« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年8月に作成された記事

2016年8月30日 (火)

155)台風の合間にユリ園へ

僕はショパン!

Blogpicturef3


めったに北海道までやってこない台風が、この一週間に3回も強襲。
あちこちで被害があったらしいよ。人や車も流されて、家も破壊されて、収穫間近だった野菜類も被害にあって・・・。
急速に科学文明を発達させている人間社会なのに、自然災害にだけはいつまでも負け続けているね。
ねぇーなんとかならないのォ?

Img_9195a

つい最近も、イタリアの地震災害のニュースを見たけど・・・悲しみに沈む人々を見るのは本当につらいね。

さてとね、別の台風が日本に上陸しそうなんだって?北海道にも?
台風さんの気が変わって、くるっと別の方向に行ってくれないかな?

Pictureblogb5

さて・・・台風の合間をぬって小樽の銭函にあるユリ園にパパママと家族3人で行ってきたよ。
じつのところ、一番の美しい時期は過ぎてしまったので、混んでいないしお花の数も少なかったんだけど、それなりに楽しかったよ。

Img_9592

近くに寄って眺めてみると、なかなか華やかで美しいユリたち。 

Img_9595

ママは、ここでもやはり白いユリに心惹かれるみたいだよ。
でも、僕はピンク色のユリがいいかな?

Img_9582

この場所は、冬にスキー場になるんだけど、夏にも利用しようということでこのユリ園を作ったらしいよ。

Img_9626

だから、頂上までは二人乗り用のロープウエイがあるんだ。
ふふふ・・・僕もパパに抱っこされて登りの初乗りをしたんだ。

Img_9601

帰りはゆっくりと歩きで下りながら、ユリの花を観賞したんだよ。

Img_9606

向こうに見えるのが海だよ。この日は少し曇っていたけど、晴れていたら真っ青に見えるのかな?

Img_9605

黄色のユリの花も見つけたよ。

Img_9620_2

坂道には、木くず?のようなものが敷き詰められていて、下りも滑らずに歩けるよ。

Img_9612

途中で、こんな鐘があったので、僕も鳴らしたくなったよ。

Img_9613

カーン ♪~   結構大きな音なので、ちょっとびっくり!
その隣には・・・

Img_9617

この椅子にはママも座って・・・僕はというと、おいしいおやつを貰って幸せな気分♪~
うーん、たしかに幸せの椅子だよ!

Img_9624

ふもとに降りるとドッグランがあったけど、犬は一匹もいないし。
想像していた華やかなユリ園ではなかったよ。

札幌市内には別の大きなユリ園があるらしいけど、車がないと行きにくいんだ。
東京では、どこでも電車で行けたらしいけど、札幌では車がないと大きな公園には行きにくいよ。何しろ、札幌は車社会だからバスが一時間に2本くらいしか走っていないしね。


Pictureblogd29

セラピー活動では、いろいろお話したいことがたくさんあるけど、何しろママは当分忙しくて秋の適性検査用の犬の活動集計表を作り終えないとゆっくりできないんだって。

だから超スピードで、最近一か月のセラピー犬活動の写真とお話を載せるよ。

Picturefr3
夏休みを利用して、小学生がセラピー犬活動を体験しに来たよ。
札幌市で主催したボランティア体験隊の一員なんだって。

Img_9353

みんな礼儀正しくて、最初に自己紹介をしてくれたよ。
「・・・で、僕のことは、きらきらと呼んで下さい」「私のことは・・・」

Img_9376

子供たちは一生懸命・・・
高齢者の方々にとって、生き生きとした子供たちの姿はずっと心に残るのだろうね。
愛する孫たちの姿と重なって・・・

Img_9361

小学生も加わって、賑やかで楽しいセラピー活動が始まったよ。

Img_9385

Img_9387

セラピーが終わったら、小学生からの質問があって、人間の会員たちが答えていたよ。
子供たちは体験後に報告書を書かなくてはいけないんだって。

Img_9416

全員テーブルに向って、真剣に何やら書いていたよ。

Img_9403

僕は犬でよかった!そんな面倒なことをしなくてもいいんだもん。
最後に子供たちが僕たち犬を抱っこして記念写真も撮ったよ。

Img_9398_2

子供たちのおかげで、とても心楽しい活動日になったよ。

Img_9404

僕たち犬は、小学生が報告書を書くのに邪魔にならないよう、お部屋の隅っこでじっと座って待っていたんだよ。




Pictureblogd3Picturefr2

グループホーム<トトロの森>でのセラピー活動は、最近大型犬中心になったよ。
ママは最初、狭いリビングで大型犬が数頭なんて大丈夫かしら?なんて心配していたけど、ぜんぜん問題ないことがわかってホッとしているよ。

Img_9426

「ねえ、ミネさん!104才のミネさんは、今日は御機嫌がいいね」

Img_9439

この日も、2頭の小型犬に4頭のラブラドール犬。
4頭とも、盲導協会から譲っていただいた犬なんだって。
実際のところ、パピー犬を経て盲導犬としての訓練を始めても、そのうちの3,4割しか盲動犬になれないんだって。残りはキャリアチェンジして、元のパピーウォーカの家に戻ったり、他の人に貰われたりするんだって。

Img_9440

小型犬の僕とナナ君が、ソファー側に座って、ラブ君たちは床。

Img_9441

セラピー活動開始したばかりのナナ君は、まだ初めての方に抱っこされるのは苦手なんだって。

Img_9442

でもね、犬の扱いのお上手なAさんになら、ホラ抱っこされたよ。
ナナちゃんのお母さんが大喜び♪~

Img_9452

それにしても、ナナ君の舌は長くて立派だね!

Img_9453

大型犬達は、すぐにゴロンとするので、リビングの狭さを感じないよ。

盲導犬の訓練では、犬達は休憩する時などは人間の活動の邪魔にならない姿勢をとるんだよね。電車の中でも、体を縮めてゴロンとする姿を見ているけど。

Img_9457

フィラ君も、今いるお家でパピー犬として育てられて盲導犬協会に戻って訓練。
でも盲導犬不合格でキャリアチェンジ。大好きなパピーウィーカーのYさんのもとに戻ってきたんだよ。

そして、フィラ君のお家にはまた新しいパピーちゃんが一緒に暮らし始めているんだって。
「僕は盲導犬になれなかったけど、君は頑張ってね」「うん」
フィラ君とパピーちゃんは、こんな風に話しているのかも?

Img_9431

あれっ、同じ格好をして後ろ脚を広げて伏せ?しているよ。
子の方がラクチンなのかな?
たしかに僕も、おやつを食べる時、こんな風にのびをしているかも。

Img_9427

皆さまの足元でゴローン。狭い場所でもちゃんと体が収まるよ。

Pictureboge69

トトロの森でのみんなの様子を動画で見てね。

Picturefr3_2
僕は一か月に6施設くらい訪問しているけど、そのうち2施設は写真厳禁。なんでも入所されていることは他の人には秘密なんだって。

さて、僕はここの施設が大好き。院長先生や院長夫人や、スタッフの方皆さまやさしくて大好き!

Img_9518

だからママもね、もしもお祖母ちゃんの体の具合がうんと悪くなったら、この病院に入院させて頂きたいって思っているくらいだよ。以前、総看護師長さんにそんなお話をしていたら「いつでもどうぞ!」って言われたんだって。

Img_9504

「こんにちは♪~」
この方は以前は犬が怖かったんだけど・・・最初に僕がそっとそっと近づいていって・・・今では犬が大好きになって、こんな風に抱っこして下さるんだ♪~

Img_9508

皆さま素敵な笑顔を見せて下さるよ。

Img_9512

ナデナデしてくださる手から暖かな気持が伝わってくるよ・・・

Img_9523b

この方も、ワンちゃんが大好き!
うれしすぎて、たいていお目目に涙が一杯あふれて・・・・
そんな時、ここに来てよかったと思うんだ。

Img_9532

オーストラリアンラブラドゥードルのワシントン君をパパちゃんが抱っこして近寄ったら、うれしくて泣きだす方・・・それを見ていて僕もホロリとしちゃったよ。

今日は、サン君が素敵な芸を見せてくれたよ。



すごいすごい!みんなで大拍手♪~♪

Pictureblogd20


さて・・・セラピーが終わってはんせいかいも済んでから、犬たちだけで記念写真を写すことになったよ。 

全員集合!

Img_9534

全員待てっ!

最初は、全員上手に待てができたけど・・・誰かがちょっと動くと、次々と隣の子も動き出して・・・なかなか全員集合できないよ。

Img_9538

全員集合できたよ!とおもったら、あれあれ一頭足りないよ。
ということで、集合写真は失敗!

その時の動画があるよ。



頑張って、たくさんの動画を載せたよ!ああーちょっと疲れた。

ママは手が遅いし、また1ヶ月後にしか更新できないかも?
これを書き終えたら、あとは犬の活動数集計に専念するらしいよ。

Blogpicturef83

訪問して下さってありがとうございますlovely
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »