« 165)水芭蕉の花・五月人形 | トップページ

2018年5月27日 (日)

166)二世モコちゃんお空に

僕はショパン!

Img_2513
「太田モコ(2世)ちゃんが虹の橋を渡ってしまったの・・・」
ママが悲しそうにつぶやいたよ。
「えっ、モコちゃんってママが話してくれたあの里子の?」
僕は、何が何だかわからなくなったよ。
Blogpictureg26
 
5月になって春の花が次々を咲き始め・・・
桜と梅が仲良く満開になり・・・

Img_2488
チューリップやツツジや芝桜が散歩道の家々のお庭をにぎわし
Img_2604
可憐なスズランも目を楽しませてくれて・・・

Img_0981
ライラックの花も美しく咲き始めているのに
そんな花でいっぱいになり始めた5月なのに

どうしてモコちゃんが出来立てほやほやのお父さんお母さんを置いてお空の国に行ってしまったの?
僕はモコちゃんと会えることを楽しみにしていたんだよ。
僕にはさっぱりわからないよ!
モコちゃんとはまだ写真でしか会っていなかったんだけど。

S_7997842237439
この写真はつい最近のかな?素敵なお着物だね。

S_7997841793165
モコちゃん(2世)は、大好きなお父さんとお母さんに見守られて
ゆっくりとさようならをして・・・
お空の世界に旅立ってしまったんだって・・・
Pictureblogc17

モコちゃんが急に食欲をなくして痩せ始めたのはつい4月のこと。
病理検査の結果は、末期の肝臓癌!
それを聞いて僕のママは、言葉をなくしてしまったよ。
モコちゃんは、長いことシーズーの繁殖犬をしていたんだ。
毎年たくさんの赤ちゃんを産んで、お乳をやって育てていたんだ。
でも、愛情たっぷりに育てていても、2か月もたたない内に子供たちは手元から取り上げられて誌まったんだね。それも何度も何度も!
どんなにか悲しかったことだろうね!

えらかったね、モコちゃん!
1410164463813_2
そしてモコちゃんは繁殖犬を卒業してからも、ブリーダさんの元で里親を待ちながら、狭いケージの中だけで暮らしていたんだ。
お散歩もしたことがないし、トイレのしつけもされなかったんだね。
でも数種類の犬のブリーダーさんだったから、ケージの中で入れるよりほかなかったんだろうね。

Pictureboge93
一方で太田家では、僕のセラピードッグ仲間だったシーズーの一世モコちゃんが昨年の4月に何の前兆もなく虹の橋を渡ってしまったんだ。
あまりに突然のことだったので太田家では寂しくて寂しくて・・・夏が過ぎた頃にシーズーの里子を探し始めたんだって。
ママも一緒にシーズーの女の子を探してあげることになったんだ。
すると小樽のブリーダさんが、繁殖後の犬の里親を募集しているのをママが見つけて太田さんにご連絡したんだ。

Illust3002_thumb

初対面で直ぐにお父さんとお母さんがモコちゃんを大好きになって
モコちゃんも二人が気に入って抱っこさせてくれたんだって。
それを見たブリーダーさんがトライアルなしで、このままモコちゃんをお家に連れ帰っていいことになったんだって。

相思相愛だったんだね。

S_7063104412119_2
初めてのお洋服。
初めての家族との生活。
初めての室内トイレのしつけ。
頭の良いモコちゃんは、あっという間に全部クリアしたんだ。
たいていの犬は11歳にもなっていたら、なかなかうまくできないよね。
S_7096489800158_2

でもモコちゃんは、あっという間に太田家の子供になっていったよ。
いろんなことをどんどん覚えていったんだ。
お家の中での生活にも徐々に慣れていって・・・
S_7196838305729

もう何年も太田家の子供をしているみたいだね。
S_7106198878651_2
大好きなお父さんのおひざの上で、どんなお話をしているのかな?
お父さんが歯磨きをしている時、後ろでずっと待っているんだって。
お母さんといっしょにお昼寝をするのも大好きだったらしいよ。

S_7837277897793

おしゃれなお洋服も、すごく似合っているよね。
半年前まで、あのケージの中しか知らなかったなんて、とても想像できないね。
でも・・・それなのに太田家の家族になってたった半年しかたたないのに、モコちゃんは虹の橋を渡ってしまったんだ。
 
S_7378546024266
モコちゃん(二世)は、お空の国の花園でお迎えに来てくれた太田モコちゃん一世と一緒に、大好きな太田家のお父さんとお母さんのことや、お家での生活やらいろんなことをお話していることかもしれないね。

Illust608_thumb
太田家の娘になってから半年という短い期間だったけど、モコちゃんにとっては何物にも代えがたい素晴らしい時間だったことだろうね。
病気になってからは、一日中お父さんとお母さんに交代で抱っこされていたことだろうね。
モコちゃんがお空の国に行ってしまったのは悲しいけれども、モコちゃんがその一生のなかで、とびっきり幸せな半年間を送ることが出来たことが、せめてもの救いかな。
 
Img_2567

二人のモコちゃん!
お空から、大好きなお父さんとお母さんのことを見守ってあげてね。
 
Img_2570

このお花を見たら、二人のモコちゃんに見えてきたよ。

Img_2581
最近ちょっと体調を崩して大学病院でいろいろ検査を受けた僕は、門脈シャントという先天性の病気を持っていることが初めてわかったんだ。
もう少し検査があるけど、たぶん問題なしだと思うんだ。
だって今はすごく元気になっていて、お外を走り回っているもの。
Pictureboge67
とはいえ僕だっていつ突然お空の世界に行くかわからないから、
今を一生懸命に生きるつもりだよ。

Img_2571
Pictureboge50mix
「太田お父さんお母さんも、私たち二人が突然いなくなって
とってもさびしいでしょうけど・・・
どうかお体を大切になさってくださいね」
お空のモコちゃんたちからそんな声が僕に届いたよ。
Illust1467_thumb
 
 
訪問して下さってありがとうございますlovely 
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

|

« 165)水芭蕉の花・五月人形 | トップページ

シーズー犬ショパン君の日記⑨(9才)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500091/66763108

この記事へのトラックバック一覧です: 166)二世モコちゃんお空に:

« 165)水芭蕉の花・五月人形 | トップページ