« 108)セラピー犬活動再開だ | トップページ | 110)お外は厳寒だけど・・・ »

2014年1月15日 (水)

109)新年早々悩めるママ?

僕はショパン!

超・超・遅すぎるけど・・・あのう・・・新年おめでとうございます!

Img_1456

あのね、今年の僕のお家の松飾りも、ずいぶん派手でしょう?
これは、いつものようにママの勝手なアレンジが入っているんだ。
でもお客さんの少ない僕のお家は、マンションお掃除のおばさんとかネットスーパーや宅配便の人くらいしかこれを見てくれないんだけど。

ええとね、この松飾りは買ったばかりの時って、下のようだったんだ。

Img_1455

僕のママは、シンプルなものをあれこれ変身させることが大好きさ。
「変身させるって、すごーくワクワクするのよ」

だからね、僕のお洋服はみんなママの手が入っているんだ。

Img_1532_2

「まあ、手作りですか?可愛いですね」
と言われると、ママは幸せそうな顔をするんだよ。

「ふふふ・・・既製服をちょっとアレンジしたのですよ」

Img_1472

さて元旦は「足と腰が痛いの!」というママの泣き声から始まったよ。

じつはね、昨年11月頃からぼくのウンPをとるために腰をかがめると、ビリビリって電気が腰から足まで走ったんだって。
「あっ!痛ーい!」そしてその場で、顔を歪めてフリーズ。
でも少し我慢していると痛みがとれて、またお散歩の続き。

Img_1493ajpg

お台所でも、何かを取ろうと腰をかがめると「あっ痛ーい!」とママ。

「近くの整形外科病院で、すべり症が悪化しているって言われているので、きっとそのせいで飛び出た骨が神経に触れて痛いのだと思うわ。いよいよ手術かしら?」

でもママは、鎮痛剤の飲み薬とシップ薬で痛みをなんとか抑えていたんだ。
それには少し理由があったんだけどね。

年末にパパが、急性膵炎で1ヵ月ちょっと入院していたんだ。
胆管癌疑いなんて言われて、ママはかなり焦っていたよ。
ただママは長いこと医療職だったから、普通の人よりは冷静かな。
パパは大学病院に転院して更にいろいろな検査をした結果、癌の疑いが晴れたよ!

ああよかった!

Img_1525

へへへ・・・僕はうれしい時やさびしい時、大好きなお猿さんのお人形をかじる癖があるんだ。ゴリちゃんの時もあるけどね。

Blogpicturef65


ママは、パパが退院してから「今度は私の番ね」と、近所の整形外科病院を受診したんだ。
そこではX線とCT検査をしたんだって。

「腰椎すべり症(脊柱管狭窄症)が悪化しているせいで、腰痛がひどいのでしょう。脊柱管狭窄症を治すお薬を出しておきましょう。鎮痛貼り薬もほしいですか?」

そのお薬を飲んでも痛みは消えなかったので、ママは家にあった鎮痛剤も飲んだ上に鎮痛シップを貼って痛みを抑えて、やっとおせち料理(低脂肪~脂肪ゼロ)を数種類作っていたよ。

Illust3050_thumbs

「痛みがあると、年賀状のアイデアがちっとも浮かばないわ」とママ。

だから今年の年賀状制作は大幅に遅れてしまったよ。
1月3日になってやっとポストに入ったんだ。
そして、毎年出している電子年賀状も出せなかったんだ。
激しい痛みがあると、なかなかパソコンに触る気になれないらしいね。
だから、僕の日記もなかなか書いてくれないんだ。プンプン・・・

Illust1183_thumb

ママはねやっと今、パソコンに向かう気になれたらしいよ。
痛みもずいぶん楽になったらしいんだ。

なぜって?それについてはあとでゆっくり話すね。

Img_1188

でも友人っていいね。

「いつも電子年賀状や紙の年賀状が早々と届くのに、今年はまだ届かないので、何か病気じゃないかと思ってお電話したのよ」
ママのお友だちが、お電話をかけてきてくれたんだ。
ママはいい親友を持っているね。

誰もがこんな友だちを持っていたら、孤独死することもないのにね。
Pictureblogd30


さてママはね、痛さに我慢できずに、お正月早々札幌医大病院を受診したんだ。

「もしも手術になったら、北大方式のボルトで骨を止める方法じゃなくて、医大方式の内視鏡と顕微鏡での手術の方が体の負担が少なくていいので・・・」
僕の家の近くの整形外科病院は、北大出身のDrばかりなんだ。
「別のやり方の病院もありますが、僕は北大式のボルトでの手術が一番だと思っています」

ママは、アレルギー性喘息の持病を持っているから、できれば手術の負担が少ない内視鏡術を希望しているんだ。それだと入院期間が少ないし、手術も楽だし。

それでママは、紹介状なしで札幌医大病院に今年の最初の外来日に行ったんだ。
案の定、待たされて待たされて・・・なんと4時間半も待ったんだって。
紹介状があれば、初診でも予約ができるんだ。予約のないママは、すべての予約患者が終わった後にやっと診て頂けたんだ。
ママはそれを見込んで、本を一冊持って行ったんだよ。
「でもね、普通のソファーに長時間座っていると、足と腰が痛くて!」
患者さんがほとんどいなくなったので、足を延ばして体をそるようにしてファーに座ったらしいよ。体をそると楽になるんだって。

Illust1633_thumb_2

その初診外来の翌日にMRI検査をして、さらにその翌日に内視鏡手術の専門医に診て頂いたら、なんと椎間板ヘルニアを発症していたんだ。
神経などの様子は、X線やCTではわからないんだって。

それでママは、早速強力な鎮痛消炎剤を2種類処方して頂いたよ。
もちろん、足や腰に貼って鎮痛効果のあるロキソニンの貼り薬も出して頂いたよ。

「あらあら、あの病院に通っていたら、ボルト式の手術をされていたかしら?それともオペ前にMRI検査をして、手術中止となったかしら?あー怖い怖い!セカンドオピニオンって、大事ね」

Img_1229

でね、最近のママは、朝になると鎮痛剤が切れかけているせいもあって、顔を歪めてあわててカスピ海ヨーグルトを食べて、鎮痛剤とアレルギー性喘息のお薬を飲むんだ。

「胃の中に何か入れてからお薬を飲まないと胃炎になるのよ

ママはね、当分安静にしていなくちゃいけないんだ。
というか、お薬を飲んでも動きによっては足腰が痛むので、どうせあまり動けないんだけどね。
椎間板ヘルニアの保存療法は、まずは安静。
少し良くなったら、筋力をつけるために軽い体操を始めるんだ。
80%の人は、3か月以内に自然治癒をするんだって。
ママもきっとすぐによくなるよ!

今のところ僕のお散歩当番は、パパなんだ。

Img_1301

ママには内緒だけど・・・パパとのお散歩の方がスピード感があるよ。
ママと一緒の場合は、犬友だちのママたちとのおしゃべりで立ち止まることが多いんだもん。

でも、ママも早く全快してほしいよ。
ママ自身も、スポーツクラブをお休みしなくてはいけないので、当分好きなフラダンスもできなくてがっかりしているよ。

Blogpicturef66


僕もね、やっとセラピー活動が本格始動すると思っていたのに、ちょっぴり残念だよ。
2月はどうかな?
アッシー君がいればいいけど・・・パパは免許すら持っていないし。
ママはゴールドカード免許証を持ったペーパードライバーだしね。
僕が大型犬だったら、ママをそりにのせて運んであげるんだけど。
サンタさんを運ぶトナカイさんみたいにね!

Illust429_thumb

でも、体重4キロちょっとの僕には、夢の夢だね。


Pictureboge10mix

さて話変わって、また僕のところに「こども ちゃれんじ すてっぷ」という郵便物が届いたよ。

Img_1501

「荒井 ショパン様  保護者の方へ」 って書いているよ。

「一年後の入学に向けて 自立の一歩を踏み出しませんか?」

僕は2月で5才になるけど、もし人間の子だったら一年後に小学生になるのかな?
自立って何のことだろう?

僕はちゃんと4本足で立っているよ。たくさん走れるよ。

Img_1507

さてと、封筒にはこんなものが入っていたよ。

そしてね「このCDに入っているアニメの続きが読みたい人は、2月号を買ってね」なんて書いてあるんだ。
これって、ちょっと変だよね。商売気が見え見えだよ。

どういうわけか、僕のことを人間の男の子と思っているらしい「こどもちゃれんじ」という会社は、6年後も「いよいよ中学生ですね」なんてメールを書いてくるのかな?

Img_1169

僕はお勉強よりも遊ぶ方が好きだよ!

Img_1203

りんごちゃんやゴリラ君と遊んでいる時、僕は本当に幸せなんだ。

Img_1212

特にこのゴリラ君を口にくわえてじっとしている時、僕は一番心が落ち着くんだよ。

「もとはアニマルスリッパのゴリラ君は、今ではひどい姿ね」

パパやママは、口ではそう言うけれども、僕が幸せな気分の時にゴリラ君を30分以上お口にくわえているのを見ては 「ショパンは、今とても満足しているのね」って、わかってくれるんだ。


Blogpicturef67


さてと、ママもについていえばね、上のような色合いが好みなんだ。
だからママの描く心象画風な色遊びは、こんな色遣いが多いね。
こんな色を使っている時は少し幸せな気分なのかな?

今月は、ドッグセラピーに行けそうもないし、ママとのお散歩もないし、だからワン友のことも書けないし・・・

あっ、そうそう・・・・お正月にはステキなことが起こったんだ!
といっても、ママのブログ仲間のお家のことなんだけど。

カタンさんのお家シ―ズ―のひまわりちゃんが、天使をふたり産んだんだよ!ええと、本物の天使じゃないけど、可愛い天使のようなシーズーの赤ちゃんを産んだんだよ!
おめでとう!

Illust833_thumb

癌の再発と闘っている詩人の心を持った、かたんのお家で奇跡が起こったんだ。

体が弱くて子供が産めないはずのひまわりちゃんが、一緒に暮らしている年下のファビーちゃんとの間に、可愛い天使のような赤ちゃんを産んでくれたんだ。

さあ、今度はカタンさんが奇跡を起す番だよね!

かたんさん、がんばってね!

もし、清らかな心に出会いたいと思った方は、ぜひぜひかたんさんのブログをごらんくださいね。きっと心が洗われるはず。
カタンさんの写した写真も芸術家の域だし・・・。
お料理の達人でもあるんだよ。

http://katan820.blog.fc2.com/

訪問して下さりありがとうございます。下をぽちっとクリックして下さいね。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

|

« 108)セラピー犬活動再開だ | トップページ | 110)お外は厳寒だけど・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 108)セラピー犬活動再開だ | トップページ | 110)お外は厳寒だけど・・・ »