« 91)ドジで変テコなママと僕 | トップページ | 93)心を癒してくれる花たち »

2013年5月16日 (木)

92)しつけ教室は楽しかった

僕はショパン!

札幌も、やっと桜の開花宣言!

Img_7483 

近くの馬場公園では、2分咲きくらいかな?

週末は、お花見ができるんだって!
それも、梅の花と一緒のお花見が・・・。

梅と桜が一緒にお花見できるって、ママはまだしっくりこないみたい。

Img_7446

白樺花粉も、たくさん不気味にぶら下がっているよ。
ママは、スギ花粉とハンノキ花粉がとりわけ駄目なんだよね。
最近やたらと体をボリボリ掻いたり、目薬をさしたりクシャミ連発!

Img_7462b

ママとサイクリングロードで春を探したよ。

Img_7439

木々の蕾が少しずつ開き始めて、なんだかドキドキ・・・。

Img_7441

蕾って、なんだかすごいパワーを感じさせるね。

Img_7442

あっ、水仙の花がかわいいね。
水仙って、開花に一定の寒さが必要なんだって。
北海道では、春先一番に咲くお花かな?

お花を眺めると、心がなごむねぇー

Img_7443

今の時期に赤い実がたくさん・・・この植物はなんだろう?

これからたくさんお花の季節が楽しめるんだね。
札幌は6月に入ると、一気に花ざかりになるよ。


Blogpicturef30

日曜日は、とても暖かな日だったよ。
そして、僕の初のしつけ教室体験の日だったんだ。

前日は雨だったから、中止かな?って心配していたんだ。
朝9時過ぎに、ママと電動自転車で出発。

Illust40_thumb

僕は前籠に乗るんだ。
後ろ籠の方が大きくてゆったり乗れるけど・・・
前籠の方が、僕の様子が常に見られるから安心なんだって。
僕の方だって、ママの背中よりもお顔が見られる方がいいよ。

籠の底には、スポンジクッションが分厚く敷いてあり
ママお手製の壁風クッションが、しっかりと籠にとりつけられ・・

Img_7435b

風除けウインドー風?もつけてくれたんだ。

パパはね「犬はもとも野生のものだから、強風くらい平気さ」と。
でもママは心配性だからね。

久しぶりのサイクリングは楽しかったよ。

Illust3811_thumb_2

月寒グリーンドッグというところに行くんだけど・・・。

でもね、ママはそこには一度も行ったことがなかったので
Google mapで、何度も現地を確認していたよ。

なにしろママはね、超がつく土地音痴だからね。

club dash club dash dash dash dash heart04

さて・・・無事に着いたよ!

Img_7431_2

正面が、しつけ教室の開かれるイベント用の広い芝生なんだ。
右側には、北海道最大級のドッグランがあるよ。

Img_7424_2

「やあ、君は今日ドッグランに遊びに来たの?」
「うん、楽しいよ。君は今日はあっちでお勉強なの?」

Img_7327_2

受付用テントが組み立てられ、受付開始だよ。

なんとセラピードッグの会主催のしつけ教室の参加料金は、たったの300円なんだ。
それでいて、飼い主には缶コーヒーが1本ずつプレゼント。
これじゃほとんど無料みたいだね。

でも講師は、動物専門学校の訓練士の先生なんだよ。

Img_7326_2

開始時間までは、みんなとごあいさつタイムだよ。
こんな時間が、みんなにとって楽しい時間だね。

Img_7328_2

セラピー活動で仲よしになった子も、たくさん来ていたよ。

Img_7333

「そら君、久しぶりだね」
そら君は、少し恥ずかしがり屋なんだよ。

Img_7335

「ショパン君、あっちに超かわいい女の子のシーズーがいるね」
「モコちゃんだよ。あっちに行ってみようか」

Img_7344

「モコちゃん、こんにちは!そら君だよ。今3才なんだ」

ちなみに僕とモコちゃんは、今4才だよ。

Img_7340

「モコちゃん、なかよくしてね。一緒にセラピーがんばろうね」

Img_7341

「あっ、モコちゃんにキスされちゃったぁー シアワセ」

Img_7343

僕たち3にんは、ほとんど年令が一緒なので気が合うんだ。
またおしゃべりしたいね。


そろそろ、始まりそうだよ。

Img_7352

セラピードッグの会の委員長が、しつけ教室開始のごあいさつ。

Img_7355a

どんなしつけを教わるのかな?と、みんな真剣なまなざしだよ。

Img_7353

参加犬が34頭もいたので、2グループに分かれることになったよ。

僕は、モコちゃんそら君とは別のグループだったよ。

Img_7368

最初は・・・
飼い主(ハンドラー)の左側を、リードを引っ張らずに歩く練習。

「今日の参加犬は、みな問題なく歩けますね。優秀だぁ!」
先生がほめて下さったよ。わーい!

Img_7372

訓練士の先生は希望者には、個別指導をして下さったよ。

Img_7375

東札幌病院で一緒にセラピー活動をしている桃子ちゃんも、今日はいつもよりキリッとした表情をしているね。

Img_7384

あれっ、僕のお腹付近に可愛いディージーのお花が咲いているよ。
つぶさないように気をつけなくちゃ!

次のお勉強は?

Img_7387

歩いていて「つけ」でとまり、「お座り」「伏せ」をする練習。
これもみんなすぐにクリア。

「みんなお利口さんぞろいで、全然問題ないねぇ」
先生がほめることしきり。

最後は・・・

Img_7392

「お座り」「待て」でリードを離して、飼い主がどんどん後ろに下がる。

「待て」「待て」「待て」・・・たくさんの呼びかける声がするよ。

Img_7396

でもね、すぐに立って歩きはじめる犬や、寝そべる犬がいるんだ。

Img_7405 

そのたびに、飼い主は大慌てで、犬のところへ行くんだ。
「お坐り!」「待て」

少しずつ後ずさりしながら、必死で呼びかけているんだ。
でも、やっぱり動く子がいるんだ。



でも、僕はじっと動かないでがんばったよ!
結局、全員がじっとしている時間を全く作れなかったんだ。

「お利口さんだし可愛いから、みんなにかわいがられるでしょう?」
先生にそう言われちゃった。うれしかったよ。
「でも僕は大きな音が怖くて唸って、セラピ―進級試験に落ちたんだ」
「・・・?」

Img_7410

さて・・・今度は、どんなお勉強かな?
大型犬は、みんな堂々としていて、本当にリラックスしているよ。

この後は、大好きなボールなどにも心を惑わされない方法などを教わったよ。

Img_7411a

えへん、僕ね、だいぶお利口さんになったよぉー

教室が終わってからも、この広い芝生で遊んでいいって!

Img_7423

わーい  広々として気持ちがいいなぁー

Img_7417   

チワワのエレファ君も1才なのに、がんばったね。

Img_7415

モコちゃんも、今日はお目目が見えないハンディを吹き飛ばして、頑張ったんだってね。
えらいなぁー! lovely lovely lovely

セラピー活動では、きっとみんなの人気者だよ。

がんばっ  
heart04 heart04

帰りは、のんびりと周りの景色を見ながらのサイクリング。


Img_7433

さわやかな気分だったよ。
 

Pictureblogb16


暖かくなってきたので、みんなお外で遊ぶ時間も長くなってきたよ。

Img_7202

トイプーのラビ君も、会うのは半年ぶりくらいかな?
ラビ君は病気のせいもあるし、寒さは苦手なんだよね。

「心臓弁膜症の方は、だいぶいいの?」
「うん、お薬が変わってからは失神もしなくなったし、調子いいよ」

良かった。またいっしょにあそべるよ。

Img_7204

ちょうどそこに、ウエスティのミルクちゃんもやってきたよ。

Img_7207

「ショパン君、レディの目の前でオシッコなんて失礼ね!」

Img_7211

「ごめんね。へへへ bearing bearing
あれ、向こうから来るのは誰かな?」

Img_7209

おしとやかなクルミちゃんだ。ミルクちゃんと仲よしなんだね。


Blogpicturef31

馬場公園で、ゴールデンの麦チョコ君に会ったよ。

Img_7228

「麦君って、ドンドン大きくなるね」

Img_7233

「だって若いから、いくらでも食べられるんだもん」

Img_7231

小さな僕とじゃ、遊び相手にはならないみたいだね。
「向こうから誰か来るよ」

Img_7239

カルちゃん(MIX)3才の女の子だよ。

Img_7250

初対面から、気が合いそうな予感!lovely lovely

Img_7249_2

キスされちゃったよ。ふふふ・・・

Img_7248

また、仲よくしてね。
新しいワン友ができるって、うれしいな。


Blogpicturef26


札幌は桜が散ったら、次々と花の季節がやってくるけど・・・
花といえば、庭園に花はつきものだね。

「ママが、旅先で巡り合った庭園で、印象に残っているのは?」

「そうね。モロッコの旅で、サハラ砂漠を旅しての帰途で・・・

マラケシュでサンローラン所有のマジョーレル庭園に行ったの。

砂丘の美しさをはまた違った、生きた創作芸術作品でもある?庭園の不思議な魅力に心を奪われたわ」

当時のビデオカメラなどは、全部アナログなんだって。
だからブログには載せられないの。その代わりネットで探したわ」

V030804

「この庭園をイブ・サンローランは、こよなく愛したらしいの。

庭園を散歩するとそのことが、はっきり実感できるわ」

2008年に亡くなったサンローランは、その遺灰をこの庭園に撒いてほしいと遺言に残していった。この庭園は青と黄色のコントラストが美しく、中央の池や竹林は京都のお寺の庭を思わせる。そこには、モロッコの真ん中にいることを忘れさせる空間がある・・・(ネットより引用)

もう少し写真を見たい人にって、ママがネットから探してくれたよ。
http://woman.excite.co.jp/blog/sanpo/sid_200763/

ママは東京にいた頃、よく日本庭園をお散歩したらしいけど、この庭園はそれとは全く違った幻想的な雰囲気の味わいなんだって。
ママは北アフリカの雰囲気が好きらしいよ。モロッコ以外に、エジプト、チュニジアにも旅しているらしいけど。この付近は、フランスの植民地だったんだね。

だからフランス語が通じるので、フランス人は住みやすかったんだね。


ランキングに参加中 ぽちっとしてね

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

|

« 91)ドジで変テコなママと僕 | トップページ | 93)心を癒してくれる花たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500091/57190531

この記事へのトラックバック一覧です: 92)しつけ教室は楽しかった:

« 91)ドジで変テコなママと僕 | トップページ | 93)心を癒してくれる花たち »