« 90)水芭蕉が美しかったよ | トップページ | 92)しつけ教室は楽しかった »

2013年5月 9日 (木)

91)ドジで変テコなママと僕

僕はショパン。

今日は、はじめて春らしい暖かなお天気だったよ。
やっと最高気温が18度になったんだ。

Img_7301_2

歩道やサイクリングロードのあちこちで、いっせいに花の苗を植え始めたよ。

あと数週間後、街中に色とりどりの花が咲き始めるんだね。

Img_7227

北海道は、数日前まで異常に寒い5月を迎えていたんだ。

なんと、5月に入ってから雪が降ったところもあるんだよ。wobbly
それに霜害の注意報まで出たよ。
札幌でもね、日中で5度くらいしかない日もあったんだよ。

雨の日は、レインコートの下にママ特製のつなぎを着たんだけど、
それでも寒かったよ。

Img_7222

寒がりのママは、まだダウンコートを脱ぎたくなかったみたいだけど。
春を待ち焦がれていた北国の人たちは、みな春のコート姿なんだ。

そこでママは、普通のコートと見せかけて?裏側に綿入りキルティングがしてある七分コートを着て、すましていたよ。

「ダウンがスポーツジャケット専用だった頃に、東京での冬コートとして買ったものなの」

今はオシャレなデザインのダウンコートが、街中にあふれているね。



Blogpicturef23

「ダウンコートが出回る前に、ベビームートンのコートも買ったのよ。
スペイン製で、大枚をはたいてエイっと買ったのだけど・・・。
デザインとブルーの色が気に入って、惚れこんでしまったの。

でも・・・ラッシュ時の電車には不向き。
厚手のコートは、場所を取るから満員電車では他人迷惑なの。
だから、電車通勤生活の東京では、まったく着られなかったのよ」

でも高価だったし捨てられなくて・・・引っ越し荷物と一緒に札幌まで持ってきたけど、結局全然着ていないんだって。

ダウンコートに比べると重いんだって。ふーん、贅沢だね。

Img_7261

「ムートンは暖かいから、ショパンのベッドに作りかえようかしら?」

ふふふ・・・僕のベッドが、いったいいくつできるかな?

ママって、無駄な買い物をよくするみたいだよ
でも、ママみたいな人も多いらしいね。

それにママのお母さんみたいに、物を一切捨てられない人もね。

「片づけ学」みたいなタイトルの本が、ベストセラーだとか?

Blogpicturef24

それからね、ママは100円ショップが大好きなんだ。

僕のお洋服の飾りにするって、いろんな小物を買い込んでいるよ。
いくら100円でも、たくさん買ったら結局高くつくし、邪魔になるし。

「使うかもしれないから・・・」なんて言っているけど、無駄買いばかり。

Img_7267

ママはね、若い頃は洋裁や手芸なんて大嫌いだったんだって。

でも、ミシンを使う最初のきっかけは、カーテンの裾直し。既製品の安いカーテンを買って、窓サイズに合わせて裾をカットして縫うためらしいよ。
3LDKのマンションって、カーテンが何枚も必要なんだって。

「そのために、はじめてのミシンを買ったのよ。仕立てるとカーテン1枚で、何万円も(高級品は何十万円も)するのですもの」

最近は、僕のお洋服サイズを直したり、時にはお手製で作ってくれたりするんだ。


でも、そのミシンが壊れてしまったんだ!


Img_7174

工具箱を引っ張り出して来て、ママはルンルン気分。

「修理に出すつもりはないので、とりあえず分解してみるわ」

Img_7178_3

ねじは、ほとんど同じサイズのものばかりね。
いちおう、分解している様子を写真に撮りながら外していくわ。

Img_7198

糸くずや布くずが、ずいぶん機械の中に入り込んでいたみたい。
歯ブラシと掃除機を使って、楽しそうにお掃除をしていたよ。

Img_7189

「じつはね、Youtube動画にミシンの修理方法が丁寧にのっていたのよ。それで、それを参考にするつもりだったんだけど・・・」

Img_7195

なんとその動画は、削除されていたんだって!
動画でミシンを直す人が増えたら、ミシン修理屋さんが商売妨害?

Img_7193

結局、分解掃除だけをすませて、また元通りにしたよ。
このお皿は磁石になっているから、ねじがなくならないからいいね。

「ミシンが、上糸下糸とで上手に縫える原理がすこしわかったわ」


ママのお父さんが技術屋で、家の電気製品をはじめとして何でも修理したんだって。
機械いじりが大好きで、いろいろなものを手作りしたらしいよ。
その姿を見て育ったママは、簡単な機械が壊れるとすぐに分解したくなるんだよ。

ママの弟は、小さい時おもちゃの自動車を買って貰うと、すぐに分解したらしいよ。
で今は?もちろん、エンジニアになったよ。

病院で臨床検査技師をしていたママは、仕事上でも簡単な医療機器のメンテナンスや修理も、時には自分でやらなくてはいけなかったんだって。

Img_7303

ママはね、いろいろ工夫するのも好きなんだ。
アイデアをあれこれ考えるのが楽しいんだって。


さてと・・・このクシャクシャの布は、何かわかるかな?

Img_7280

壊れて捨てる予定だった傘の、金具部分を外したものだよ。

「糸で縫ってつけてあるだけなので、簡単に外せるのよ」

この布は、完全防水布なので、いろいろと使えて便利だよ。

Img_7315_2

これは、傘の布の裾にそのままゴムを入れたものだよ。

たとえば、これは自転車のかごにかぶせてもいいし。

Img_7314

これと同じものを、透明のビニール傘から作ってくれるんだって。
雨の日に、ママとサイクリングする時に役に立ちそうだよ。

雨の中でもぬれずに、周りの景色をたのしめるし・・・
もちろん、ママのお顔を見られるしね。
ママが作ってくれた、風除けの透明板ごとかぶせられるよ。

今度の日曜日のお出かけ、雨模様みたいなんだ。
でも、一安心だね!

Img_7273

最近パパがね・・・心臓の不整脈が出るようになったんだ。

病院受診して、24時間ホルター心電図検査をしたんだよ。
「この程度の不整脈なら心配ありません。一応経過観察ということで、具合が悪くなったら病院にいらしてください」

パパはやや安心顔だけど、ママは少し心配顔。
パパは、お酒を飲み過ぎたり疲れ過ぎるとね、不整脈が出るんだ。

Illust3120_thumb

「どんな不整脈なのか、波形を直に見たいわ」
ママはお祖母ちゃんの携帯ミニ心電計をちょっと借りてきたんだ。
以前、ママがネットでお祖母ちゃんのためにそれを買ったんだ。

「あら、液晶が壊れているわ」
なんと購入から5年以内なら、4千円払えば新型の新品と交換して貰えるんだって。

わーい、ヤッタね!


Img_7310_2

ということで、手に入れた新品のミニ心電計だよ。
スマートフォンより一回り大きなサイズかな?
軽くて、お祖母ちゃんでも簡単で使えるよ。
リードマイハートplus(read my heart)

Img_7304_2

親指を濡れティシュできれいに拭いてから、そっとのせるだけ。

Img_7306_2

急変した時の心電図のデーターを、すぐに担当医に送信できるのは便利だね。
お祖母ちゃんは、外来の時にときどきこれを持っていくんだって。

ママがこの機器からパソコンにデーターを送信して、管理してるよ。

ママは、長年臨床検査技師をしていたから、心電図などは得意とか。
あと・・・脳波の波形を眺めるのも好きらしいけど。面白いのかな?

「脳波の波形を見ていると、まるで眠りの本を読んでいるみたいよ」

さいしょ緊張していて・・・だんだんリラックス・・・眠くなってくる・・・
やがて少しずつ眠りが深くなって・・・寝入ってしまう
でも音で目覚めて少し緊張して、でもやっぱり眠気に負けて・・・


仕事って、探せばいろいろな面白さが潜んでいるんだね。


Img_7265_2

ともかく、パパについては、ママがついているし一安心だね。

何事も、油断大敵だよね

K11202392

さてと・・・遅い春を探しにママとお散歩したよ。


Blogpicturef28_2


紫陽花の若草色の新芽が、たくさん出ていたよ。
新芽は、人の心をなんだかウキウキさせてくれるね。

タンポポの若葉の緑色が鮮やかだったよ。早く黄色の花が見たいな。

Img_7293

まだお花は、どこにも咲いていないのかな?

Img_7289

そう思って歩いていたら・・・あったよ!

Img_7297_2

一見すると、つつじ科の花のようだけど・・・。何の花かな?
誰かが、さつきの花って言っていたけど?

「でもさつきの花が、桜や梅の花よりも先に咲くってあるのかしら?

たとえば、東京では2月に梅の花が香って、
3月の卒業入学シーズンに桜の花が満開となり、その桜が散ると
色とりどりのツツジの花が満開になり、その後にさつきの花が咲き
6月の梅雨時には、大好きな紫陽花の花が長期間咲き続けて・・


ママは、この花を見ながら不思議そうなお顔をしていたよ。

Img_7300

でも、札幌では花の咲く季節が、東京とは全然違うんだってね。

5月の末に、梅と桜の花が同時に満開になるんだもの。
ツツジは?そのあと?でも・・・この花は?
紫陽花は、7月から8月の真夏に咲いているし・・・

6月7月と、札幌の街中に色とりどりの花が一気に咲き乱れるけど
夏が短いから、みんないっせいに大急ぎで花を咲かせるのかな?

Img_7260
さてと・・・
ママのドジぶりは、まだまだたくさんあるけど、少しずつ書いてくね。

Blogpicturef27

あとね、ママから旅でのこぼれ話を、少しずつ聞き出す予定だよ。
ママは、世界中をあちこち旅しているんだもん。
でも犬の僕は、なかなか世界旅行なんてできないからね。

日本では、犬同伴OKの旅行ツアーはごくわずか。
ほとんどが日帰りのバスツアー旅行みたいだよ。
犬と泊まれるホテルや旅館は増えてきたみたいだね。
でもね車がないと、犬連れの旅行は難しいかな?

Img_7311s

外国で犬との旅行は、日本よりずっと自由みたいだね。
でも犬たちも、しつけがきちんとしているんだって。
僕も、しつけのお勉強、がんばらなくちゃ!


Blogpicturef26


ママが、まずは表紙を作ったよ。
世界を表現するために、いろんな色を使って描いたんだって。

こぼれ話だから、気楽にちょっとおしゃべりという感じかな?

そうそう・・・寒がりのママは、一番寒い所ってどこに行ったの?

「驚かないでね。アラスカの北極圏近くよ」

へぇー、寒がりのママが良く行けたね。
寒くて震えてばかりいたんじゃないの?

「それがね、温泉ロッジの人が、手袋や帽子や靴を貸して下さったのよ。
そのおかげで、零下43度の外で、美しいオーロラを見ることができたの。
そして、その間15分間くらいは、全く寒さを忘れていたわ。
この世のものとは思えない幻想的な美しさだったの・・・」


ふーん、人間って最高に幸せな瞬間は、寒さ暑さを忘れるのかな。

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
ランキング参加中 ポチっとしてね

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

|

« 90)水芭蕉が美しかったよ | トップページ | 92)しつけ教室は楽しかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500091/57190532

この記事へのトラックバック一覧です: 91)ドジで変テコなママと僕:

« 90)水芭蕉が美しかったよ | トップページ | 92)しつけ教室は楽しかった »