« 107)いつの間にか雪景色 | トップページ | 109)新年早々悩めるママ? »

2013年12月29日 (日)

108)セラピー犬活動再開だ

僕はショパン!

札幌はどこをみても純白の世界になったよ。
もちろん僕は、お靴を履き始めたよ。
だってね、最近の僕は足の毛を伸ばしはじめたので、お靴を履かないと足もとが雪だらけになるし、それにもちろんアンヨが冷たくて歩けなくなるしね。

Img_1262

これまでいろいろお靴を試したんだ。
人間のお靴並みのお値段のものもいくつか買ったけど・・・お値段と履き心地は関係ないね。有名メーカー品で値段が高ければ履きやすいに違いないなんて思うのは、間違いだったんだ。でもこれは僕の場合であって、犬種によって履きやすいお靴は違うかもね。

今はね、お値段は安いけど、履きやすくて脱げにくいお靴をやっと探し当てて愛用しているよ。
ピンクと空色と紺色の3色を、毎日洗っては履き替えているよ。

じつはね、ママは予備用に今と同じお靴をまた注文したんだ。
ネットで注文したら、2日後に品物が届いたよ!
楽天ショップで韓国コスメと一緒に販売しているんだ。つまり韓国製。

Img_1448

ずいぶん沢山あるようだけど、これで4足分だよ。
だって僕たち犬は4本足だから、人間の倍のお靴が必要なんだもん。

Img_1450

靴底がカーブしていて歩きやすいし、足首にゴムが入っていて足首にピッタリとはまって脱げにくいんだ。

Img_1449

「だってね、これまで散々高価な靴を買っては失敗したので、これだと思える今のお靴が売り切れないうちに買っておかなくてはね」

結局、今までの3色以外に赤色のお靴も買ってくれたんだ。わーい!
ママは、その新しいお靴に少し手を加えるんだ。

ズボンと袖の裾につけたボタンにかけるための、丸ゴムの紐をお靴いつけてくれて、さらには靴底に靴底修理用のクリーム(シューズドクター)を塗ってくれるんだ。

Img_1446

こうすると、もしもお靴が脱げても安心だし、靴底が頑丈になって暖かさも増すよ。
それに、このやわらかい靴は、歩く足の形にそって変化するので、すべての靴に前右足用(FR)などと書いてくれたよ。
僕の右前足は、歩く時90度右側に曲がるんだ。でも北大動物病院で検査をしてもらったら、僕なりの成長期の変化で今のところ問題なしだって。

Img_1265

防寒コートも、防水で防風でしかも内側が暖かくて完璧?
と言いたいけど・・・トイレのために下腹部は外気にさらされているからちょっと寒いよ。
これも、赤色が2着と淡いブルーと薄紫色とがあるよ。

「ショパンは男の子だけど赤が似合うし、赤は気分が高揚する明るさのある色だから、ショパンにはどんどん着せているのよ。ピンク色もショパンには似あうわ」

「いよいよ冬だぁ!」
と思っていたら、急に温度が上がって、歩道の真ん中の雪が解けて歩きやすくなったりした日もあったんだ。自転車にも乗れるほどだったよ。

Img_1299

でもね、根雪になるのは、時間の問題だったんだ。
ここ数日の雪で、ほぼ根雪かな?

Img_1358

雪ってなにげないものを芸術作品に変えてしまうね。

Img_1267

いつもの風景が、ちょっと幻想的な雰囲気に変わるよ。

Img_1362

これなんて、生ショートケーキみたいでしょう?
ふんわりとして、食べたくなるよね。



Blogpicturef63



さて・・・話変わって、今月に入ってママの心を深く締め付ける一枚の写真があったんだ。

168

この子だよ!爪が伸びきっていて、爪で立っているよね。

一見すると、犬の種類がわからないかも。
12月の初め札幌の保健所保護犬センターに収容されていたんだ。

トイプーちゃんなんだよ!
体の毛もほとんどなくなっていて、痩せこけているよね。
そして、なんと悲しそうな目をしているんだろう!
そしてその目は、何をみているんだろう?

「きっと、繁殖犬で不用になって山に捨てられたのかもしれないわ」
それとも、飼育放棄で捨てられちゃったのかしら?
むごすぎるわ!」
ママは言葉をなくして・・・かなしそうな顔をしていたよ。

Pictureboge38

でも、この子は一人ぼっちでも頑張って頑張って、なんとか生き延びてきたんだよね。
いったい何を食べて生き続けてきたのだろう?
お水はどうしたのかな?

こんな運命の子が、日本にはたくさんいるらしいんだ。
たんに営利目的でどんどん繁殖させて、用がなくなったら捨てる悪徳繁殖業者がいるからね。お散歩やトリミングなんて一度もせずに、狭い不潔なケージの中で安い外国製のフードを食べさせられて・・・ね。
想像するだけで、ぞっとするよ!

今は、ネットで簡単にペットを売買できるしね。まるで物みたいにだよ。
取引する人も、どんな環境で育てられたペットか知る由もなく。

「きっと、動物愛護団体のしっぽの会の人たちもこの保護犬のページは見ているはずだから、きっとこの子を助けてあげてくれると信じているわ・・・」
ママは僕にそう言いながら、その子の写真をじっと見ていたよ。

そしてママは、身内の病人のことなどで忙しかったしね。
でもその子のことは、一瞬とも忘れることはなかったみたいだよ。

この子は収容限度の前日になっても写真が消えなかったよ。
家族が迎えにきた子は、即日写真が消えるんだ!
そんな時は、ママはいつもうれしそうに微笑んでいるよ。 

たぶん捨てられたに違いないこの子は、しっぽの会とか里親希望の人の場合は、殺処分前日なら引き取ることが可能なんだ。
どうかどうか、誰かがこの子を引き取っていますように!

そしてこんな悲しい運命の子が、この世からいなくなりますように!

Illust1084_thumb

あの子が、お星さまになんて絶対になっていませんように!



Pictureblogd29

エへへへ・・・僕ね、半年ぶりでやっとセラピー犬に復帰できたよ!

秋のセラピー犬適性検査は、対人検査で大きな音を出すのは中止。
僕みたいに、大きな音に敏感で怖がる小型犬が多いせいなんだ。

検体検査も合格したので、これからはいっぱい活動ができるよ♪

Picturefr3

初仕事は、発寒中央病院の認知症病棟。
僕は既に2年間もこの病院に通っているので、院長さんや看護師長さんとも顔見知り。
入院患者さんの入れ替わりも多いけど、おなじみの方もいるよ。

あっ、あの方はお元気そうだ。うれしいな。
それで、その方の方へ急いでいって「今日は」ってご挨拶をして、お膝にお座りするとすぐに僕を抱きしめて下さるんだ。
なかには、うれしくて泣きだす方もいらっしゃるんだよ!

Img_1303

僕もママも、そんな時は心の中がほんわかとあたたかくなるんだ。
まるで親戚のおばあちゃまにお会いしたような親近感があるよ。

この日の僕は、ちょっとだけクリスマスの雰囲気のお洋服を着たよ。

Img_1305

病院の玄関や病室や、あちらこちらにクリスマスの飾り付けが素敵にされていたよ。

Img_1307_2

患者さんの手のぬくもりから、たくさんの気持ちが伝わってくるよ。

Img_1310

僕たちの間に、言葉なんてほとんどいらないんだ!

Img_1317

この病棟に入院されている方の中には、もう言葉を使わなくなった方もいらっしゃるけど・・・言葉をしゃべらない僕たち犬とは、目と目や、体のふれあいで心を通わせることができるんだ。

さて・・・他の仲間たちは?
みんなのこともすこし気になるよ!

Img_1304

ふふふ・・・コーギーのルルちゃんは、さすが女の子だね。
すてきな笑顔でじっと見つめられたら、誰だって微笑んでしまうよ。

 Img_1327

ルルちゃん、これからも頑張ろうね。

Img_1334_2

12月は、クリスマスコスチュームで決める子が多いよ。

Img_1325

僕はちょっと派手目のお洋服(ママが手を加えた)に、クリスマスらしい小さな帽子の飾りをつけたんだけど・・・

Img_1320_3

チワワのアトムちゃんは、お帽子と頭が一体化して可愛いね。
僕は帽子やフードが苦手で、ブルブルってすぐはずしてしまうんだ。

あれ?そら君はなにのコスチュームかな?

Img_1331

僕と同じシーズーのそら君は、やっぱりお帽子が苦手だね。
だってね、そら君の本当の衣装は、トナカイさんなんだもん。

Img_1315_2

上の写真は、トナカイに変身したそら君の一瞬の姿だよ。
でも、そら君もフードをかぶっているのに耐えられないんだね。

Illust2364_thumb


でもやっぱり、サンタさんのコスチュームの子が多いかな。

Img_1318

キャバリアの梅子ちゃんも、サンタさんのケープが似合っていたよ。

そして、ちょっと遅れてかわいいサンタさんが登場したんだ。

Img_1328

特別会員のまりこちゃんだよ。

まりこちゃんは、赤ちゃん時代からの会員なんだ。
まりこちゃんの登場に、みんなのお顔に笑顔があふれたよ!

Img_1337a

そんな笑顔いっぱいの中で、この日のセラピー活動は続いたよ。



久しぶりのセラピー活動は、楽しかったよ!

そして次に訪問したのは・・・・

Illust2502_thumb

Illust1523_thumb


12月25日!まさしくクリスマスの日に、東白石児童会館で子供たちのクリスマス会に参加してきたよ。

僕たち犬たちは、それぞれにクリスマスらしいコスチューム姿。
どんな子供たちが参加するのかな?
学童保育の小学生たちらしいね。
冬休みに入って、クリスマスでもご両親は日中はお仕事だものね。

Img_1367

最初、控えのお部屋で待ち時間があったよ。
でも、その時間は、犬や人間たちの仲間同士のご挨拶タイム。

Img_1369

僕は久しぶりに、たくさんの仲間と会えてうれしくて心がウキウキ!

Img_1364

シーズーのフルコートの超美人のモコちゃん!
仲良しのトイプーのかんぺい君!

Img_1366

左の子のサンタのお帽子の飾りがね、ピカピカラ点滅するんだ。


Img_1376

「久しぶりだね。これからもよろしくね チュッ」
僕は、こんな風にセラピー犬仲間にご挨拶をしたんだ。

Img_1375

あっ、ウイルくんだ!ピーターパンの衣装かな?
とってもよく似合っていたよ。ウイル君は相変わらず、おとなしいね。

Img_1381

やがて、広い体育館で、犬とのふれあい会が始まったよ。

Img_1386

子供たちと「今日は!」のご挨拶をして、グループ毎に分かれたよ。

Img_1389

男の子たちが、神妙なお顔で抱っしてくれたよ。

Img_1390

やがてグループごとではなくて、僕たちは自由に移動して子供たちとふれ合ったよ。

Img_1383

Img_1396

僕のリード―を持って模擬散歩がしたい子が、続出したよ。

Img_1392

だから僕は、いろんな子供たちと、この体育館の中を何周もしたよ。

体育館中に子供たちの楽しそうな話声や笑い声があふれたよ。

Img_1400

今年の春に突然お目目が見えなくなったモコちゃんも、頑張っていたよ。

Img_1415

モコちゃんは、知的で素敵ママまのおかげで、視覚障害を乗り越えて立派にセラピー活動をしているんだ。

Img_1409

子供たちは、僕たち犬とのお散歩を十分楽しんでくれたし。

Img_1427

こんな風にして、子供たちとのクリスマス会が終わったよ。



僕は、この夜は疲れてぐっすり眠ったんだ。

Illust4268_thumb

ムニャムニャ・・・来年また会いたいね。

訪問して下さりありがとうございます。下をぽちっとクリックして下さいね。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

|

« 107)いつの間にか雪景色 | トップページ | 109)新年早々悩めるママ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500091/58838992

この記事へのトラックバック一覧です: 108)セラピー犬活動再開だ:

« 107)いつの間にか雪景色 | トップページ | 109)新年早々悩めるママ? »