« 82)もうすぐ4才、大人かな | トップページ | 84)ニャンコの日に僕は4才 »

2013年2月12日 (火)

83)雪国の犬と、雪まつりと

僕はショパン!

Img_5668

このところ、札幌でよく雪が降るよ。
でもね、吹雪の時でも僕はお外に出るんだ。
だってね、オシッコはお部屋のトイレでできるけど、○○ピーはね、お外じゃないと嫌なんだもん。

春なんてね、新緑の爽やかな香りを嗅ぎながらが最高さ。
夏は、いっせいに咲き乱れる花々を眺めながら・・・
秋は、色あざやかな落葉の上をカサコソ・・・歩きながら
ああーなんて贅沢なんだろう。

冬はちょっと寒いけど・・・でも純白のじゅうたんに・・・ね!

Img_5607

地下鉄に続くサイクリングリードを、お散歩していて・・・ええっsign02
僕の前を歩いていた若い女性のお靴を見て、びっくりしたよ。

Img_5612

だって雪道なのに、普通のヒールのお靴を履いているんだもん。
アイスバーンでも平気で歩けるのかな?

もしかして?地下鉄を降りてオフィスまではロードヒーティングをしてあるから、平気ということなのかな?それにしても?
僕もママもびっくりして、ただただ、お靴をじっと眺めていたよ。

Img_5619

でもね、札幌に暮らす若い女性たちは、東京と同じタイプのヒールが細くて高いブーツを履いていたりするよ。
ママは目を丸くして「よく転ばないのね!びっくり!」と。
スノーブーツにさらに滑り止めをつけて、へっぴり腰で歩くママは、脚と腰の筋肉痛に悩まされているんだよ。

Pictureblogb41

それからね、冬の雪国で驚いたことがあるよ。

Img_5617

上の写真はね、マンションの工事現場なんだけど。
なんと真冬の寒さの中で、しかも雪の降る中で・・・工事中なんだ。

よくみると、建築現場はすべて頑丈な耐水布の壁がおおっていて、さらに天井もついているんだよ。
この中でトントン・・・と音がしているんだけど。
真冬の工事なんて、大丈夫なのかな?でも、プロだもんね。

ちなみにこのマンションは、僕の住むマンションと同じ系列なんだ。

Img_5604

北国に住む人びとって、いろいろ工夫をして冬を克服しているね。


Blogpicturef3


数日前、ひどい吹雪の日があったよ。

Img_5648 

写真の一部が霧でぼんやりとしているように見えるでしょう?
これはこまかい雪が強風で飛ばされて、吹雪になっているんだ。
日中でも、車はライトをつけているよ。

Img_5650

でも、写真で吹雪のすごさを伝えるのは難しいね。

この日のトイレタイムは、サイクリングロードのトンネルの中だよ。
ママが傘をさして、僕を抱っこして連れて行ってくれたんだ。

Img_5634

わぁートンネルの前は、雪が渦のように吹きまくっているよ。
遠くを歩いている人が、ぼんやりと見えるよ。

トンネルの入り口近くまで、吹雪が入り込んでくるよぉー



ひぇー冷たいよぉー 早くトンネルの奥の方へ行こうっと!

Img_5626

吹雪いた日や、嵐の日は、トンネルの中が安全だよ。

このトンネルは僕のお家の前の道路の下を横切っているんだ。
つまり、僕のお家はこのトンネルの斜め上になるんだね。

さあてと、トイレをすませたら早くお家に帰ろうっと!
ママ、また抱っこしてね。

Img_5645

僕みたいな小さいものは、吹雪で飛ばされちゃうね。

Img_5647

ひぇー、また大きなひと吹きがやってきたよぉー coldsweats02 coldsweats02

傘の中にまで、雪が吹き込んできたよ!
僕の髪とフードの毛が逆立っているよ。お口もつめたいよぉー!

Img_5652

「お天気の悪い時には、お部屋トイレを使ってくれるといいのに」

でもね、僕はどんなにお天気が悪くても、やっぱりお外がいいよぉ。

Img_5623

寒いお外からお家に帰ってきて、足湯をしてあたたまり・・・
廊下で、ひとしきり、りんごちゃんと追いかけっこをして・・・
大好きな羊さんのムートンのクッションにお座りして、やっとホッとするんだ。
りんごちゃんも一緒だよ。

お気に入りのふわふわフリースの毛布も肩にかけてーと。
床暖房って、ほんわかと暖かくて気持ちいいなぁー。

Img_5792

そこに仲良しゴリラさん(元スリッパ)がいれば、もう言うことなしさ!

Img_5785

僕のこのポーズは「僕は今、とってもしあわせlovely」のジェスチャー。

Img_5795

ほかのものじゃダメなんだ。このゴリラさんがいいんだ。

Img_5799

でも・・・ゴリラさんをかじっていると・・・

Img_5802

だんだん・・・眠くなるんだ・・・しあわせすぎるからかな・・・

Img_5808

ああ・・・もうダメ・・・ムニャ ムニャ・・・スースー

Img_5791

えへへ・・・ひと眠りしちゃったよ。

ゴリラさんとは、赤ちゃんの頃からの付き合いなんだ。
ゴリラさんはね、ママたちが札幌に引っ越してきた時に、一緒に持ってきたアニマルスリッパなんだ。
なぜゴリラのスリッパがあるのって?
それは、ママが大の類人猿好きだからなんだって。

でもボロボロだし変形しすぎて、気味の悪いお化けみたいだって?

ゴリラさんごめんね。本当はもっときれいなお顔だったのにね。

20091014101009

これは僕が生後7カ月の頃の、ゴリラさんの本当の姿だよ。
僕も若いけど、ゴリラさんもちゃんと原形をとどめているよ。

この時僕は、お耳を食べてしまったピンクのウサギさんを、背中におんぶしているね。
このウサギさんは、もう片方のお耳と4本のアンヨを食べたらね、子豚みたいに変身しちゃったよ。

幼い時、僕は何でもかじって食べてしまったんだ!ヘヘヘ

ママはね、同じゴリラさんスリッパを探しているらしいけど、見つからないんだって。

でもね、
僕は、汚れてボロボロでも今のゴリラさんが大好き!



Pictureblogd29


Picturefr5
2月9,10,11日の三連休の真中の日曜日が、訪問日だったよ。
いつも通りセラピー活動中は、写真を写しちゃいけないんだけど。

セラピー後に、裏口で仲間同士少しだけ、写真を写し合ったよ。

Img_5672_2 

Mダックスの蘭丸君と心春(ここあ)ちゃんのツーショット。
蘭丸君は14才の超ベテラン。心春ちゃんは3才の女の子。

Img_5674

「こんにちは!アトムちゃん、はじめましてだね」

Img_5676

「ショパン君!これからもよろしくね」
チワワのアトムちゃんは、1月で7才になったんだよ。

Img_5678

でね、あとでお家に帰ってセラピー犬会員名簿を見てびっくり!
Mダックスの心春ちゃんとね、お誕生日が一緒なんだよ!

Img_5682

ママちゃんに抱っこされたアトムちゃん、ちょっとおすまし顔?
また会いたいね!

Img_5685

ドレスアップしてきたカレンちゃんは、ちょっとお疲れかな?


Pictureblogd16

この日のセラピー活動中、僕は不思議な気持ちを味わったんだ。

一人の中年の男性患者さんに抱っこされた時・・・どうしてもお手手をナメナメしてあげたくなったんだよ。

どうしてかな?
僕は、セラピー中に誰かをナメナメしたことが一度もないのに。

その方は、やせて青白いお顔で、物静かでかすかに微笑んで・・・
そうだ、ママの大好きな広隆寺の弥勒菩薩半跏思惟像にどこか似ていたよ。

Miroku3
ママは、この菩薩像に会いに何度か京都に行っているらしいけど。

Miruku4

その方はね、お首のところに5円玉くらいの穴が開いていて声は出せなかったけど、ボディランゲージでいろいろママとお話ししていたんだ。
付き添いの看護婦さんも、少しお手伝いして下さったし。

前にシーズーを飼っていたんだって。
そしてね、僕と同じ毛色で、僕と同じ顔立ちだったみたいだよ。
だから僕の頭を、それはそれはやさしくナデナデして下さったよ。

パジャマから内出血の紫色になった肌が少し見えた時は、胸がキュンとなったよ。
人間語が話せない僕は、その方の心が直接伝わってきたんだ。

Illust4259_thumb

それで「好き好き」という犬語で、お手手をナメナメしたんだ。
なんだか、その方の愛犬の魂が僕に乗り移ったみたいなんだ。

ママも、それを感じて僕の好きなようにさせてくれたよ。
この日はセラピー犬が多かったので、ママは僕に気が済むまでずっとナメナメさせてくれたんだ。

「みなさん!そろそろ終わりのお時間です!」

僕とママは、出口のところでその方とさようならをしたよ。
なんだか、胸がいっぱいになったんだ。

Pictureblogd94


病院からの帰り、僕もママもなぜか少し悲しかったよ。
でも、その方に会えたことは、とってもうれしかったんだけど。
だって僕に会えたことを、その方は心から喜んでく下さったもの。

今、病室で僕のことを思い出して、微笑んでいて下さるかな?

この後ママとふたりで、大通り公園まで地下鉄で行ったよ。


snowsnowさぁー雪まつりだよ!snowsnowsnowsnowsnowsnowsnow

Img_5694

ひぇー、やっぱり連休は人が多いよぉー!

Img_5692

遠くに雪像が見えるけど、あそこまで行きつけるかな?

Img_5695

ああーいい匂いがするよぉー!
雪像へ行く道の両側は、食べ物の屋台がたくさん並んでいるよ。

Img_5696

おいしそうだなぁー!でも、ママが食べさせてくれるはずはないし。

Img_5699 

やっと屋台通りを過ぎて、雪像に近づいたよ!

それにしても、観光客が多いね。
僕はママに抱っこして貰っわないと、人に踏みつぶされそうだよ。

Img_5746 

なんとか、前まで来たよ。これは伊勢神話への旅という雪像だよ。

Img_5737

僕もちょっと記念写真をとりたいな!

Img_5744

ここで、ロシア人の美人母娘に出会ったよ。


Img_5753

流暢な日本語を話すロシア人の家族なんだ。
「根室に住んでいるのよ」と、年上のお姉ちゃんが話してくれたよ。

3人でのおしゃべりは、ロシア語なんだけど。
ロシア語の得意なパパがいれば、いろいろお話ができたのに!

「どうぞ、楽しんでいらしてくださいね」と、敬語でお姉ちゃんが。

Img_5730

車椅子の前側の小さな車の下に、黄色いそりがついているね。
これだと、雪道でも車いすがつかえるんだね。

さてと・・・次の雪像を見に行こうよ。

Img_5701

でも人が多いから、なかなか前に進めないね。

Img_5704

ああ、やっと次の雪像だよ。
これは、豊平館という建物なんだって。
1880年(明治13年)に高級西洋ホテルとして開拓使によって建造されたものなんだって。

あれっ、建物前のステージで、若い男の人たちが歌っているよ。
まるで怒鳴っているみたいに、大声で歌っているよぉー。

Img_5708

で、次は派手な衣装のミニスカートの女の子たちが歌い始めたよ。

夜は、この雪の建物にプロジェクションマッピングがされるんだって。
でも、あまりに人が多すぎて危険になって、連休に入ってから突然中止になったらしいよ。



せっかく楽しみにしていた人は、気の毒だね。
でもね、雪まつり実行委員会から上の動画が配信されたよ。
興味のある方は、これを見てね。

じゃあママ、次へ行こうよ。

Img_5717

これはね中正紀念堂っていうんだって。
なんでも、台北市の中心部に位置する中華民国(台湾)元総統・蒋介石(中正は蒋介石の本名)の顕彰施設らしいよ。

そのせいで、台湾からの観光客も多いらしいんだ。

Img_5721

ここで僕は、小さな子供たちに囲まれてしまったよ。

Img_5724

子供たちにとっては、雪像よりも僕と遊ぶ方が楽しいみたい。

「わぁーこのワンちゃん、お靴を履いているよ」

たくさんの観光客に、そう言われちゃったよ。ちょっと照れたよ。

Img_5756

ともかく人が多くて、行列の中に入るともう抜けだせないよ。僕とママは、ここまででもう疲れてしまって、なんとか行列から抜け出したよ。
ふぅー

Img_5713


ロードヒーティングの歩道に逃げ出してきて、ホッとするね。

地下鉄でお家に帰ってから、ネットで雪像をゆっくりと眺めたよ。
http://www.snowfes.com/place/odori/index.html

Pictureblogb73

寒い冬は、あたたかなお家の中でのんびりするのが一番だね。

Img_5761

|

« 82)もうすぐ4才、大人かな | トップページ | 84)ニャンコの日に僕は4才 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 82)もうすぐ4才、大人かな | トップページ | 84)ニャンコの日に僕は4才 »