« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月に作成された記事

2016年4月22日 (金)

151)九州地震に心痛む日々

僕ショパン!

なんてことだろう!
日本は地震大国と言われているけれども・・・ここ一週間ほどの九州地震はひどすぎるよ!
九州、特に熊本地方周辺に住んでいらっしゃる方にとって、毎晩恐怖で眠れないことだろね。 crying 
地震対策って、いったい何ができるのだろう。避難しかないのかな。

Img_8242

そしてなんと、あのかたんさんも大被害を受けてしまったんだよ!
壮絶な癌と必死に戦っていらっしゃるかたんさん
本当になんということだろうね。
シーズーのひまわりちゃんとファビー君もなんとか無事らしいけど、本当に心臓が飛び出しそうなくらいびっくりしたと思うよ。
今福岡に避難していらっしゃるかたんさんご家族、頑張ってね。
御病気が大変なのに、さらにお家がめちゃめちゃになってsad sad

Blogpictureg3_2

これはママの今の気持ちを色に表したものなんだって。

僕たちにできることは何だろう?
熊本地方の皆さま、つらいでしょうけど頑張って!

Img_8524_2

地球の地下深い闇の中で、恐ろしい大蛇のような断層が時々大あくびをするのかな?
僕には、断層って何のことかよくわからないけど。

Pictureb2_3

ええと・・・話題をかえるけど・・・

ママがね、先日大好きな水芭蕉の群生を見てきたんだって。
前にも話したけど、僕の家から歩いて15分くらいのところに青葉公園があって、そこには学術的湿地帯というのが自然のままに残されているんだ。

Img_8488_2

湿地には木道がはりめぐらされていて、いろんな場所を見られるよ。
ほとんどの木が、まだ裸状態なのに水芭蕉の花だけがみずみずしく咲いているんだ。
ちょっとした奇跡かな?
この公園には、この時期まだ少し雪が残っているんだ。

Img_8489

前にも話したけど、北海道では高山植物が低地で咲くんだよ。
だから、水芭蕉も尾瀬じゃなくても咲くんだよ。
ママは、東京に住んでいた頃3回も尾瀬の湿原歩きをしたんだって。
でも、水芭蕉の季節は混んでいて、バス席もとれないし、あきらめていたんだって。
「それがなんと、札幌に引っ越してきたら、近場の公園で水芭蕉の群生を見られたなんて!信じられないわ」

Img_8499a

ママが写真を撮ったのは、ちょうど地震の前の日。
まだ5分咲きだったけど、今は満開かな?

Img_8493_2

何度見ても、清楚でしかも凛として気品があるよね。

Img_8495_2

この花が散ると、こんどは葉っぱが巨大?に成長するんだって。
札幌に引っ越してきてまもなく、パパが朝のウォーキングの時に、この公園の湿地に咲く水芭蕉を見つけたんだって。

「まさか水芭蕉が、こんな低地に咲くはずがないわ」
とママは、最初のうちは半信半疑。

Img_8494

この水芭蕉群は、家族か仲間という感じがするね。
泥水の中で、支えあって生きているというか・・・

4月のまだ少し寒いこの季節に、ママの心に幸せを運んでくれる天使のようなお花なんだね。
帰り道にクマザサの緑が、少し目に染みたんだって。

Img_8504a

白樺も白い幹ばかりだし、木々に緑の葉は一枚もないよ。
でも、その中でクマザサの緑は、美しいなって感じたんだね。

Img_8485

帰りがけ、さらに小鳥が裸の木の枝で美しい声で鳴いていることに気づたんだって。
早く新緑の葉がいっぱいついた枝にとまって、心ゆくまで歌いたいだろうね。



Pictureblogb99

北海道に住み始めて、水芭蕉とは違う意味でママにとってうれしい驚きがあったよ。
網走などに白鳥が飛来することは知っていたけど・・・なんとすぐ近くでも!

ママが調べたら、北海道の有名な白鳥飛来地は5か所とかだけど。
http://find-travel.jp/article/27701

それ以外に、なんと札幌から近い旭川の川にも白鳥が飛来していて、今の時期は北へと渡る時期なんだって。
旭川に住むセラピードッグの仲間が写真を送って下さったよ。

Dsc03135_2

はるか向こうに小さく白鳥の群れが見えるよ。わかるかな?

Dsc03113

拡大して・・・これだとわかるでしょう?

Dsc03120

いよいよ飛行開始かな?いっせいにシベリアをめざすのかな?

Dsc03091

この写真を眺めていたら、もっと旭川の白鳥について調べてみたくなって、ネットをあれ探し始めたよ。

こんな記事を見つけたよ。

永山新川について

旭川の中心部から車で約30分。永山新川は旭川市内で最も有名な白鳥飛来地です。冬期間のピーク時には100羽を越える白鳥が休息する様子を見学できます。 近くには「川のふるさと交流館 さらら」があり,永山新川や永山地区の歴史を知ることができます。更に小中学生などの場合は川を監視する「操作監視室」の見学もできます

その中の数点を貼り付けてみるよ。

Img_7_2

こんな美しい白鳥が、集団で憩っている姿が見られるなんて!
白い雪に、純白の羽の色がすてきだね。

Img_5_2

白鳥の周りに、たくさんの鴨たちもいるね。

01204ab2042045570_1

この川でのんびりと過ごして・・・

いざ、旅立ちの時が来たんだね。
旭川は札幌から近いし、ママの生まれた土地だし、ぜひ白鳥を見に行きたいね。



何度見ても、純白の水芭蕉も白鳥も心を癒してくれるね。


Pictureblogb23




話変わって・・・
昨日は、セラピー活動で発寒中央病院の療養病棟に行ってきたよ。

Img_8548

この日も皆さまが、今か今かと待っていて下さるよ。うれしいな!

Img_8540

また来たよ、皆さまこんにちは!

Img_8554

4月ということで、シーズーのちゅらちゃんはセーラー服にランドセル姿で、皆様を楽しませてあげていたよ。

Img_8552

僕はというと・・・やさしく抱っこされて、ナデナデされるともうたまらない・・・・ウトウト。
お首には、ママお手製の桜の花飾りをつけたよ。
ひと足早めのお花見をして頂こうと思ってね。

ほかの子は?

Img_8560

チワワのアトムちゃんや・・・

Img_8562

ゴールエデンのローズちゃんや・・・

Img_8569

「早く私のところにワンちゃんが来てくれないかしら?」と、待ちわびていらっしゃる患者さまたち・・・

Img_8563

またもや、やさしくナデナデされるとウトウト気持ちよくなるよォ♪

あれあれ・・・?
Img_8546

あのね僕が抱っこされている時、ママがなんだかそわそわし始めたよ!
そして僕にはそれがなぜかすぐわかったよ。

Img_8544

病室の勤務室のカウンターに置いてあったこの子のせいだよ。
ママは、元の職場内でも有名な類人猿大好き人間なんだもの。
わが家にももちろん、いろいろいるよ。
こっそり見せてあげるね。

Img_8590

ママのお気に入りのモジリアニーの複製画の横にはゴリラ君。
体が大きすぎて邪魔になり、食器棚の上にいるよ。
でもね、モジリアニーの横にいられるなんて、名誉なことなんだよ。

Img_8591

このオランウータンの子供も、40×40(cm)の大きさなので、飾り棚の上にいるんだ。その隣には、チンパンジーの子供がいるよ。

Img_8592

なにしろ、ママは4回もボルネオ島にオランウータンに会いに行ったくらいなんだ。
本当は、一番好きな動物は犬ではなくてオランウータンらしいよ。


Pictureblogb28

さてと話をもどして・・・発寒中央病院では、玄関ロビーに季節毎美しい飾りつけをしているよ。
この日は、端午の節句の飾りつけをしていたんだけど。

仲間の集合写真を写してfacebookにのせることになったんだ。
ママは、その直前のガヤガヤした雰囲気をパチリ。
お澄まし写真が好きじゃないママは、生き生きとした動きのある写真ばかり撮るんだよ。

Img_0510_2

この日は札幌の5月末から6月のかけての暖かさということで、セラピーの帰り道にたくさんの元気な春を見つけたよ。

Img_8528_3

発寒中央病院のお庭には、ふきのとうがフキの子供になりかけていたよ。

Img_8529_3

北海道で、春を告げる花はこの水仙かな?香りをかいでみよう。

Img_8530_3

この病院の玄関には季節毎に、いろんなお花の鉢が飾ってあるんだよ。
病院受診の患者さんも、たくさんのお花に癒されているんだね。

Img_8578_2

あっ、みっけ!ママの大好きなアジサイの芽が出ているよ。
東京では梅雨時に咲くこの花も、札幌では真夏の花なんだ。
枯れ木に見えるのに、雪の下でちゃんと生きているんだね。

Img_8586_2

あっ、ここにも春の芽を見つけたよ。

Img_8584_2

つくしんぼだよ!
これって、佃煮にして食べられるんだって。

Img_8588_2

一見枯れ枝に見える木々にも、たくさんの希望の芽が出ているよ。

熊本地方の皆さまにも、こんな希望の芽がたくさん生まれますように!

Pictureblogb31




訪問して下さってありがとうございます
lovely
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »