんだよ。
もっともっと長生きしてね。

この日は、バセンジーのクルミちゃんが大活躍。

Img_4416

バセンジーは、もともとは央アフリカ原産だとか。
熱帯地方の暑さに適応するために、毛が短かいんだって。
ピンと立った耳は、音で獲物を探し出したり、熱を拡散するためらしいよ。

Img_4422

「クルミちゃん・・・・・・・ミーちゃん、ミーちゃん」

ふふふ・・・クルミちゃんも、やっぱりミーちゃんになっちゃった!
この方は目が不自由なせいもあって、誰でもミーちゃんになるよ。

Img_4426


この日、とってもうれしかったことは・・・

Img_4417

この方が、少し笑って下さったことなんだ。
初めて出会った頃は、しかめっ面をされてしまったんだけど・・。

Img_4414

この日はね、僕をやさしくナデナデして下さったよ。
ご病気が少し良くなったのかな?

Img_4424

そうそう書き忘れたけど・・・この日は一階と二階に二頭ずつ分かれてセラピーをしたんだ。

見学の先生と学生さんは、とても満足そうな表情をされていたよ。


Pictureblogb16

最近は、若いワン友がだいぶ増えたよ。

「ワンちゃんは、寿命が短いから世代交代も早いのね」

世代交代って?二世とか三世とか?

Img_4387

アポちゃんのママは、パグちゃんをひとり天国に送っているんだ。

Img_4388

「もう犬は飼わないと決めていたのに、娘が買ってきたのよ」
でね、今はアポちゃんが可愛くてたまらないみたいだよ。

Img_4398

兄貴分の僕から見ても、パグちゃんは元気いっぱいでかわいいな。

ヨーキーのピックちゃんは、お散歩デビューして1ヵ月。
もうすっかり誰とでも仲良くできるよ。

Img_4394

ピックちゃんが教えてくれたよ。
「私のママね、以前、私と同じヨーキーの男の子を飼っていたのよ。
その子は今は、天国にいるんですって」

「それで、ピックちゃんのお洋服はどれも大きめなんだね」
「もう少ししたら、きっとぴったりサイズになるわ」

Img_4563

ピックちゃんのお洋服は、すべてママちゃんの手作りなんだ。
だから、ママちゃんの愛情がいっぱい詰まっているんだね。
「寒くなってきたら、ママちゃんが四足分の靴下を編んでくれたの」

Img_4567

「ピックちゃんは、つまりヨーキー二世ってことなのかな?」

Img_4569

「二世って?」と、ピックちゃんは不思議そうな顔をしていたよ。

最近ピックちゃんに会えないけど・・・。
「ピックちゃんは、手術をした(赤ちゃんができないようにと)はずなので、今はきっと安静中なのかも」とママ。

早くまた遊ぼうよぉー。

Illust2705_thumb

ところでね「僕の二世もいつかできるの?」ってママに聞いたんだ。
そうしたら、ママはちょっと困った悲しそうな顔をして言ったよ。
「ショパンの二世は、たぶん現れないでしょうね。
だってね、ショパンみたいにハンサムで、お利口さんで、素直ないい子なんてふたりといないもの」
へぇー僕ってそんなにいい子かな?へへへ・・・


Illust4572_thumb

さてと、ワン友の話を続けるね。
柴犬のそら君2才は、馬場公園では新米かな?

Img_4167_2

とてもやさしい2才の男の子だよ。
「とてもいい子ね。セラピー犬にならないかしら?」とママ。

Img_4169

ママはね、なんとかセラピー犬をもう少し増やしたいんだ。
「セラピー犬が増えたら、もっとたくさんの人たちを癒してあげられるでしょう?」


Illust4572_thumb

散歩道では、次から次へとワン友に会えるラッキーな日もあるよ。

さいきん散歩道でよく会うのは、ビーグルのベルちゃんだよ。

Img_4478

いつもやさしそうなお母ちゃんと一緒に、お散歩しているんだ。

Img_4481

「私ね、ちょっと太り過ぎなので、お洋服がぴちぴちなのよ。
やせるのって、なかなか大変よね」

「お気に入りのお洋服の脇のところが、一部裂けてしまったの。何か直すいい方法はないかしら?」とベルちゃんのお母さんに相談されたママは「100円ショップで可愛いアップリケを売っているので、それを貼り付けたらどうかしら?」

数日後、ベルちゃんに出会ったら、グレーのお洋服の脇のところに、可愛い星のアップリケがついていたよ。

Img_4483

「あれっ、あちらから誰か来るよ」「誰かな?」

Img_4495

「やあ、ショパン君!久しぶりだね」

Img_4487

シーズーの先輩犬コロ君だったよ。
堂々とした体格のコロ君は、体重も僕の2倍近くあるんだ。

Img_4493

コロ君とさようならしたら・・・

Img_4499

トイプーのノナ君(1才?)と会ったんだ。

Img_4501

ノナ君は、本当に元気いっぱいだよ。
すごくかわいいお顔なんだけど、全身黒い毛だと小さめの黒いお目目が隠れてしまって、写真だとすごく損をしちゃうね。

「ノナ君、さようなら。また遊ぼうね」

そうしたら、また別のお友だちに出会ったんだ。

Img_4504

チワワの姫ちゃん2才だよ。
犬見知りは治ったかな?

Img_4505

吠えられなかったけど・・・やっぱり少し離れていないとダメだね。

この日は、たくさんワン友に会うなぁーと思っていたら、

Img_4506

最後にシュナウザーのチョコ君だぁ。
チョコ君も、ちょっと気が弱くて、あまりワン友がいないらしいよ。

友だちって、何物にも代えがたい宝物みたいなものなのにね。

Illust3987_thumb

それにしても、今日はラッキーな日だったな!


Illust4572_thumb

いつもの遊び仲間たちの姿も・・・そろそろ秋冬服に変わったよ。
厳寒用のコート姿になる前の今が、ワン友たちのオシャレが光る時期だね。

Img_4508

でもね、ナナちゃんと風君のペキニーズの姉弟は、ふわふわの分厚い毛があるから、よっぽど寒くならないとお洋服は必要ないみたい。

Img_4509

ケアンテリアのビッチ君は、黄色のお洋服がよく似合っているね。

Img_4431

でもビッチ君は、このストライプのお洋服もよく似合っているね。

Img_4512

フレンチブルドッグのまる子ちゃんは、ショッキングピンクのお洋服がぴったり。まるこちゃんはいつも公園中をダイナミックなスピーディな動きで、走り回っているんだもん。
僕は到底ついていけないよ。

Img_4598s

これはまた別の日の、まるこちゃんとビッチ君だよ。
僕たち犬だって、お洋服が変わると、ずいぶん印象も変わるね。

Img_4278

アメリカンコッカーのピース君のお洋服姿、初めて見たよ。
あざやかな紫色が、元気いっぱいのピース君にピッタリだね。

Img_4523

キャバリアのニモ君も、白と黒のシックなお洋服だね。

Img_4531

ニモ君は、前よりすこしだけ犬見知りじゃなくなっているね。
よかったね。

Img_4568_2

チワワのチロルちゃんも、暖かそうなお洋服を着ているね。

チロルちゃんも、少しずつ犬見知りが治っているし、うれしいね。
でも・・・あせらずに、ゆっくりとやっていこうね。

Img_4624

ブルーのジャージーを着ているのは、Mダックスのジュニア君。
13歳とは思えないパワーで、この小山をぐいぐい登るんだ。

Img_4622

ジュニア君はすごいな!
道を歩く時も、すごーく早足なんだよ。
鍛えれば、誰でもこんなに元気になれるのかな?

Illust4572_thumb

仲よしのウエスティのミルクちゃん11才に、久しぶりに会ったよ。

Img_4625

ミルクちゃんのピンクのお洋服は、ママちゃんの手作りなんだよ。
なかなか可愛いね。

この日は二人で走ったり、他のワン友と遊んだりしたんだ。

Img_4630

僕とミルクちゃんは、姉弟みたいに仲良しだよ。
「一年前に、ミルクちゃんが僕のことを吠え続けたなんで嘘みたいだね」
「ふふふ・・・許してね。あの頃私は、すべての犬が怖かったの」

Img_4628

ミルクちゃんは、ここに集まっているワン友とは仲良しだよ。

Img_4627

「ショパン君!わたし10才になるまで、よくワン友なしでいられたと思うわ。今は、ワン友と会うのが楽しみになっているのよ」

Img_4629

ミルクちゃんが、僕の次に友だちになったのが、トイプーのラビちゃんだったかな。

ミルクちゃん、もっとワン友を増やそうね。吠えちゃだめだよ。

Illust4572_thumb

最後に、先日東札幌病院にセラピー活動で行った帰りにできたワン友のことを書くね。

Img_4615

僕と同じ3才のシーズーの男の子だよ。

Img_4617

一目で、お互いに気が合うことが分かったんだ。

Img_4619

「君っていい奴だね」「君こそ!」
ユースケ君って言うんだ。

Img_4617

「ねぇーユースケ君!君もセラピー犬にならない?」
つい僕も、ママみたいに言っちゃったよ。へへへ・・・

「じゃあ、さようなら!また会いたいなぁー」「僕もさ」

Pictureboge87

ここ1週間ほどの間に、世界や日本で、いっぱい変化があったみたいだね。
僕たち犬にだって、その変化は感じられるよ。

いろんな国のトップが変わったり、大事な人が天国に行ってしまったり・・・。
日本という国も、ちょっと壊れかけている?

テレビのニュースをパパやママたちと見ていると、いろんなことがわかるよ。
でも、日本は世界はこれから先、どんな風に変わっていくのかな?

僕たち動物たちや、弱者にとってもっともっと住みやすい世の中になってほしいな。

|

« 77)やっと秋が戻ってきたね | トップページ | 79)今年は冬も超特急だよぉ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 77)やっと秋が戻ってきたね | トップページ | 79)今年は冬も超特急だよぉ »