カテゴリー「シーズー犬ショパン君の日記⑤5才」の記事

2015年2月 6日 (金)

129)お祖母ちゃんと同居

僕はショパン! 

いよいよ今日から雪まつりが始まったよ!
日本中から、海外からたくさんの観光客が集まるんだね。

Img_4408
(↑ パパに抱っこされてお寝んね!あったかくて安心だよlovely

札幌は例年よりも温度が高くて、雪まつりが心配だったよ。
大雪像を作っていた方たちも、気が気じゃなかったと思うよ。
だって1月下旬日中は温かな陽射しで歩道の雪が解けていて、水混じりのザラメ状態だったしね。数年前に雪像が崩れて高齢の女性が怪我をされたことがあったもの。

そして夜に零下に冷えると、歩道はまるでアイスリンク状態。
ママもパパも、アイスバーン専用のスパイクをお靴に付けているよ。

61hhywiyq7l__aa160_

ずっと北海道に住んでいる人は、こんな物に頼らなくても上手にアイスバーンを歩けるみたいだけど、ママは長いこと東京に住んでいたから歩けなくなっているんだ。

何しろ北海道に住んでいる若い女性は、東京の女性と同じヒールの高いブーツを履いていたりするんだ。もちろん滑りどめスパイクなんてつけていないしね。ビックリだよ!
4本足の僕だって、ときどきアンヨがズズーって滑るのにね。

北海道の車道は、融雪剤を撒いているのでほとんど雪がないんだ。
「まあ、融雪剤って塩のことなんですって!その塩のせいで、車が錆びやすいらしいわ」とママが、びっくりしていたよ。
そう言えばね、室戸岬の住んでいたパパの友人が「塩で車がすぐにさびて困る!」ってこぼしていたらしいよ。

塩分は生きるために欠かせないものだけど、食事で取りすぎると、逆に体を少しずつ痛めてしまうんだよね。
だから僕の心臓病のお祖母ちゃんは、減塩食を食べなくてはいけないんだ。
でもね、お祖母ちゃんは昔から塩辛いものが大好きで、お祖母ちゃんの冷蔵庫には塩分の強い食べ物が一杯!それでいつもママがプンプン怒っていたよ。

でもね、明日から僕のお家で一緒に暮らすことになったら、一日食塩6g以下の食事しか食べられないよ。だいたいにして僕のお家の塩加減は、かなり薄味みたいだしね。
お祖母ちゃんは一か月の入院で、だいぶ薄味に慣れてきたかな?
「病院食は味がしなくて、おいしくない!」って言っていたけど。

Img_9229

今年はパパとママと一緒に雪まつりを見に行くお約束をしていたけど・・・その頃にお祖母ちゃんが僕のお家にやってくるから、いろいろ忙しくて無理かな?
それに雪まつり期間は、日本中世界中からたくさんの人たちが集まるから、東京のラッシュの満員電車並みに混むから、大雪像の近くでは身動きとれなくなるんだ。
じつは去年の雪まつりがそうだったんだ。
途中で、ママも僕も行列に巻き込まれて動けなくなってしまったよ。

ふふふ・・・雪像を見ていた僕が可愛いって、外国の方がパチリ!
「ホラ、この子がね、日本の札幌雪まつりに来ていたシーズーだよ」
なんて写真を見ながら説明してくださったかな?

今年の雪まつりの大雪像には、パパの大好きなスターウォーズの一場面があるらしいよ。
パパはスターウォーズのDVDを全部持っているんだ!

Img_4493

僕のお靴は、カナダ製の靴下型。ゴアテックスみたいな生地でできている優れ物。
じつは、ママの防寒靴よりも高いんだって!エヘヘ・・・happy01

上の写真の僕の足元は、アイスバーンだよ!つるつるなんだ。

Blogpicturef40


北海道の冬のお天気は、入れ替わりが激しくてついていけないよ!
ある日突然牙をむくんだもん!

Img_4411

朝ベランダからお外を見ると、吹雪で遠くがかすんで見えないよ。
あれっ?昨日まであんなにいいお天気だったのに!
パパとトイレ散歩に出かけたら、車道もいつもの馬場公園も雪煙で見えないよ。

Dsc_0403

左側に公園があるんだけど・・・

Dsc_0397

晴れた日の馬場公園は、こんな風にたくさんの子供たちがソリを楽しんでいるんだ。
馬場公園は、元牧場主の馬場さんが市に寄贈してくださった昔の牧場の緑の丘をそのまま生かしているので、子供用スキーや中高生のスノーボードの練習にはもってこいなんだ。
Illust3624_thumb_2

僕だって、スノーボードくらいできるかな?無理かな?
スノーボ犬もいるんだもの。
Pictureboge18

今、ママとパパはお祖母ちゃんの引っ越し荷物の整理に追われているよ。

ママ方お祖母ちゃんはね、昨年12月26日から心不全で入院中だったけど、もう一人暮らしは無理ということになって、退院後は直接僕のお家で同居することになったんだ。

1月31日に僕のお家にお祖母ちゃんの荷物の引っ越しをしたんだけど、3LDK分の荷物の中でお祖母ちゃんの必要なもの以外はすべて廃棄処分にしたんだ。
お祖母ちゃんは[あれも捨てるの?あれは持ってきたいわ」とブツブツ言っていたけど、ママたちは大英断をしたんだ。

Img_4464

「僕も何かお手伝いするよ」

お祖母ちゃんがこれから過ごすお部屋は、たったの6畳間。
ベッドを置けるように、フロ-リングもどきのマットを敷きつめたので、一見洋間風なんだ。
そこにリラックス座イスも置いて、ミニテレビとビデオデッキも設置。

パパとママが、説明書を見ながらベッドを組み立てていたよ。
お祖母ちゃんは体重32kgほどの小さな人だから、普通サイズのベッドは大きすぎるくらいなんだけど。

Img_4455_2

「僕も手伝いたいなぁー」って言ったけど、パパに断られちゃった。
「ショパンの気持ちはうれしいけど今日は見ているだけでいいよ」

Img_4460

このベッドヘッドは、ライトもつくし、コンセント口が二つ。
それに2段の棚があって、とても使いやすそうだね。
読みかけの本を置いたりとかできるし・・・。

お祖母ちゃんはおしゃれな人で、お洋服をたくさん持っているよ。
一部はママのクローゼットに入れてあげるんだって。だからママは「このお洋服は多分着ないから捨てるわ!」と言いながら自分のお洋服を捨てていたよ。

お祖母ちゃんは、一週間ほど叔母ちゃんのお家にいるんだって。
その間に、ママとパパは大忙し。
「なかなか整理ができないわ」

なにしろ、お祖母ちゃんは(6畳間+アルファ)の許容範囲を超えた量のお荷物を持ってきたからね。

Img_4495

リビングにまではみ出しているお祖母ちゃんの荷物。
僕は荷物の隙間を探検をしたんだ。

Img_4496_2

クンクン・・・お布団の匂いがするよ。

Img_4498

僕の体なら、かなり狭いところでももぐりこめるんだよ。

Img_4497_2

なんだか不思議な気分だよ。

Img_4499

探検終了!特に怪しいものはナシ。

これまでお祖母ちゃんが僕のお家に泊まりに来るときは、僕はいつもお祖母ちゃんと一緒に眠ったんだ。

Img_4423

こんな風に、僕はお祖母ちゃんのお布団の上に先回りをして、ゴロンとしていたんだよ。

「ショパンはパパやママとは一緒に寝ないのに、お祖母ちゃんとはお布団の中に入って仲良く寝るのね」

Img_4502

さて僕は今考え中。
お祖母ちゃんがお布団でなくてベッドに寝ることになると、僕はどうやってベッドの上にあがろうか?じつはね、もう少しで6才になる僕は、最近跳躍力が落ちているんだ・・・。

「ショパン!大丈夫よ。ちゃんと足台替わりのクッションを置いてあげるから」
ママが笑顔でそう言ってくれたよ。
ああ、よかった!

Img_9203

和室の押し入れも大整理!これが僕のうちの唯一の押し入れ。
最近のマンションは、押入れの代わりにクローゼットと納戸(=ウォークイン クローゼット)が用意されているね。僕のお家もそうだよ。

予備のお布団はすべて圧縮袋に入れて、不要な寝具は捨てたよ。
押入れ下段には、お祖母ちゃんが使っていた押入れダンスを置くんだって。

さらにベッドは、すのこベッドにしたんだ。
「これだと、ベッド下にたくさんの収納ケースを置けるのよ」
そしてママは、裾にフリルが付いている洒落たベッドスプレッドを注文したよ。

「ざんねーん!オフホワイトがなかったわ、べージュで妥協ね」
僕も見たけど、なかなかいいよ!
「フリルのせいでベッド下がすっかり隠れるばかりではなくて、収納ボックスも開けやすいのよ」

なんだかママは、おままごと?を楽しんでるみたい。なんて言ったら、きっとプンプンかな?



Pictureblogd29

1月に訪問した高齢者福祉施設すべてで、僕は着物を着たよ。
前にも書いたけど、着物って言っても、じつは女物なんだ。
セラピードックの仲間から頂いたものなんだ。

Img_4473

着物柄は男の子用でもいいくらいに地味だけど、オレンジ色の蝶結びの帯が金糸が混じっていて派手だよ。羽飾りも付いているんだ。

「娘(ウエスティ)のために買ったのに、小さすぎて着られないのよ」
僕が着たら、ほぼぴったり。ママがサイズを少し手直しをして、単衣を二重に変えてくれたりしたら、完璧!
僕たち犬って、一見して年齢や性別がわかりにくいし、僕はいつでも女の子に間違えられるんだ。それにママは、僕にピンク色や赤のお洋服を良く着せるんだ。

Picturefr3




Img_4489

「おや、着物を着ているんだねぇ」
と、皆様が嬉しそうに言って下さるんだ。
着物を着て行ってよかったな。

Img_4472

でもね、今年の北海道はインフルエンザが流行っていて、大きな施設は軒並み訪問中止になっているんだよ。小さな施設の方が、感染予防しやすいんだね。

Img_4474

ここは、お一人ずつドアのついたお部屋で自立されているグループと、要支援グループとが2階と3階に分かれて住んでいらっしゃるんだって。
セラピー活動の時は、二つのグループが一緒になるんだよ。

Img_4484

僕と同じシーズーのそら君5才。ちょっぴり緊張タイプなんだ。

Img_4486

それに比べて僕は、なんと気が緩んでいるんだろう。
抱っこされてナデナデされると、僕は眠りそうになるんだ。

Img_4488

トイプードルのマロンちゃん2才は、今日がセラピードッグとしての初めての活動日なんだって。
どんなにか心臓がドッキンドッキンしていただろうね。
僕も2才になってすぐに、セラピー活動をはじめんだ

おもいだすなぁ^^^^^^

Img_4490

チワワのアトムちゃんは9才の女の子。
すごくお利口さんで、いつも元気いっぱい。
体がやわらかくて、コロンコロンと何度も床で回転できるんだ。
僕は一回しかできないのにね。

Img_4482

相変わらずおしとやかで美人のくるみお姉さまは、ヨーキー13才。
やや足腰が弱ってきているので、滑る床では歩けないんだって。
絨毯が敷いてあれば、大丈夫らしいんだけど。

僕たち犬は、本当にあっという間に年をとるんだ。

毎日を大切に大切に生きなくちゃね!


この日のセラピー活動メンバーは以上だよ。

Blogpicturef12


僕とママは、セラピー活動の帰りにキャバリアのタンタンちゃんに会いに行ったんだ。
タンタンちゃんのお家は、円山から近いんだ。
犬が怖いタンタンちゃんだけど、少しづつ僕のことを受け入れてくれているよ。
僕がタンタンちゃんの11年間での初めてのワン友になれそうなんだ。

Img_4015

最初の訪問では、タンタンちゃんはキッチンの隅っこにかくれてしまったよ。
その次の訪問では、隠れていたけど僕が帰る時、廊下に出てきて僕を見送ってくれたよ。

それから次の訪問では・・・なんと僕のすぐそばで、ソファーに座って静かにしていたよ。
僕のことを危険人物(犬?)じゃないって、わかってくれたんだね。
その後、僕と一緒に並んでおやつも食べたよ。
すごーい変化だね。タンタンちゃんの初めてのワン友になるまであと一歩かな?

僕とタンタンちゃんが一緒に遊んでいる写真を、絶対アップするよ。

Picturefr2




Img_4433

 
この施設は、いつ訪問してもまるで我が家にいるよう。

Img_4432

いつもワイワイにぎやかで、笑い声が絶えないよ。

Img_4428

102才のミネさんに、これからいつまで抱っこして頂けるかな?

ミネさんと同様に僕の気がかりな方は↓
Img_4424

元看護師をされていたハナさんは、この日は100%僕を受け入れてくださったよ。
この日も、僕以外のメンバーはいつもの3頭。

来月もがんばるぞぅー

Illust1415_thumb

訪問してくださってありがとうございます!
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月18日 (日)

128)僕は毛布が大大大好き

僕はショパン!

今年は、新年早々から北日本は大荒れのお天気!

Img_4412

「あーよかったわ」
ベランダからお外を見ていたママが、ほっとしたお顔でそう言ったんだ。
吹雪のせいで、ベランダのちょっと先がぼおっとかすんでいるよ。

「どうして?」と僕がママに聞くと・・・

「今、お仕事をしていないからよ。お仕事をしていたら、どんなお天気でも頑張って病院に行かなくてはいけなかったから・・・」

臨床検査技師のママのお仕事は、大学病院での患者さんの脳波検査。予約制だけど緊急検査も入ることもあったんだって。生死を争う重病の患者さんの検査の場合もあったらしいよ。

「最近脳波について、いろいろな角度から研究されていて、ロボット研究にも使われていて脳波の地位が上がった気がして、なんだか嬉しいの・・・」

「脳波って生きているのよ。その時の気持ちや状態や意志によって、どんどん波形が変化するの。脳波って本当におもしろいわ」
脳波の話をし始めると、ママの目が輝くんだ!

Img_9204_2

ふーん!僕たち犬も脳波検査をするのかな?


Pictureboge3



さてと話変わって、僕は体に毛布を巻きつけるのが好きなんだ。
上の写真の時は、お星様模様のついた青い毛布。
(実はフリースの小さな膝かけ?これが僕サイズの毛布代わり)

Img_9208

大好物の<だ>をねだる時のポーズでも、毛布は離さないよ。
ちなみに僕の場合は<だ>って、青首大根のことだよ。

Img_9214

僕はこんな大きな<だ>をお口にくわえたまま、ママが「1.2.3.・・・・」って数えるのをじっと待つんだ。時には1歩ずつ後退するんだ。ママに気づかれないように・・・まるで「だるまさんが転んだ」をやっているみたいに・・・ね。
「8」で期待がいっぱいに膨らみ・・・「9」で準備完了!そして「10」でいつもの僕の食卓のクッションに走るんだ。

そして味わいながら、ガリガリガリ
ああ、しあわせ!

Img_9216

毎晩寝る前にはお夜食の<だ>を食べて・・・それから廊下を走って洗面所にかけて行くんだ。これが僕のいつもの決まり!
それからどうするのって?

Img_9205

僕はね、洗面台に向かって飛び上がりたくなるんだ!
今まさに飛び上がろうとしている瞬間!
あっ、パパに見つかっちゃったよ。

Img_9206

どうして飛び上がりたくなるのかは、ひみつ!

そしてこの後は、また走ってリビングに戻って、ベランダからお外を眺めて、それからケージの専用トイレでおしっこをして、パパにご褒美をもらうんだ。

Img_9242

こんな感じで「頂戴!頂戴」って言うんだ。
この白い引出しの中が僕のおやつ箱さ!
(この写真では、僕の尻尾に赤い毛布がからみついているよ)

ご褒美のおやつを食べたら・・・次は僕の大好きな味のジェル歯磨き2種類でママに歯磨きをしてもらうんだ。一種類の歯磨きは赤ちゃん用で、フッ素が入っているんだ。
僕の体重4kgちょっとは、ちょうど人間の赤ちゃんの生後1,2ヶ月目くらいかな?

お口もきれいになったし

おやすみなさーい


Illust3271_thumb


こんなに毛布が大好きな僕って、変な子かな?ムニャムニャ

Img_9232

でもさ、体に毛布を巻きつけていると、なんだか落ち着くんだ。
巻き尾のせいで、飛び上がっても走っても毛布は落ちないし。
寒がりの僕は、温かなお部屋でも毛布が大好き。
お顔を隠されてしまうと・・・いつの間にかウトウト・・・。
ほら穴に入っている気分になって、落ち着くし眠くなるんだ。

Pictureblogb25


じつはね、体重計に乗る時も毛布を背中に乗せたままの時があるんだ。

Illust3043_thumb




「ショパン、毛布をはずさないと体重が重くて損するよ!」とパパ。
あれっ?と、あわてて毛布をママにはずしてもらうんだ。

Img_9259

僕と毛布は一体化していて、全然違和感がないんだ。
ほかの子はどうかな?

「集中暖房で、さらに床暖もしてあるのに、ショパン君変だよ?」
って言われそうかな?

Blogpicturef19
さてと・・・大事な嬉しいお知らせがあるんだ!

今心臓病で入院中のママ方のお祖母ちゃんがね、退院したら僕のお家で一緒に暮らすことになったんだ!

Illust2248_thumb

お祖母ちゃんはね、もう一人暮らしから卒業するんだって!

じつはね、僕はお祖母ちゃんが大好きなんだ!
多分毛布よりももっともっと大好きなんだ。

お祖母ちゃんが泊まりに来ると、僕はいつもお祖母ちゃんのお布団の上で眠るんだ!
一緒にお布団に入って眠ることもあるよ。ママやパパとは絶対にしないことなんだけど。
そしてね、お祖母ちゃんがスヤスヤ眠ってしまったら・・・
僕はいつものパパたちの寝室に移動して、僕のベッドで眠るんだ。
でも、夜中にまたお祖母ちゃんのお布団の上に移動して眠ることもあるんだ。

僕は、2才になってすぐからセラピー犬として、老人施設で慰問活動を始めたせいか、高齢者が大好きなんだ。その中でも、お祖母ちゃんが一番好きだよ。

だから、お祖母ちゃんと住めることがうれしくてたまらないんだ!

ママは一生懸命に、和室をお祖母ちゃん用に整えているよ。
「でも引っ越し前後には、お祖母ちゃんのお家を全部整理して空っぽにしなくてはいけないのよ。頭が痛いわ!亡くなったお祖父ちゃんのものも多いし、整理するのが大変よ!」

今はパソパソしながら、畳に敷く抗菌・防災のカーペットや、ベッドやカーテンをネット注文したりで、とても忙しそう。
それに一昨日からお祖母ちゃんが外泊で僕のお家に泊まっていて、今日は実家に寄ってから病院へとお祖母ちゃんを届けなくてはいけないし。いろいろ用事も大変そう。
何しろ、ママはペーパードライバーでパパは免許を持っていないから、移動は大変なんだ。

「タクシー代も大変よ!ぶつぶつぶつ・・・」

お祖母ちゃんは、僕のお家に来たら老人のお友達もいなくなるのでディケアセンターに通うらしいよ。
「通信カラオケも準備しました!」なんて、説明書に書いてあったよ。

Illust3261_thumb



まるで、老人の趣味の学校みたいだよ。
楽しい施設だといいね。お風呂も入れるんだって。

お風呂・・・僕はその言葉を聞くだけで,ぞっとするけど。
僕の一番嫌いなものは、シャワシャワと爪切り。

この次のブログには、お祖母ちゃんのことや引っ越しのことをいっぱい書こうかな?

Blogpicturef87


訪問してくださってありがとうございます!

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火)

127)新年を迎えて想うこと

僕はショパン!

新年おめでとうございます!
lovely lovely lovely lovely lovely lovely
今年はどんなことがあるのかなぁー
12月はサンタさんのお洋服だったけど、1月は着物かな?
でも、僕の着物はセラピー仲間に頂いたもので女の子用らしいんだけど、着物の色は地味なので男の子でも平気なんだ。でもね、帯がオレンジ色でちょっと派手なんだ。
とはいえ、僕は初対面で「女の子?」と聞かれるのが普通だから、女の子用でも平気だよ。

Img_4397

いっぽう、僕のママもパパも新年早々なにやらぼやいているよ。
「あーあー 一年ってなんて短いの?
大したこともしないうちに一日が過ぎ、一か月が過ぎ、一年があっという間に過ぎてしまう!そして死ぬのもあっという間?だって人間の一生も一年×80数回でお終い?」

でもさ、多分15年前後くらいしか生きられない僕と比べたら、ママたちの寿命ってずいぶん長いと思うけど。

「重い病気に苦しんでいる人からすると、こんなことでぼやくのはすごく贅沢で申し訳ないかもね?」
とママがしんみりと話してくれたよ。
ママはこれまでの人生のかなりを大学病院検査室で臨床検査技師として過ごしていて、たくさんの病気で苦しむ患者さんと出会ってきたんだ。

「20才のとてもチャーミングなお茶ノ水女子大生・・・白血病と闘いながら、白血病のための骨髄移植キャンペーンガールとしてお父様と一緒に頑張っていたのに、骨髄移植後に天国へ行ってしまったの・・・本当に残念だったわ」

などなど・・・ママは、ついついいろんな患者さんのことを思い出しているみたいだよ。

Pictureblogd11


いろいろ考えてみるとね、昨年はママの叔母ちゃんと叔父ちゃんが、病気と闘いながら苦しんで亡くなっているんだものね。
そうだよ!パパもママも贅沢だよ。毎日をニコニコ過ごせるなんてとっても幸せなことだよ。

さてと・・・僕のお正月はというと・・・いつもとおんなじだよ。
特別の御馳走もないし、同じ時間にお散歩をして、リンゴちゃんで遊んで・・・

Img_4201

僕がお口にくわえているのは、大好きなリンゴボールだよ。
お口にくわえるとピィ♪ピィ♪と気持ちのよい音がするんだ。
以前は音のする穴から素敵な香りがしたんだけど・・・いつの間にか匂わなくなったよ。

パパやママがお出かけから帰ってきたり誰かが遊びに来ると、僕はこのリンゴボールを加えて大歓迎するんだ。
そして、ボールを廊下の奥の方に放ってもらって、それを追いかける遊びを一緒にしたいんだ。

このリンゴちゃんがお部屋のどこに隠れてしまっても、僕は誰よりも早く探せるよ。

Pictureblogb20

じつはね、クリスマスの次の日に、ママのお祖母ちゃんが入院!
心臓弁膜症で3弁がかなり悪いんだって。家の中でちょっと動くだけで息切れがひどいんだ。でね、それを少しでも改善するための入院なんだ。これで何回目かな?
お祖母ちゃんは今88才になったばかり。80才の時に札幌医大の心臓外科の教授に弁膜症の手術をして頂いたんだけど、減塩食事療法もなかなか守れないし、もう年だし。

最近ではママも「あとどのくらい生きられるかわからないし、あまり減塩減塩っていうのもかわいそうだし・・・」と、やや戸惑い気味のところもあったらしいんだ。

人生をどのように過ごすべきか?長さだけではないし・・

Img_4393

僕にとっての毎日の問題は、どの防寒着を着せられるのか?
今日の防寒靴はどれ?レッグウォーマは?

僕はね、自分でもよくわからないんだけど、お散歩用の防寒着を着るとなぜかうつぶせでじっとしてしまうんだ。そしてパパがダウンをはおって、すっかり準備ができたかどうかを聴き耳を立てているんだ。この姿勢で10分以上じっとしているよ。

パパが準備完了!と分かると僕はガバっと起き上がって、リビングのドアを抜け、廊下を全速力で走って玄関に行くんだ。
この僕の姿を見てパパもママも笑うんだけど、どうしてかな?

いざ、お散歩だぁ!

お正月中は、馬場公園が子供たちのスキー場になっているよ。
僕のマンションの前のバス通りを隔てて斜め向かいにあるんだけど。

Dsc_0367

スキーよりも、そり滑りの子どもたちの方が多いよ。

じつはね、僕のママもドッグセラピーに行く時用にソリを買ったよ。
僕を乗せて坂を滑って遊ぶためじゃないらしいと知ってガッカリ。

実際に年末に、セラピー活動の時ソリを使ったんだ。
キャリーをソリに乗せて、引っ張ったら軽く雪道を滑ったよ。
でもセラピーの仲間たちはみんな「ソリを使うなんてびっくり!」
Illust3624_thumb
確かにソリは雪道にはいいけど、札幌市内にはロードヒーティングされている歩道も多いので、ママはソリをちょっと持て余していたよ。それと地下鉄の中でも、ソリはちょっと邪魔だね。
でも工夫好きのママは、ソリに荷物を乗せても落ちないようにゴムなどをつけたり、さらに雪が降ったら荷物にかぶせられるように防水カバーを作ったんだ。なんとこのカバーは、骨のこわれた傘に張ってあった防水布を使っているんだ。
「傘の防水布は、骨に縫い付けてある糸を全部切ったら、簡単に外れるのよ」

ママは古い傘以外でも、100円ショップで使いたい色の安い傘を買って、防水布をはずして使っているよ。確かに、傘の布は完全防水布だよね。
ともかくママは、あれこれ考えて工夫するのが好きなんだ。

おかげで僕の服はどれも、最初に買ったときとは別物に変身しているのが多いんだ。
ママは小学生時代から、いろいろ工夫したり、空想したりしているのが好きだったんだ。
これは、ママのパパ譲りかもしれないや。お祖父ちゃんもいろいろ工夫して、お部屋の中を改造したり、いろんなものを作っていたらしいよ。

「あれこれ工夫して、良いものが出来上がった時は、本当に幸せよ。
そうね、こんな些細なことが積み重なって、生きる楽しみができていくのね」

Pictureblogc40

ママの今の気分の色合いは、こんなかな?

今年はお祖母ちゃんのことでいろいろ大変そうな予感!
僕もできるだけ頑張るよ!

お正月にお祖母ちゃんが外泊でうちに来た時も、僕はお祖母ちゃんのお布団の中で一緒に寝てあげたんだ。ママやパパとは一緒に寝ないけど。どんなに誘われてもね!

ふふふ・・・僕っていい子でしょう?

訪問してくださってありがとうございます!
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月18日 (木)

126)ママが感動したTV番組

僕はショパン!

急にたくさん雪が降って、どこもかしこも純白の世界だよ。

Img_4327

一年ぶりに防寒靴を履いたら慣れなくて、アンヨがちょっと痛いよ。
新雪なので歩きにくいし、ちょっと良いお天気になると雪が解けかけて、それが夜中にアイスバーンを作るから歩きにくいしね。

Img_4322

ママは北海道生まれのくせに、雪道が苦手なんだ。
22才の時から東京に住み始めて、6年前に北海道に戻ったんだ。

「だってね、もう何十年も雪道を歩いていなかったし・・・ブツブツ」

ママは、アイスバーンを歩くのを怖がっていて、さっそく防寒靴に滑り止め用具をつけているよ。
でも、今日みたいに新雪が降った日は、滑り止めは不要だけど。

Img_4323

午後4時と言うのに、もう暗くなるよ。カメラのフラッシュで一瞬明るくなっているけどね。

Img_4329

北海道だけじゃなくて、本州の豪雪地帯では大雪注意報が!
それに、北海道で雪が降らなかった時期に、なんと四国で大雪。

そしてここ数日は、北海道に数年に一度しかない高レベルの暴風雪注意報が!
いったいどんなひどい吹雪になるんだろう?お散歩は無理だね。

ともかく日本中が異常気象になっているよ。

「そして日本の国の政治状況もね、ひどい異常気象状態よ」とママ。
ママはセラピー活動の帰りに選挙に行く予定だったのに、雪道を歩いていたら腰痛がひどくなって「これ以上この道は歩けない!」とやむなく選挙を棄権したんだ。
それに、その時点でまだ投票する人を決めていなかったしね。
「実のところ、本当に投票したい人がいないのよ!」

Pictureboge85

今回の選挙は最低の投票率だってね。
ママは、選挙結果も見る気がしないみたいだよ。

「世界中がなんだか変ね。イスラム国も怖いし、中国も別の意味で怖い存在だし・・・ブツブツブツ」
最近の日本や世界の状況を見ていると、ママは憂鬱になるみたい。

Pictureblogd2

その中で、最近ママが感動したこと!

NHKBSで「スーパープレゼンテーション」という番組があって、ママとパパが大好きで欠かさず見ているんだけど、最近のあるテーマに心を惹かれたらしいんだ。

The 3 A's of awesome
「サイコーな人生を送るための 3つの秘けつ」

http://digitalcast.jp/v/11736/

(youtubeで、この講演が見られるよ!興味のある方はぜひ見てね)

この番組で何かを得たママは「今日は、ショパンのクリスマスのお洋服が可愛くて皆さまに喜ばれて良かったわ。これが今日見つけた幸せ!」などなどと、小さな幸せを探し始めているよ。

Img_4241

これがそのサンタさんのお洋服。
ママは相変わらず、このサンタ服にもママアレンジを加えたんだ。
フードのお星様などや、左脇の雪の結晶風飾りがそうだよ。
「ちょっとくどくないかな?」サンタさんは平凡な赤いコートだけど。Img_4259_2

でも、僕のお洋服にいろいろアレンジを加えるのがママの楽しみだから、ママの好きなようにさせてあげようかな?

12月の僕のセラピー活動は、サンタさんスタイルで決めたよ。


Pictureblogd29

Picturefr3

11月最後のセラピードッグ活動は、この高齢者施設だったよ。
ここは、札幌の中心部にある多機能複合施設で、やや経済的に豊かな高齢者向きらしいよ。
お部屋は、個人のプライバシーが大事にされた施設みたいだよ。
元獣医さんだった方もいらして、犬のことなどママたちにいろいろ教えてくださるんだ。

ちょっとおしゃれをされて参加の女性もいらっしゃるし。

Img_4181

まずは4階の共有スペースで、セラピー前のひととき。
僕の左側にいるのが、同じシーズーのそら君。僕と同じ5才。
僕の上のバッグの中にいるのが、ヨーキーのくるみ先輩だよ。

今日は2階かな?3階かな?

Img_4183

そら君が、神妙なお顔で抱っこされているよ。少し緊張気味かな?

Img_4191

一方僕は、ちょっとリラックスしすぎかな?へへへ

Img_4189

やさしく抱っこされてナデナデされたら・・・僕はもうとろけそう。
うとうと眠りかけるんだ。

「ショパン!お仕事中よ、おねんねしちゃ駄目よ!」
その声ではっと目覚めるんだ。

Img_4185

チワワのアトムちゃんを抱っこされている背広姿の男性は、元獣医さんかな?

楽しい時間を過ごした後は、全員で記念写真。

Img_4197s

この写真を見ても、僕とそら君の性格の違いが分かるね。
くるみちゃんが寝そべっているのは、やや高齢なので滑る床には座れないせいなんだ。
犬も人間も高齢になると、体の自由が利かなくなるね。

そうそう・・・犬だって、認知症になるんだってね。
僕も太りすぎずに、適度に運動をして中年期老年期を頑張ろう!
犬は、あっという間に年をとるからね。

Pictureblogc23

話変わって・・・
最近は、若い人だけじゃなくて、高齢者も婚活が盛んなんだね。
老後を一人で暮らすのがさびしいからね。この<あいある円山>の入居理由の中にはきっとそんな気持ちもあるだろうね。

そして中には遺産目的で結婚するゆがんだ心の持ち主もいるみたいだし、さらには先日の事件のように遺産ほしさに殺人をする人さえいるのには、びっくりしたよ。
今の世の中、人間の心もだんだん荒んでいるのかな?

ママは、そんなことを考えてちょっと悲しそうだったよ。


Picture
この日は、犬サンタがたくさん参加だったよ!

Img_4208

Img_4211

シーズーのモコちゃん、フードがとても可愛かったよ!↑

Img_4226

いよいよ活動開始!この日もたくさんの入居者の方が参加。

Img_4225

さっそく抱っこして頂くよ。
「あらあら、今日は可愛いサンタさんだね」

Img_4232

やさしくナデナデされると・・・僕のお目目はだんだんくっつくよ。

Img_4235

ああ幸せ lovely lovely lovely lovely

Picturefr5
ここでも、僕はサンタ姿だったよ。でも、写真はナシだよ。

4月からずっとお会いしているIさんが、ご主人に車椅子を押されていらしたよ。
「先月よりお元気そうですね」
「フフフ・・・お薬が良く効いているのよ」

ああよかった!これだけで、この日一日僕もママも幸せ気分。
幸せって、探せば毎日必ず何かあるね。

Pictureblogb26

Picturefr1
玄関ロビーにきれいなツリーが飾ってあったよ。

Img_4238

ツリーって、飾る人も見る人も幸せになれる不思議なものだね。

Img_4245_2

ここでも、たくさんの犬サンタが登場!

Img_4247

そら君のお帽子が可愛いね。
僕は、お帽子やフードを頭にかぶるのがひどく苦手なんだ。
頭に何かが付くと、お顔をブルブル・・して取ってしまうんだ。

Img_4266

小雪ちゃんは、とてもおとなしい女の子の柴犬だよ。
高齢の方は、日本犬である柴犬が大好きみたいだよ。
昔は、僕たちみたいな小型の室内犬が少なかったみたいだね。

Img_4271

やさしく抱っこされるとまた眠くなってしまいそう。
僕って、全然緊張感がないんだね。


Picturefr2
この日も、ママと僕は小さな?(大きな?)幸せを見つけたよ。

Img_4307

まずは、愛称<おばあちゃん>に抱っこ。
僕4kgちょっと。やせて小柄なおばあちゃんには、重くないかな?

それから抱っこされたのは・・・

Img_4310
Img_4316

102歳のミネさんがね、僕をやさしく抱っこしてくださったんだ。
僕とほかの犬の区別をして下さっているみたいなんだ。多分僕についての記憶はできているんだね。ちなみに、若い頃ミネさんは国語の先生だったらしいよ。

だってね、初対面のヨーキーのイヴちゃんがミネさんに近づいたらね「しーしー」って追い払ったんだよ。
僕のことはすんなり受け入れてくださったのに。wink wink

これがこの日の、ママと僕のうれしいことの一つ。
もう一つは・・・

元看護師のハナさんのこと。
ふふふ、僕のことをちゃんと認識して下さっているんだ。
だってほかの犬が近づくと、いやーな顔をして追い払おうとするんだ。でもね、僕のことは記憶に残っているらしいよ。
若年性アルツハイマーの重症の方でも、ちゃんと記憶をとどめておくことができるんだね。
うれしかったよ!



あのBS番組を見てからは、僕もママも些細な出来事に幸せを見つけることができるようになったんだ。
もちろん一緒に見ていたパパもそうだと思うよ。

小さな幸せがたくさん集まって、大きな幸せ感を作るんだね。

Pictureblogc17

明日も、僕はママと一緒に小さな幸せを探すんだぁー

ふわーっ

Img_4312

それにしても僕って、セラピー中に大あくびなんてして、本当にリラックスしすぎだよね。
でも、これが僕なんだ!へへへ・・・wink

訪問してくださってありがとうございます!
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

125)風太君闇から青空へ

僕はショパン!

Img_4092

2週間ほど前かな?突然たくさん雪が降り、あっという間にまわりは銀世界になったよ。

Img_4122

「まさか!まだ寝雪には早すぎるわ」
ママったら、すごーく焦っていたよ。

「雪が降ったら、お買い物が大変になるので、ネットで買えない日用品を早めに買っておかなくては!」
ママったら、そんなにあわてなくてもまだ大丈夫だよ。
ともかく僕のママは、心配性なんだ!

Img_4106

でね、ママは大急ぎで僕の雪道用の靴を4足出してきたよ。
これ以外にまだ予備の新品のお靴もあるんだけど。
それぞれのお靴のベルトの裏には、FR(front right)とかBL(back left)とか書いてあるんだ。
「だってね、ショパンの右前足が90度外側に曲がっているので、お靴の履き具合が変わると歩きにくいでしょう?いつも同じお靴を履けるようにしたのよ」
僕のお靴は、やわらかくて履きやすいんだ。

さらにお靴には、すべてゴムの輪紐が縫い付けてあって、防寒コートにもそのゴムをかけられるようにボタンがつけられてあるんだ。
だからね、もしもお散歩中にお靴が脱げても、お靴がちゃんとコートに引っ掛かっているというわけなんだ。その工夫をしなかった頃は、よく落としたお靴を探しにいったものだよ。

Img_1898

上の写真は、僕の防寒着をクマ君に着せた時のものだけど
足首のところに白いボタンが付いているでしょう?
ここにお靴のゴムを引っ掛けるんだよ。

さてと・・・数日したら案の定また少し暖かさが戻ってきて、あたりの雪がすべて解けてしまったよ。

Pictureboge10mix

このところ、続けてペット犬が捨てられる事件が続くね。
ママは、そのニュースを聞くたびに悲しそうな顔をしているよ。
そして、内心ひどく怒ってもいるんだ!

そのママが、いつも気にしているブログは「クミーゴの保護犬ブログ」だよ。
あの忌まわしい事件以来、心やさしい久美子さんのお宅の保護犬の仲間になったばかりの「トイプーの風太君」のことが、気になって仕方がないみたいだよ。

風太という名前は、久美子お母さんがつけてくれた仮の名前。
風太君は、殺された仲間の遺体と一緒に那珂川に捨てられて、半死状態で助かった犬なんだ。
まったくトリミングをされていなくて、体は汚れきっていて毛も爪も伸びっぱなし状態。
さらに数日間食事も水も与えられていなくて、骨皮状態。

「ショパン、まあ、なんてことでしょうね!プンプンプン
angry angry angry angry angry 
ママが僕に、このネットの記事を読んでくれたんだ!
「ペット業者から犬を80匹引き取って木の箱に入れてトラックに乗せ、水も餌も与えずに長時間高速道路を走ったら犬が死んだので、2か所に捨てた」犯人の男はそう言ったんだって。
というか、犬を殺す目的でそんなことをしたらしいよ。
80匹のうちなんとか命が助かったのは、たったの8匹。

「でもね、多分これは氷山の一角よ。山奥で誰にも知られずに捨てられる犬は、もっともっとたくさんいることでしょうね」

つまり利益目的の悪徳ブリーダ業者によって、まるで野菜を育てるみたいに若い雌犬たちが年に2回ずつ繁殖させられるんだ。
もちろん、汚れた不衛生なケージの中だけで毎日を過ごし、多分安い餌(中国製かも?)だけしか食べさせてもらえないし、お水だって毎日は替えてもらえないだろうし。
汚れきった体で不潔なケージの中で赤ちゃんを産ませられても、生後一か月で母子が引き離されて。
繁殖時期を過ぎたら、メス犬たちはお払い箱?つまり?

考えるだけで、ぞっとするよ。

でもね、とても良心的家庭的に犬を繁殖しているブリーダさんもいるんだって。
ママが初めて犬を飼おうって思ったときに、いろいろ調べたんだって。
あるブリーダさんは「この子は今3才です。数回出産しましたが、もう繁殖はさせませんので、もしも希望される方がいましたらこの犬をお譲りします」と、ブリーダーブログに書いてあったんだって。
そのブリーダさんのブログを見ると、犬たちは家族のように人間と一緒に暮らしていたんだって。それだったら、性格の良い子犬が育つよね。

Illust1467_thumb

ペットショップでも、1才くらいになったらもはや商品価値がなくなって、処分されるらしいと聞いてママはショック!タダで希望者に譲ったりしたら、商品である赤ちゃん犬の方が売れなくなるからかな?

セラピードッグとして活躍しているチワワのルカ君は「ショップで売れ残ったので、繁殖に回そう」と決められていたところを、セラピー会員Kさんに救い出さられたんだ。
前も話したけど、セラピードッグの仲間には、悪徳グリーダ業者が倒産して救い出された犬を引き取って育てたり、保健所から殺される前日に救い出されて犬も何頭かいるんだ。
そんな子は、悲しさを知っているから、病人や高齢者にやさしいんだよ。

Pictureblogd69

せっかく犬としての命を与えられても、悲しい死を迎える子がいることを僕はちっとも知らなかったよ。

でも、風太君は良かったね。風太君、頑張ってね!
今では風太君は、久美子お母さんのお家で、もともとの先住犬や保護犬たちと一緒に過ごせるようになったんだ。
おやつも食べれるようになったし、なんとドッグランで初めて走ったらしいよ。

風太君のことをもっと知りたい方は、ぜひクミーゴ(久美子)さんのブログ「クミーゴの保護犬ブログ」を見てね。

Pictureblogd29


Picturefr5
活動前の、一階のロビーで少し仲間の写真を写したよ。
この時間が、僕たち犬同士のあいさつタイムなんだ。

Img_4104

ゴールデンのレミーちゃんは、こんどは冬バージョン姿だよ。
本当にやさしくておとなしくていい子なのに、飼い主に「噛みつくし吠える」との理由で保健所に連れてこられたこと、何度聞いてもいまだ信じられないよ。
引き取った時、レミーちゃんの体に虐待された跡が残っていたんだって。
 

今の飼い主のYさんに殺処分前日に救い出されて、本当によかったね。
僕、レミーちゃん大好きだよ!
レミーちゃんのお父さんは、レミーちゃんの心の傷が癒えるまで、いろんなことをしてあげたみたいだよ。最初は人間が怖かったらしいよ。

Img_4099

さて、手前が僕。レミーちゃんと比べてちっぽけな感じ。
ママのカメラのフラッシュに、レミーちゃんがびっくりしているよ。

Img_4102

仲良しのももこちゃん(ペキニーズ×ダックス?)だよ。
「ももこちゃん、ちょっとくすぐったいよぉ」

Img_4097

「元気だった?」「元気よ」仲良しのお友達もできたみたいだね。

Img_4103

沢山セラピー仲間が集まったよ。そろそろ時間だね。

Illust832_thumb

この日は、ちょっとショックなことがあったよ。
4月から毎月お会いしているIさんの病状が悪化?らしいんだ。

というのも、お喉のところに大きな穴があいているんだもん。
これは呼吸が苦しくなったときに、人工呼吸器を入れるらしいよ。
お首から肩にかけて、器具のようなものが付いていたよ。

でも、僕の顔を見るといつもの笑顔を見せてくださったんだ。
どうぞ神様、Iさんが苦しまないようにしてあげてください。
もう少し長生きさせてあげてください。

どうか来月も、またあの笑顔を見られますように!
お星様、お願いします・・・・

Illust4258_thumb

僕もママも、地下鉄までの帰り道は少悲しい気持だったよ。


Picturefr2

この日はうれしかったよ。

だってね、いつもはほとんど言葉を話さない102才のミネさんや、Tさんやハナさんが、僕たちに対して言葉や反応を見せてくださったからなんだ。

Img_4139

僕を抱っこしてくださっているのがミネさん。
超長生きのミネさんは、お顔を出してもいいかしら?とママ。
ミネさんは、お若い頃は国語の先生だったとか。
だから、今もしゃんとされているのかな?80歳台にしか見えないよ。

Img_4129

ヨーキーのイヴちゃんは、やっと1才になったばかりかな?
人間も犬も好きで好きで仕方ないみたいだよ。
僕にくっついてくるんだ。

Img_4136

本当に可愛いなぁー。セラピードッグになったばかりだよ。
セラピードッグの試験を受けた時は、まだ1才未満だよ。すごいね。

Img_4130

チワワのルカちゃんは、活動を初めてもう2年かな?
さすが落ち着いているね。

Img_4127

ヨーキーのエレファちゃんも、ルカちゃんと同じ3才で活動年数も同じ2年。
妹のイヴちゃんのことを心配そうに見ていたよ。

Img_4128

ふふふ、校長先生に抱っこして頂いたよ。
それにこの日僕はね「初めて犬に触って、抱っこまでしたわ」という方を作ってしまったよ。
うれしいなぁーlovely lovely

Picturefr3
この日は、近くの発寒中学校の生徒が30名ほど見学。

Img_4164

最近の学校では、仕事の実習という授業があるんだって。
確かに自分の将来の進路などを考える時、実際の仕事のことを早めに知るって大事だよね。

Img_4176

ママがね、中学生に僕を抱っこさせてあげたんだ。
「抱っこ体験をしてみないかしら?」
「わー本当ですか!うれしい

Img_4168

「次は私に抱っこさせてね」

Img_4169

さてと、この辺で犬抱っこ体験学習はおしまいにしてと・・・

Img_4162

ほかの中学生の皆様、しっかり見ていってね。

Img_4166

ここに入院していらっしゃる方のかなりは、顔見知りなんだ。
何しろもう3年近くこの病院に通っているからね。

Img_4171

この方はずっと犬が怖かったんだけど、最初に僕を抱っこして以来、ほかの犬仲間とも平気になったよ。と言っても犬好きなのはその日だけで、翌月にはまた犬が怖くなったりしていたよ。自分が犬好きになった頃をすぐに忘れてしまうらしんだ。

でも、この日は僕を見かけた途端、すごく笑顔になって「さあ、いらっしゃい!」と僕を手招きして呼んで下さったんだ。
うれしかったよぉ!
僕のことを好きになったことを、1ヶ月経っても忘れなかったんだね。
認知症が少し良くなったのかな?
じゃあ、来月も僕の顔を覚えていて下さるかな?そして僕を見た途端にニコニコ笑顔になって、やさしく抱っこしてくださるかな?

来月がちょっと楽しみだよ。lovely lovely lovely

Img_4178

そうそう来月は、みんなクリスマスバージョンの衣装で来るはず。
僕もね、夏のバーゲンの時にサンタさんの衣装を安く手に入れてあるんだ。
ママがね、サイズとかちょっと僕サイズに変えてくれるみたい。
「ブツブツブツ・・・何かショパンらしいものをつけたいけど。真珠やビーズとか?でも、シンプルな方がいいかしら?」

僕はシンプルが一番だと思うけど・・・・;

Img_4174

チワワのアトムちゃんと、権次郎君(サモエド)宅のお孫さん心美(ここみ)ちゃんだよ。

Img_4179

心美ちゃんは、こんな大きな子権次郎君のリードをしっかり持っているよ。
僕は中学生のお兄ちゃんたちにもナデナデされちゃったよ。うふふ

Img_4180_3

セラピー活動が終わって、全員一階のロビーに集まったよ。
心美ちゃんが、僕のリードを持ってくれたんだ。
でも、まだ2歳なのにすごーく力持ちなので、僕はどんどん引っ張られてしまったよ。
「ママぁー助けてぇ」と僕はママに目で合図したんだけど・・・ママったら、わらっているだけなんだ。

Blogpicturef86


今日の活動は、いろいろ変化があって楽しかったよ。
あの中学生たちに、今日の体験がどうか役に立ちますように!

僕は帰りにまた院長先生に抱っこして頂いたよ。
院長先生のやさしさが、患者さんを長生きさせる大きなパワーみたいだよ。
もちろん、スタッフの方たちもとても熱心だしね。

僕は帰りの地下鉄の中で、ぐっすりとお昼寝をしたよ。

Pictureblogd16

もう11月もあと少しだね。

ママは、お祖母ちゃん用の喪中はがきを印刷していたよ。
画像の気に入ったのをダウンロードして使っているよ。
文章も、あまり堅苦しすぎないように工夫していたみたい。

ママの年賀状は12月に入ってから書くつもりらしいけど。
最近は友人たちへは電子メールが多いらしいよ。でも親戚の高齢は、パソコンが使えない方が多いから、どうしても紙印刷になってしまうんだって。

いずれは、年賀状なんて消えてしまう運命なのかな?
世の中どんどん変わっていくよね。

「未来のこと知りたいけど、自分の命の範囲でしか見られないのね」
と、ママもパパもちょっとがっかりしていたよ。


最近のニュースは、いろいろな変な事件が多いね。
読者の皆さまは、その中でも特に気になるのは何かな?

訪問してくださってありがとうございます!
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 6日 (木)

124)紅葉が美しくて寒くて

僕はショパン!

Img_4087

つい数日前に、撮った写真だよ。地面が銀杏で黄色に変身!
今は紅葉真っ盛り!と思っていたら、一昨日の朝お空からちらちら白いものが舞い降りてきたよ。

初雪なんだ!

でも・・・地面に落ちた時には、雨水に変わっていたけど・・

Img_4023

枯葉がぬれて、まるで一枚の油絵みたいだね。

Img_4029

これは水彩画の雰囲気だね。

Img_3992

モミジ(カエデ)の葉が、真っ赤になる前に散っているってママが、がっかりしていたよ。
寒さが急に来たせいかな?

Img_3993

散歩道も、菊以外はあまりお花が咲いていないよ。

Img_3995_2

菊って寒さに強いのかな?

家族3人でバスに乗ってお祖母ちゃんのお家へ行ったんだけど。

Img_4030_2

ママが後ろの席に座っていたので、僕は後ろばかりチラチラ。
キャリーの後ろの網目を通して、白い姿の僕が見えるかな?

Img_4034_2

バスを降りて、広い駅構内を通ったら、菊展をやっていたよ。

Img_4032_2

色とりどりの菊が飾られていて、一瞬お花屋さん?と思ったよ。

Img_4037_2

ママが東京にいた頃、上野公園でみた菊展(コンクール)は、一つの鉢がこの数倍の大きさがあって豪華で目を見張る美しさだったらしいよ。
北海道と東京では気温の違うし、菊の育ち方も違うのかな?

Img_4038_2

これだけ大きく育てるのは、大変なんだろうね。

Img_4044_2

白いお花の好きなママは、やっぱりこの菊がお気に入りみたい。

Img_4040

こんな菊の花もあるんだね。

ママは、この菊展を見ていて突然あるシーンを思い出したらしいよ。

「昔、友人と新宿御苑で菊人形展を見物していたら、そこに突然官僚らしい人たちに案内されて貴賓扱いらしい外国人一群がいらしたのよ。その時の菊人形は本当に素晴らしかったから、きっと日本の文化を紹介するためだったのね」

菊人形展って、どんなのだろう?僕も一度見てみたいよ。
北海道でも北見市とかで、菊人形展をやっているとか?

Blogpicturef85

さてと・・・10月にさかのぼってのお話だよ。

10月24日にママのお祖父ちゃんの7回忌があって、ごく身近な人たちが集まったんだ。
お寺の都合で、少し早目になったんだよ。

何度も話しているけど、僕がこの家の子になったのは、このお祖父ちゃんが亡くなった事と関係があるんだ。
お祖父ちゃん死をきっかけに、ママたちが札幌に引っ越してきて、犬と暮らすことを望んでペット可のマンションを探して住み始めたからなんだ。
ママたちが引っ越してきて一週間後に僕が北見市で生まれて、その3カ月後に僕がこの家の子供になって・・・もう少しで6年になるよ。

Img_61261s

へへへhappy01 僕がこの家に来たばかりの頃の写真だよ。lovely
顔に黒や濃い茶色の毛がたくさん生えているね。
僕たち犬って、成長に従って毛の色がたいてい薄くなるんだ。
これはね初めてお洋服を着た時の、フリーズ状態の僕さ。
そして下の写真が、今の僕。

Img_8704s

お目目の大きさの違うし、よく見るとだいぶ年を取ったのかな?



Pictureboge13


あのね、10月29日はママのお祖母ちゃんの88才のお誕生日。
最近は、満年齢で米寿のお祝いをするんだって?

お祖母ちゃんの都合もあって、2日遅れでお誕生会をしたよ。
それが、僕たち3人がバスに乗った理由なんだ。

Img_4045

これはママが作った手作りのケーキ。
一応八十八って書いているつもりらしいよ。

じつはね、パパが急性膵炎になってからは、食事の脂肪が制限されているので、市販のケーキは怖くて食べられないんだ。
それでママが、水抜きヨーグルトをたっぷり使って、フルーツをたくさん入れたヨーグルトケーキを作ったんだ。僕もちょっぴりおすそ分けしてもらったけど、なかなかおいしかったよ。

パパは、急性膵炎で退院時にDrから「これからは何を食べてもいいですよ」と言われたんだ。そのDrの言葉に安心して、退院祝いにすき焼きとビールを飲んだとたんに、なんとパパはまた膵炎を再発して再入院したんだ。退院してお家にいたのは、たった2日だけ・・・。

だから、今では低脂肪食でお酒は一滴も飲んでいないよ。さらに膵臓や胃によくないコーヒーは、カフェインレスにしているよ。

Illust1183_thumb

ママは米寿のお祖母ちゃんのために、もう一つ手作りをしたよ。

Img_4047

じつはね、最近「花・名前・ポエム」という、お祝い用の額がネット販売されているのを、ママが見つけたんだ。ちょっといいなって思ったらしいんだけど。

「子供じみた漫画的イラストが書いてあったり、文字だけだったりいまいちなのに意外に高額なのよ。それならもっといいのを自作しようって思ったの」

これは世界に一つしかない額だし、お祖母ちゃんは大喜びlovely
よかったねママ!

Pictureblogd4

話変わって・・・
僕たち犬って、僕のお祖母ちゃんみたいに長生きできないのかな?
僕の友達は、10才を過ぎると「年寄り犬」って言われているけど・・・。
特に大型犬は長生きできないんだって?
種類によっては、7才が寿命という犬もいるんだって!?shock

Img_4082

僕の友達で一番の長生きのジュニア君(Mダックス)だよ。
若い時から、毎日2,3時間歩いていて体を鍛えていたから、17歳には見えないほど元気だよ。
「いつもは、だいぶヨタヨタ歩くんだ。でも今日はショパン君に会ったので、急に元気に走り回っているよ」と、ジュニア君のお父さん。

Img_4080

お目目は見えているけど、お耳が聞こえないんだって。
人間たちと同じように、僕たちだって老後は自力で歩いたり排泄ができるようになりたいよね。

そのせいで、僕はパパとのお散歩のとき、いつも全力で走るんだ。
今のうちに体を鍛えておきたいからね。
ふふふ・・・パパがね、必死で走ってハアハアいっているよ。

dash  dash  dash

あれっ、カラスさんがいるよ。

Img_4076

カラスさんがすぐそばにいる時、一緒に遊びたくて近寄るのに、いつもすぐに逃げられてしまうよ。どうしてかな?
カラスさーん、一緒に遊ぼうよぉー!カラスさんは長生きなの?


Pictureblogd29

Picturefr2
2014 /10/20

僕とママがバスを降りて、グループホーム<トトロの森>へと急いだよ。
この日は、トイプーのこちびちゃんがきてくれることになっていたからね。

Img_3968

そうしたら、うれしいことにゴールデンのレミーちゃんが来てくれていたんだ。
ベンチに腰掛けて待っていてくれたよ。

Img_3970

「レミー君!ごめんね。僕たちが乗るバスは一時間に2本しかないので、いい時間に来られないんだ。
それにしても、レミー君はいつも素敵なコスチュームだね」

「僕のパパがね、いろいろ用意してくれるんだよ」

Img_3971

レミーちゃんの奇抜なコスチュームに、全員大喜び!

Img_3972

お父さんの指示に忠実に従ういい子だよ。
今3才だけど、元旦生まれだって!
保護犬として保健所にいたのを、やさしいパパに救われたんだ。
よかったね!

Img_3989


レミーちゃんみたいな運の良い子がいるかと思うとね、なんと
ここ2.3日続けて大量の犬の遺体が捨てられていたんだって!
これはペット埋葬業者か、それともペット業界が処置したもの?
僕たちは、ペットとして売られるのはせいぜい生後半年までとか。
それを過ぎると商品価値はなくなり、メスの一部は繁殖用に回り、残りは捨てられるんだって。
実際にペットショップに勤めていた人が、そう話していたそうだよ。

今、人間の子供の数よりもペットの数の方が多いんだよね。
無理やり繁殖して売れ残った子犬は、怖いお薬を飲まされるとか。
日本のペット業界は、間違っているよ。ドイツを見習おうよ。
ああ、なんとかならないのかなぁー

またまた話が横道にそれたけど・・・・

Img_3973

さて僕は、102才のミネさんのお膝の上に乗せていただいたよ。

Img_3978

ミネさん♪よかったね。
さすがレミー君は、エンターティナーだね。



Img_3988

今僕がお膝に乗っている方は、入院などをされたりして最近急に弱られたけど、この日はうれしそうに僕を抱っこしてくださったよ。
そんな時、僕は本当に幸せな気持ちになるよ。

Img_3980

初参加のトイプーのこちびちゃんも、すぐに皆の人気者!

Img_3982

こんな可愛いこちびちゃんは、すぐに皆の注目の輪の中で二コリ。

でもこちびちゃんの弱点を聞いてびっくりしたよ。
なんと、こちびちゃんは車酔いがひどいんだって。

「だから遠出する時はとても気を使うのよ」とこちびちゃんのママ。
なんとこの日も1時間前に着くようにしたんだって。
犬用の車酔い止め薬なんてないのかな?

まあ、こんな感じで、トトロの森訪問の3頭三人は楽しい時間を過ごしたよ。

Picturefr3
2014/10/22

この施設訪問は、この日で二度目。

Img_3998s

この日僕は、また犬嫌い(怖い)の方を犬好きにしてしまったよ。
最初はおじぎのご挨拶をして、つぎに握手、それからお膝の端にちょこんと座らせて頂いて・・・そうしたら、僕を体の方に引き寄せて抱っこしてくださったんだ。lovely

僕たちが、噛んだり吠えたりしない犬だということを分かって頂けたんだ。

Img_4003

ここは、介護つき高齢者住宅という感じらしいよ。
この方は、ドレスアップして僕たちを迎えてくださったよ。

Img_4004

ほかの仲間たちも、頑張っていたよ。

Img_4007

まるく輪になって・・・

Img_4002

ヨーキーのくるみちゃんは、小さくて可愛いんだ。

Img_4009

低反発クッションの上に、おとなしくちょこんとお座りしているよ。

Img_4010_2

僕はついついみんなの様子を見てしまうよ。

Img_4012

最後に全員そろっての集合写真。

僕はじっと動かなかったけど・・・ほかの子たちは誰かが動いてなかなかこの写真が撮れなかったよ。

Picture
2014/11/1

柏が丘でも、レミーちゃんが大活躍!

Img_4050

はやばやと、クリスマスモードに変身だよ!
笑顔が可愛いな!お父さんのお膝にお顔を乗せてるよ。

Img_4057

この日もたくさんの方が参加してくださり、その数なんと70名!

Img_4056

地下鉄から歩いて疲れたのと、抱っこしてナデナデしてくださるから、僕はうとうとしてしまったよ。

Img_4062

お人形を大事そうに抱っこされている方もいらしたよ。

Img_4064

15分ほどたった時に、エディ君の芸が入ったよ。
なんてすばらしい芸ができるのかなぁー 僕は無理だよ。

それからまた活動再開!

Img_4067

甲斐犬MIXの春ちゃんは、中型犬なのに抱っこされ上手なんだ。
春ちゃんのママちゃんもやさしくてすてきな方なんだ。
この日は、帰り道地下鉄までお車に乗せてくださったよ。

Img_4071

僕は、この日も100満足して、皆様とさようならしたよ。

また来月も来るよ!待っていてね

Pictureboge36
最後に
どうか、これ以上子犬の遺体が捨てられることがありませんように。 

訪問してくださってありがとうございます!
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月19日 (日)

123)散歩道は紅葉色へと♪

僕はショパン!

Img_3934

札幌はすっかり秋の終りに突入したよ。
朝晩はとても寒くなったよ。ときどき床暖もスイッチON!

僕の外出着も、すっかり秋の装いに変わったし。
今着ているのは、おニューでわりと凝った作りなんだよ。

セラピー活動の帰り道に、見おぼえのあるMダックスの男の子が?

Img_3930

「あれっ?前に会ったことがあるよね?お兄ちゃんと一緒だったね」

Img_3932

「うん、前はいつもお兄ちゃんとお散歩だったけど・・・お兄ちゃんは高校生になってお勉強が忙しくなったので、お母さんとのお散歩が多くなったよ」

リンちゃんは、Mダックスの男の子で僕と同じ5才。
心なしか、ちょっとさびしそうだったよ。

僕はリン君と久しぶりに会えて、とってもうれしかったけど・・・。

Illust441_thumb




さて・・・北海道で一番先に秋を告げる木は、ナナカマドかな?

Img_3870

この赤くて固い小さな実は、小鳥たちの大切な食べ物だね。
どんな味がするのかな?
北海道の紅葉の赤は、ほとんどがこのナナカマドの葉の色なんだって。

「東京では、楓(もみじ)の赤色が多いわ。私は小さなもみじの紅葉が大好きなの」

Img_3867

それから、関東では見かけなかった通称「おんこの木(常緑針葉樹イチイ)」も、かわいい小さな赤い実をつけているよ。とっても柔らかそうなおいしそうな実!
ママが子供の頃は、近くの神社に沢山この木があって、たくさん遊んだ後によく食べたらしいよ。

僕も、こんど食べてみようっと!
秋は、たくさんの果実が実る季節だね。

Img_3861

同じ針葉樹でも、果実が固い松かさの場合もあるね。
これって、クマさんでも食べるのかな?

いつものお散歩道の馬場公園の木々も、赤く色づいてきたよ。

Img_3936

このところ急に寒くなったので、街中が赤く染まり始めている感じ。

Img_3938

お花の季節が終わると、今度は木の葉が赤や黄色に大変身だ!
この垣根は、すべての葉がいっせいに真っ赤に色づくんだね。

Img_3941

北国の秋の終りに、まだ頑張っているお花もあるよ。

Img_3944

なんという名前のお花かな?
ママは、お花の名前はあまり詳しくないんだ。


Pictureboge7mix


カサコソ…カサコソ…

Img_3948

落ち葉の上を歩くと、カサコソといい音がするので好きだけど、4本の足の毛に落ち葉がくっついてしまうんだ。
じつは今、足の毛を長くふわりと伸ばしているからね。

「まあ、4本の足が白くてふわふわしていて可愛いわ」
ドッグセラピーの活動で、施設の皆様に褒められているんだ。

僕はね、毛が抜けない代わりに毛玉ができるんだ。
だから、毎日パパとママがブラッシングをしてくれるよ。


Pictureblogd29


ママの腰痛は、もう一年近くになるけど、なかなか治らないよ。
椎間板ヘルニアは、かなり良くなっているけど、すべり症が悪化しているらしいんだ。
歩きすぎたり、重いものを持ったり、変な姿勢をすると、その翌日に痛みがくるみたいだよ。

でも、ママはセラピー活動だけは何とか頑張っているよ。
仲間たちも、施設から地下鉄の駅まで車に同乗させてくださるし。
パパも、家から地下鉄の駅まで僕のトイレ散歩を兼ねて送ってくれるしね。

ママは、もしかしたら腰椎の手術をするかもしれないんだって!
Picture

毎月の最初の土曜日に訪問する施設が、ここなんだ。

Img_3881

広いお部屋(ホール?)なので、時間内に一回りは無理なんだ。
でも参加犬が多いので、少しゆったりと活動ができるよ。

Img_3884

「よく来てくれたわね。可愛いわ・・・」

Img_3885s

えへへ・・・ちょっと照れるな happy02 

Img_3880

大型犬で、こんなに可愛らしくしてくる子も珍しいよ。
頭のおリボンがピカピカ光るんだよ。
お名前なんだっけ?忘れちゃって、ごめんなさい・・・・wobbly

ここでは毎月、お誕生犬のお祝いがあるんだけど

Img_3879

10月生まれは2頭。
みんなでハッピーバースディ♪の歌をうたってお祝いするんだ。

この日の2頭は、お礼にそれぞれ芸をみせてくれたよ。

Img_3882

エディ君は、この輪くぐりを見せてくれたよ。
ぴょんと跳んでこの輪を上手にくぐるんだ!

2月のお誕生会までに、僕も楽しい芸を準備しなくちゃー
 

Picturefr1
Img_3896

活動前に、いつも通りの犬の紹介だよ。

Img_3898

まずは僕をきゅっと抱きしめてくださったよ!

Img_3899

それからゆっくりと、お話をしたよ。

Img_3902

僕たち小型犬は、ぬいぐるみ的だけど、柴犬はいかにも日本犬。
だから、高齢者の方は、柴犬が大好きなんだ。

きりっとして、風格があるよね!

Img_3904

僕の体重の半分以下しかないヨーキーのくるみちゃんは、どう見ても生きているぬいぐるみ人形みたいだよね。

Img_3907

チワワのアトムちゃんも、僕の半分しかないよ。

Img_3912

それにしても、僕を抱っこしてこんなに喜んでくださるなんて!

Img_3915

抱っこされてナデナデされたら、僕はうっとりして眠くなるんだよ。

僕の方が癒されているのかもしれないね。

Img_3926

甲斐犬MIXの春ちゃんは、中型犬で結構重いはずなのに、抱かれ上手なので重さを感じないんだって。
春ちゃんって、ひょっとして体を宙に浮かせる術を持っているのかも。
Picturefr5
第二日曜日が訪問日なので、訪問犬数がわりと多めだよ。
大型犬・中型犬・小型犬がバランスよく参加するんだ。

ここでは写真を写せないので、想像力を働かせてくださいね

今年の4月から、毎年お会いしているご夫婦がいらしゃるんだけど。
今月も、とてもいい笑顔を見せてくださったよ。
いつもご主人が車椅子を押して、セラピー会場「ワンワンパーク」にいらっしゃるんだ。

「今は抗がん剤のせいで、髪の毛がすっかリ抜けてしまったの
そうお話しされる癌患者の女性「は、悲壮感よりも達観されていて笑顔が美しかったよ。

来月もまたお会いできますように!

Picturefr3
この病院に入院されている認知症の患者さんは、すべて内科的大きな御病気を持っていらっしゃるんだって。

ともかくご長寿の方が多くて、88才くらいならまだ若手かも?
100才越えの方にお会いしても、ちっとも驚かなくなっちゃった。

Img_3952

「ここをマッサージすると気持ちがいいでしょう?」

Img_3951

ああーなんだか体が溶けてしまいそう・・・気持ちいいなぁー。

でもでも、僕はお仕事をしなくちゃいけないんだ!

Img_3954

この笑顔のNさんは、つい最近まで犬嫌いだったんだ。
でも今はこの通り僕を抱っこしてくださり、最良の笑顔を見せてくださるよ。

「まるで、ショパンマジックね!」
仲間たちはそう言って、うれしそうなお顔をするよ。

Img_3957

僕とママの目標は、すべての方に笑顔になっていただくこと!

Img_3959

お馴染の方が多いので、奥は

Img_3961

ほかのメンバーも、一緒に笑顔を楽しんでいる様子。

Img_3962

僕と同じシーズーのそら君も、頑張っているよ。

Img_3953

そしていつものように、あっという間に30分間のセラピーの時間が過ぎてしまうよ。
僕はもっと続けたい気分なんだけど・・・また来月ね!さようなら・・・


Pictureblogb44

今月は、大型台風がやってきて、またしても日本中が被害を被ったよ。
それでも、北海道は被害が少ないことが多いけど、沖縄の方は大変だね。

11日は、大好きな叔父ちゃんの四十九日法要があって、僕はひとりでお留守番。
僕だって行きたいけど、犬はだめなんだってね。
犬が行けない場所って多いね。

Img_3887

毛を少し長めに伸ばすことにした僕は、ご近所のお店で「顔周りカット」をすることになったんだ。
初めてのお店だったし、僕の体はどんどん台の隅っこへ・・・。

ふふふ・・・ママちゃんカットよりも、上手だったよ。
やっぱりプロだもの!
このお店には、僕のワン友たちも利用しているよ。
ホームページの利用犬のアルバムをみたら、あの子もこの子も!

そう思ったら、またここへお顔カットに来たくなったよ。

またよろしくね!美人のおねえさまたち・・・

訪問してくださってありがとうございます!
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月28日 (日)

122)秋、心悩める犬の僕

僕はショパン!

9月になったら、急に日本中が秋モードに入ったね。

Img_3649

このところ、全国的に気候が変だね。真夏には、北海道でも異常な暑い日もあったし。
日本だけではなくて、世界中が異常気象なんだね。

ひどい竜巻は、アメリカなど別の国のことだと思っていたのに、最近は日本でもあちらこちらで大きな竜巻被害があるしね。
台風も次から次へとやってきたりで・・・。

火山も新しい島ができるのはうれしいけど、噴火はご免だよ!
でも不思議だね。この地面のはるか下ではマグマが煮えたぎっているんだって?

Img_8971_448x299

最近の世界情勢も、いろいろと騒がしそうだね。
パパもママもしょっちゅう、憤慨したし心配したり嘆いたり・・・。

イスラム国って新しい国なの?でも悪さばかりしているのでしょう?
それに国の分離独立って、なあに?あちらこちらで騒がしいよ。

犬の僕にはさっぱりわからないけど・・・ともかく世界中が仲良く平和でいてほしいよ。
ぼくたち犬は言葉を使わないけど、眼と眼でどんな国の犬とでも人間とでも、気持ちを通わせることができるよ。
言葉を使う人間って、意外に不自由なんだね。

Img_3674

日本国内でも、いろんなことがあるね。
どうして、人が人を殺すんだろう?
最近は、すぐにキレる人が増えているんだって?
食事の影響もあるとか?だって、体や脳細胞を作るのも食べ物だよね。

昔の日本人の美徳とされていた、人を思いやるやさしさや誠実さを失っている人が増えているのかな?
僕たち犬族は、昔も今も心持ちは変わっていないと思うよ。

Img_9006

いろいろ考えていると・・・頭がこんがらかってくるよ。
でもぼくも5才になったし、人間にしたら成熟した大人だからね。


Blogpicturef32


さてと、気分を変えて少し楽しい話題をね!

9月21日日曜日、澄みきった青空の中で、動物フェスティバルが開かれたよ。

Pictureblogd88

今年も、パパとママと家族そろって出かけたよ。
地下鉄→バスを利用してね。
このバスのコースは停留所に大学がいくつかあるので、便数も多いんだ。

会場はいつもの酪農学園大学構内だよ。

Img_3708

門をくぐると、相変わらず強烈な牛の糞の臭いが!
この右手に牛さんたちがいるんだ。牛の糞って、有機肥料を作るのに欠かせないんだよね。
その肥料を使った?牛さんのお食事用のトウモロコシ畑が、右手にずっと続いているよ。

Img_3710

門に入ったところで、すぐにダックスちゃんと出会ったよ。

Img_3711

初対面だったけど、すぐにお友達になれたんだ。

Img_3712

動物フェスティバル会場入り口すぐに、動物とのふれあいコーナーがあったよ。
子供たちが羊さんに触れて楽しそうだったよ。
その隣にはお馬さんがいて、乗せてもらうこともできるんだ。

Img_9103

さてとメイン会場では、たくさんの犬犬犬!

Img_3753

どの子とから、ごあいさつをしたらいいのか?迷ってしまうよ。

Img_9099

「僕はショパン!セラピードッグをしているよ」

Img_3754

リード同士が絡まってしまいそうだし・・・

Img_3744

Img_3789

でもね、ともかく楽しいんだ♪~♪

Img_9095

今日一日何が起こるのかな?ドキドキ・・・

Img_3778

僕はあっちを見たり、こっちを見たり忙しかったよ。

Img_3721

なんてみんな足が細くて長いんだろう!短足の僕とは大違いだよ。

Img_9107

ふふふ・・・可愛いトイプーの女の子とこんにちは!

Img_3732

わぁー君って、すごーくおしゃれだね。帽子がお似合いだよ。

Img_3742

愛犬家達は、ご自慢の犬の息子や娘を連れてきているよ。

Img_3741

二つの会場をつなぐ道には、たくさんの犬連れの人たちが!

僕はボランティアセラピードッグの会のふれあいコーナーでも、少しお仕事をしながら会場のお散歩も楽しんだよ。

Img_3749

会場の中をどこに行っても、楽しそうな犬の仲間がいっぱい。

Img_3747

とびっきりのおしゃれをしているこの女の子も、実はセラピードッグの仲間なんだって。
「でもね、今日は活動はお休みにして、楽しむのよ。だって、わざわざ旭川からやってきたのですもの」

Img_3750

ここで、しばらく順番を待っていたんだけど・・・
まさか、まさかつめきりなんて!

Img_3760

最前列になった時、眼の前では「リボン付け」や「つめきり」や「肛門絞り」をされる仲間たちが見えたんだ!

Img_3762

でね、いよいよ僕の番になったので、僕は覚悟を決めたよ!

Img_3758_2

ほら、こんな笑顔すら出たでしょう?

Img_3788

そして楽しい一日が過ぎて・・・

お家に帰ったら、パパもママもお疲れの様子。

Img_9087

そして僕も、お気に入りの羊さんのマットにゴロン・・・

「どこまでショパンで、どこが羊さんの毛かわからなくなるよ」
パパはいつもそう言いながら、カメラのシャッターを押すよ。

この上の写真は、その時のパパが撮ってくれたスナップだよ。

Pictureboge3

そして、そのお楽しみの翌日、ママの腰と足がひどく痛んだよ。
それにね、アレルギー喘息の方もちょっと悪化したみたい。

「風邪を貰ったかもしれないわ。喉が痛いし、痰の量も増えたし」

今はイネ科の植物やヨモギが、アレルギーを起こす時期とか。
でも2,3日安静にしていたら、まあまあの状態にもどったらしいよ。


Pictureblogd29


セラピードッグ活動は、月に4,5回がんばっているよ。
ほとんどの施設が、地下鉄だけで行ける場所なんだ。

Picturefr3
病院へ行く道で、こんな木の実を見つけたよ。

Img_3678

ママは初めて見たんだって。食べられるのかな?

さて、病院では・・・

Img_3683

皆様がお待ちかね。

Img_3681

僕も、顔見知りの皆様が多いので、すごーく楽しみだよ。

Img_3689

まるで人間の孫を抱くように、やさしく抱いてくださるよ。

Img_3694

僕がとりわけうれしいのは、この方に抱っこされたとき。
だって、何年も犬が恐くて、犬に触れなかった方なんだもの。
そして、僕が初めて抱っこした犬なんだ。


Img_3696_3

そしてなんと、この日は僕以外の犬「そら君」も抱っこできたよ。

Img_3698

ああ、僕のなんという緊張感のなさ!


Picturefr3_2
地下鉄円山公園駅から歩いて5分のところにある施設。

初めての参加だったので、少しドキドキしたよ。
それにママが道を聞いた人が、全然違う方向を教えてくださったので、現地に着くまで一苦労。
親切な方が「私の家が同じ方向なのでお送りしましよう」と、道案内をして下さったよ。

そしてやっと着いたんだ。10分遅れでね。

Img_3794

チワワのアトムちゃんや・・・

Img_3802

チワワのルカ君や・・・

Img_3804

シーズーのそら君や・・・

Img_3807s_2

ヨーキーの大先輩のくるみちゃんや・・・

Img_3795

僕も急いで仲間に入れてもらったよ。

Img_3796

小型犬ばかりだね。

Img_3798

来月もまた来るつもりなので、僕のこと忘れないでね。

Pictureboge84


この施設の帰りは、大好きな叔母ちゃんのお家に行ったよ。
すぐ近くまで、車でお迎えに来てくださったよ。

叔母ちゃんの家のキャバリアのタンタンちゃんは犬が恐いんだけど、その日は僕に小さく「うっ、ワン」と吠えただけでお部屋の隅のお気に入りの場所でじっと伏せをしていたよ。

これからときどきタンタンに会いに行く予定なんだ。
僕の犬大好きパワーで、タンタンちゃんと仲良しになるつもりなんだけど。
タンタンちゃんは、迷惑かな?

犬の友達が一匹もいなくて、一生を終るなんてさびしいよ。
友達になろうね。

Pictureboge8mix

叔母ちゃんの家から、地下鉄の12丁目まで車で送ってもらったよ。

Img_3809

12丁目の大通公園では、屋台ができていたよ。
生演奏できるステージもできていたよ。この日は何もやっていなかったけど。

Img_3810

ああーいつもながらいいにおいだなあー
でもぼくには何も食べさせてもらえないんだけど・・・

Img_3819

道の反対側の大通公園でも、何かやっているね。

Img_3822_2

でもパパが待っているから、早くお家に帰ろうっと!
で、僕とママは地下鉄に乗って帰ったんだ。


訪問してくださってありがとうございます!
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

121)秋!青空に白い雲と僕

僕はショパン!

Img_3601s
秋風が吹き始めて・・・朝晩はとても涼しくなったよ。

Img_3612

町中に、コスモスの花が風にやさしく揺れているよ。

Img_3619

クンクンクン・・・この花って香りはするのかな?
コスモスの葉って、細いんだね。

Img_3609_2

秋を告げる花が、朝顔なんだってね。朝顔の葉は大きいね。
ママたちが引っ越してくる以前のお家のベランダには、色とりどりの朝顔の花が毎日咲いていたんだって。
「自然の花と緑のすだれを作りたかったけど、難しかったの・・・」

P8040098s

パパのお父さんは、毎年竹のフェンスに大輪の朝顔の花を沢山咲かせていたんだ。
今はもう天国に逝ってしまったけど・・・。
このくらい立派だったら、十分に日差しを避けられるね。

Img_3617

そうそう、秋の花の一番手は、やっぱりキク科の花だよね。
食用の菊って、美食家の?僕のお口に合うかな?

Pictureboge8mix

最近とても悲しいことがあったんだ。
そして僕は、一人ぼっちで長い時間お留守番をしなくてはいけなかったんだ。

Img_3568

僕は5才になってから、お留守番が上手にできるようになったよ。
さびしくてもおやつは食べちゃうし、前とはずいぶん変わったよ。

Dsc_0300

秋の澄んだ青い空に、白い雲がとても美しく浮かんでいた8月末のある日、ママの大好きなアマチュア画家の叔父さんの葬儀があったんだ。

叔父さんはまだ70代のやさしい人だったんだ。
心が温かくて、いつも笑顔を絶やさない人だったんだ。
大学で教育学を学び、長年教育行政のお仕事をされていたんだ。
そして囲碁も趣味で、ボランティアで囲碁を教えに行っていたよ。
いつもインターネットで、強い相手を見つけて対戦していたよ。

Img_3405

僕もすごーくかわいがってもらったんだよ。(高い技術を要する難しい検査)後に、大量出血をして危篤状態になり、それを克服したものの次々と難病にかかり、最後はICUで人工透析や人工呼吸器をつけて・・・それでも頑張ったけれども・・・力尽きてしまったんだ。

もう会えないなんて、信じられないよぉーweep  weep

Dsc_0298

その叔父ちゃんが可愛がっていたキャバリアのタンタンちゃんは、とてもビビり屋さんで、ワンちゃんも人も苦手。家族以外は、ごくごく週数の親しい人しか駄目。

叔父ちゃんのお通夜は、自宅ではなく立派な葬儀会館で行われたので、ママがタンタンと一緒に叔父ちゃん宅でお留守番をしたんだ。

僕たち犬は、一人でお泊りのお留守番はできないよね。
僕もそうだよ。もしママもパパもいなかったら、一晩中僕は泣き続けるよ。
きっと、食べ物は一切一口も食べられずにね・・・
Blogpicturef50

「仏式の葬儀は、とても暗くて悲しいわ・・・「白骨の御文章」は、何度聞いても心に重く響くのよ」

「でもね、ママは若い頃仏教に惹かれて、何度も鎌倉の禅寺や、京都の仏像に会いにお寺巡りをしたのでしょう?」と僕が言うとね

「以前はそうだったのよ。でもね・・・」とママ


じつは最近ママは、映画の試写会「ザ・テノール」やら教会での演奏会やらで、讃美歌を聴くチャンスが多かったらしいよ。

Dsc_0304

先日ママはクリスチャンの友人に誘われて、教会での「ソプラノとパイプオルガンの調べ」を札幌の歴史的建築物の教会で聴いてきたんだ。

Dsc_0310

「なんて久しぶりに生のパイプオルガンの音を聴いたことかしら」

ママが初めてパイプオルガンの演奏を聴いたのは、北大のクラーク会館のコンサートホールでなんだって。最後に聴いたのは、NHKホールのパイプオルガンだとか。

クラシック音楽の大好きなママは、昔レコードで「バッハのオルガン全集」を持っていたんだって。
「全集は、とっても高かったのよ。清水の舞台から飛び降りるつもりで買ったの」

話がそれてしまったけど・・・ママは、自分の葬儀は仏式よりも教会での葬儀がいいなと思っているらしいんだ。

葬儀の時だけクリスチャンになるわけにはいかないのにさ!

Dsc_0316

これがその教会の外観なんだって。
なるほど、古い趣があるね。
この教会は、さかのぼるとあのクラーク先生に至るらしいよ。

ママは、自分の都合のよいときだけクリスチャンの真似ごとをしたくなるらしいよ。
20代の初め、東京で一人ぽっちの気分でさびしかった時、クリスマスキャロルを歌いたくて、クリスマスイブの夜に教会の門をくぐったんだって。
「誰でもどうぞお入りください。一緒に歌いましょう」の言葉にひかれてね。

そして結局一年間、その教会に通って讃美歌を歌い続けたんだって。
何しろ、ママは歌うことがだいすきだったからね。
その当時は、ギターを片手によく弾き語りをしていたらしいよ。
「でもね、仏教書を読んでみたりして仏教に惹かれたりして・・・」
一年後のクリスマスキャロルを歌ってから、教会に通うのをやめたんだって。

「信仰心が生まれなかったの・・・」

Dsc_0323

信仰って、人間の心ってむずかしいね。

Img_3603_2

それにしても、ママの心って風にそよぐコスモスみたい。
ちっとも、落ち着かずにあっちへ行ったりこっちに来たり・・・。

あああっ!!!あ!あ!

thundertyphoonthundertyphoontyphoontyphoontyphoonthunderthunderthundertyphoontyphoontyphoon

あれはいったい何だったの?

Pictureblogc70

突然の雷と土砂降りの雨と!

僕は夜中に跳び起きたよ!

パパが僕をそっと抱きしめてくれたよ

ママが「大丈夫よ」と頭をなでてくれたよ

ゴロゴロゴロ・・・ゴロゴロゴロ typhoontyphoonthundertyphoonthundertyphoontyphoon
ピカピカ ピカピカ thunderthunderthundertyphoonthunderthunderthunder

ビービービー ビービービーannoy annoy annoy annoy
二つのスマートフォンはわめいていたよ」

札幌で記録的大雨で避難勧告!だって?
でも、僕のマンションは高台だし8階だし
家族(2+1)は大丈夫と安心して寝たけど

あの悪夢の夜はなんだったんだろうね!

Img_3529

そしてまた、いつもの平和な日々が戻ってきたよ。



Pictureblogd29

Picturefr2

8月の活動日は、とてもさわやかな一日だったので、全員お外に出てきてくださったんだよ。

Img_3545

お外には、いくつかのベンチとイスが置いてあるんだ。

Img_3544

この日は、酪農学園大学の動物看護学科の学生さんも見学実習に来てくださったんだ。

Img_3533

僕は、夏だし、浴衣を着て行ったんだよ。

Img_3534

この日、僕の親友のトイプーのかんぺい君が初参加してくれたよ。

そして、いつもおとなしいかんぺい君の意外な面を知ったんだ。

Img_3542

キス!キス!キス!

こんな積極的なかんぺい君を初めて見たよ。

Img_3541

なんだか、ますますかんぺい君が好きになったよ!

そしてキスされているこの方は、いつもほかの犬からもキスキス。
犬にキスされるのが嫌じゃないらしいよ。

僕は、はなこさんの車椅子に逝ってみたよ。
今日の御機嫌はどうかな?ドキドキドキ・・・

Img_3546

ふふふ・・・よかった!

Img_3549

わざわざ遠くから来てくれたゴールデンのローズちゃんは、笑顔がとってもすてき。

Img_3548

この笑顔を見るだけで、癒されるね!

Img_3538

トトロの森の方がいつも準備してくださる、洗面器いっぱいのお水。
僕はあんな大きな器からは飲めないよ。お顔中水だらけになるよ。

Img_3550

でもぼくよりはるかに体の小さいヨーキーのエレファ君は、この大きな器から上手にお水を飲めるよ。

ぼくだと、お耳からお顔から水浸しになってしまうんだ。

ともかく、とても楽しいひと時だったよ。


PictureImg_3572

この日も最寄りの地下鉄駅前で、ウイル君のママにピックアップして頂いたよ。

そして現地に到着したら・・・アラアラアラ lovely lovely lovely

Img_3575

こんな可愛い特別ゲストが来ていたよ。

「どんなワンちゃんも、この笑顔には負けるわね」

Img_3583

この日一番の活躍だったよ。

でもね、しまいには疲れてちょっと泣いちゃったけど・・・

Img_3584

泣き顔もまた可愛くて、みんなはこの子の虜になっちゃったよ。

Img_3588

この赤ちゃんのおばあちゃんが、このモコちゃんのお母さんだよ。
笑顔のすてきなモコちゃんは、ポメラニアンの10才の女の子。

Img_3585

柏が丘の参加者は多いので、僕は半円を回るのがやっと。

Img_3582

車椅子の方が多いよ。

Img_3581

少しでたくさんの方に、笑ってい頂きたいんだ。

Img_3579s

寝椅子タイプの車椅子の方が、輪の外にいらしたよ。
近づいて抱っこしてくださって、素敵な笑顔を見せてくださったよ。

そんなとき、僕もママもセラピー活動のやりがいを感じるんだ。

この日も、恒例のお誕生月の犬のお祝いがあったよ。

Img_3590

みんなで♪ハッピバースディ ♪ ツゥー ユー♪ を歌うんだ

その後、誕生月犬のエミーちゃんがお礼に芸を見せてくれたよ。
みんなの歌うカタツムリの歌に合わせて、パフォーマンスをね。

僕も、来年の2月のお誕生月までに、何か覚えたいな。

Img_3594

そうそう、この日は仲良しのトイプーのかんぺい君にも会えたよ。

Img_3614

かんぺい君は、最近はいつも袋ごと抱っこしてもらっているよ。

Img_3616

「僕は、抱っこされるのは得意じゃないんだ。
でも、袋の中に入っていると落ち着くので、最近は袋ごと抱っこしてもらうんだ」

ふーん、でもぼくは、普通に抱っこされるのがいいんだ。
犬それぞれ、自分流があるんだね。

Blogpicturef84

さてと・・・最近のママの心は、どうやら混戦状態みたいだね。
なんだか変な色合いの落ち着かない感じの画だね。

明日は、東札幌病院のホスピス病棟での活動だよ。

あの方は、お元気なお顔を見せてくださるかな?

Illust1076_thumb





訪問してくださってありがとうございます!
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月20日 (水)

120)僕も少しずつ秋色かな

僕はショパン!

Img_3402

ハンバーガーの中身のつもりだけど・・・アンパンに見えるかも?

Img_3405

この夏は台風が立て続けにやってきて、日本中を暴れていったね。
たくさんの人たちが被害をこうむって、日本中が傷ついたよ。

自然災害って、将来は人間がなんとかコントロールできるようになるのかな?
だって、今の科学ってさ、いろんなすごいことができるんでしょう?
科学番組の好きなパパとママは、ときどき眼を輝かせて「すごいなあ!」「楽しみね」なんて弾んだ声で話しているよ。


Pictureblogd21

台風がたくさんやってきたので、札幌も雨の日が多かったよ。
そのせいかな?今年の夏は、暑い日がそんなに続かなかったし。
もう秋風の気配がするよ。

Img_3372

札幌では、夏が短いからいろんな花が一斉に咲くんだ。

Img_3384

コスモスと紫陽花が一緒に咲くけど、東京では違うんだってね。

Img_3379

ママの大好きな紫陽花って、
本当にいろんな色が微妙に混じっているんだね。

Img_3385

じっと見ていると、心が静かになるね。
これも僕が、だんだん秋色に染まりつつあるからかな?

この紫陽花色をママ風に表現すると、こうなるらしいよ。
    ↓

Blogpicturef82


5才になった僕は、前よりも活発じゃなくなったんだ。
以前だったら軽く跳び上がれた場所へでも、跳べないことがあるしね。

子犬がまとわりつくと、逃げ出すこともあるんだ。
1才の頃の僕は、これと逆の立場だったのにね。
「遊んでよぉー♪~」って言いながら、兄貴分の犬にまとわりついていたんだけど。

これが年を重ねるってことかな?僕が秋色になっていくこと?

Img_3503s

セラピー活動をしていると、たくさんの高齢者の方に出会って、とても穏やかな時間を過ごすのだけど。

ときどきメンバーが少しずつ入れ替わっていて・・・あれっ?
生き物はすべて、いつかは天国の美しい花園で暮らすんだって!

僕たちセラピードッグの仲間たちもね、一頭ずつ虹の橋を渡って幸せの国に旅立っているよ。
とってもさびしいけど・・・そのかわり、どんどん若い新人犬も仲間に加わるんだ。

こんなことを経験するのが、僕が秋色に近づいていくこと?

Thumb_20131128081920_52967df820fb5

パパは僕がやがて老犬になって歩けなくなったら、犬用車いすを買ってくれるらしいよ。
「それにさ、ショパンは軽いから、いくらでも抱っこしてあげるよ」
でも・・・僕はやっぱり自分の足で歩きたいと思うに違いないよ。

お盆を過ぎ、身内に何人か難病患者がいるせいもあって?
僕もママもパパも、なんだかしんみりした気持ちなんだ。
生きとし生けるもの、すべてはやがて死を迎えるんだね。

Pictureboge24



春から夏にかけて、かわいいお花をいっぱい咲かせてくれた一年草も、今は葉っぱだけになって萎れかけているよ。

ママとパパも、大好きな僕と、多分10年後にはさようならしなくてはいけないことを、今から覚悟しているみたい。
だからこそ、今の僕とたくさん遊んで、たくさんの思い出を作ろうと思っているらしいよ。

Illust1077_thumb




なんで急に、ブログの内容が深刻になったかというと・・・
8月は、日本中が台風で痛めつけられたリ、日本国内でも世界でもたくさんのおぞましいことが起こっていて、たくさんの人々が被災し、殺され痛めつけられたりするニュースが、毎日テレビで放映されていて・・・ママもパパも気持ちがふさぎがちだったんだ。

そのせいで、8月のこのブログは、ちょっと暗い色合いだね。

Pictureblogd52

 


話題をかえてと・・・

そうそう、8月のセラピー活動は浴衣を着ることが多かったよ。

Img_3462

車椅子ベッドで参加された方も、浴衣姿の僕を喜んで下さったよ。

Img_3482

日本人は浴衣姿を見ると、たとえ犬が着るのでも笑顔になるね。
僕の浴衣姿は写っていないけど、浴衣を着ていたよ。

Img_3441_2

シーズー仲間のウイル君は、お祭りハッピがよく似合っていたよ。

Img_3471

あれあれ・・・ウイル君疲れちゃったのかな?

Img_3423

このハッピの変形で、ハッピドレスに作り替えてもらった子もいるよ。

Img_3322

ハッピドレスのトイプーの花ちゃんは、とってもお利口さんなんだ。
器用なお母さんは、こんなかわいいドレスに変身させちゃったね。
写真ではよく見えないけど、スカートの切り替えのところに小さな金の鈴が付いているんだよ。すごくかわいいんだ。

花ちゃんにはね、お兄ちゃんの輝(ひかる)君がいるんだ。
心やさしいお母さんが、保健所から救い出してあげたんだ。
光君は、悲しみを知っているせいか、とてもやさしかったよ。
今はのんびり暮らして、花ちゃんにセラピー活動を譲ったみたい。

セラピードッグも、家族間で世代交代している子も多いよ。
僕のお家は、僕しかいないから駄目だね。

Img_3328_2

パパが、僕と花ちゃんを抱っこしてくれたよ。
兄妹がいるって、こんな感じなのかな?

Img_3407

いつもの僕は、パパを独占しているんだ。
パパのお腹の上で、お昼寝なんだ。一番ほっとする時間かな。

ちょっと変な格好で、恥ずかしいけど・・・wink

Pictureboge58

今、僕とママは月に4,5回5か所の施設を定期的に訪問しているよ。
その中の1つの施設が隔月なんだ。
セラピー犬が少なくて、訪問希望される施設は沢山あるので、隔月にすると倍の数がこなせるからなんだ。

セラピードッグになりませんか?


ママは、お利口さんの犬に出会うと、ママはいつもこの言葉を口にしているよ。
そしてバッグから、セラピードッグ募集のチラシを出すんだ。

Pictureblogc40


最近、楽居館という施設を訪問した時にうれしいことがあったよ。
お二人の女性の方が...
「犬は怖いから、こっちに連れて来ないで!」

じつはね、ママと僕は「犬嫌いのワンちゃんや人間たちを犬好きにする隊」を勝手に立ち上げたんだ。

これまで10頭以上の怖がりの犬たちを、犬が恐くないレベルまで持って行ったんだけど。
僕が最初に、犬嫌いの犬と仲良しになる犬になるんだけど。

Img_3508

さて、その楽居館で、犬嫌いの方がお二人隅っこでブルブル。

そのお二人と「ショパン&ママ隊」がまずは遠くからごあいさつ。
そしてなんとなんと僕たちのマジックで、しまいにはそのお二人の女性は僕を抱っこして下さったんだ!
そして、とっておきの素敵な笑顔を見せてくださったんだ!

この笑顔が、僕とママのセラピー活動の心のエネルギーなんだよ。

Img_3513

笑顔って、本当にいいねぇー lovely lovely lovely 

Img_3506

やさしく抱きしめられると・・・僕は溶けてしまいそう・・・lovely lovely


Blogpicturef28

グループホームの<トトロの森>でのセラピー活動でうれしかったことがあるよ。
この日は、戸外でのさわやかな風の中でも活動だったんだけど。

いつもおとなしいトイプーのかんぺい君が、すごく積極的になったんだ。

Img_3542

ふふふ・・・相思相愛のカップルみたいでしょう?
そして、キスされた方も慣れていて、うれしそうだったんだ。

かんぺい君の意外な姿が見られたよ。なんだか嬉しくなったよ。

そして、初めてここを訪問してくれたゴールデンのローズちゃんのとびっきりの笑顔を見られたのも、それに負けず嬉しかったよ。

Img_3549

短いセラピー活動の間に、いろんなドラマがあるんだ。
だから僕もママも、セラピー活動が大好きなんだ。

さて・・・

Blogpicturef70

先日ママがね、親しい友人から映画の試写会に誘われたんだ。

ザ・テノール  真実の物語

韓国人の世界的テナー歌手の奇跡の物語なんだって。
全編、いつも美しいクラシック音楽(オペラと讃美歌と・・・)が流れていて、ママは感動しっぱだったんだって。
「実話を知っていたけど映画にも感動したし、涙が出てしまったの」

「久しぶりで大音響の美しい音楽を聴いたわ。なんだか生の音楽を聴きたくなったわ」
東京に住んでいたママは若い頃、有名音楽家が来日すると、お小遣いをはたいて高額なチケットを買ってコンサートに行ったらしいよ。
「ちょっとドレスアップして、日常を忘れて音楽に溶け込むの」
そうそう、ママは学生時代も音楽三昧だっんだね。
お勤めを始めても、バイオリンのレッスンにも通ったのでしょう?

ところでなんと、ママの大好きな音楽家の演奏会が、北広島市の芸術文化劇場という美しいホールで開かれることになったんだ。

梯剛史 ・・・N協の名手と共に

梯剛史さんは、盲目の天才ピアニストで、ママは小学生の頃から知っているんだって。
今はスイス在住で、中学生になる時からスイスの音楽学校に留学していたんだって。

「私が、最初のファンになるわ。がんばってね」そう言って、スイス行きの時に応援したんだって。

その後も、一年に一回は顔を合わせていたんだって。
「彼は、生まれて間もなく網膜芽腫という小児癌におかされて、4歳の時に両眼を摘出しなくてはいけなかったの。そしてそれからも、定期的に検査をしていたのよ。中学生の時に再発して手術したの。癌ってなかなか手ごわいのね」

その後、世界中を演奏旅行するようになったんだって。
「徹子の部屋」や「N協アワー」「芸術劇場」などにも出ているから、知っている方も多いかも。

その彼の演奏会の一つが、9月19日におばあちゃんの住む北広島市でも開かれるんだって。
曲名はピアノ5重奏のシューベルトの鱒など・・・。ママの好きな曲だよ。


Blogpicturef13

ママ、どうぞ素敵な音楽のひとときを楽しんでね。
僕は、パパとお留守番しているよ。

訪問してくださってありがとうございます!
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)