カテゴリー「シーズー犬ショパン君の日記⑧8才」の記事

2017年8月25日 (金)

162)夏・紫陽花・夕日・僕

僕はショパン!

あと少しで8月も終わるというのに、今頃になって急に夏の暑さに戻ってきたよ。
たしかテレビの天気予報では「もう夏の暑さは終わりました」とか言っていたよね。
でも、暑さはどのくらい続くのかな?
 
Img_1281

今年の8月のお天気は、全国的にトンチンカンだったよね。
だってね、東京ではほぼ毎日雨が降っていたとのことだし。
大雨の被害も全国あちこちで起こったし。
竜巻や雷の被害もたくさん!
Illust1050_thumb
札幌は、8月に入ったら急に涼しくなったんだよ。
エアコンはほとんどつけなくても大丈夫だったし・・・
夕方の夕日がとても美しく見える季節になったよ。
 
Img_1263_3

ママは、パソコン通信時代のハンドル名でもある夕日が大好き!
ママの元職場の方が、facebookに美しい夕日の写真を載せてくださっているよ。
ママはとても楽しみにしているんだ。
上の写真は、僕のお家のベランダから写したんだ。

Img_1333
 
「世界中の旅でいつも楽しみにしているのは、現地での夕日と朝日をじっくり味わうことなの」
これがママの口癖さ。
 
Sunset_at_taj_mahal_agra_uttar_prad

ママの旅した場所は、都会から離れた静かな地が多いから、街の明かりに邪魔されずに美しい夕日が見られたらしいよ。
エジプトでは、スフィンクスが語りかける声があたり一帯に響く中で、ピラミッドのシルエットの背景として眺めた夕日の幻想的な雰囲気が忘れられないんだって…
 
砂漠をラクダの背に揺られながら、リンリンと鈴の音を聴きながら夕焼けの空の下を進んだこと・・・

海に陽が沈む様子には、心が吸い込まれそうだったとか・・・
 
Hanalei_heaven_kauai_hawaii

朝焼けの思い出もたくさんあるらしいよ。
 
ヒマラヤに日が昇るのを見るために、真っ暗闇の中を一歩間違えると崖の下に落ちそうなガードのない道をバスに乗っていた時、目の前に広がった満天の星の大きさ美しさに言葉を失った時のお話や、もちろんヒマラヤの日の出の神秘的な美しさや・・
 
「いっぱい話してあげたい思い出が、ママの心にはしっかりしまってあるのよ」
そう言うと、ママは夢見る少女の心に戻っていたよ。
ママっていつも、ちょっとしたものを見聞きすると、連想的にいろんなことを思い出すんだね。

想像する・・もっとすごい力を持った人が、詩人なんだとか。
詩的心を持った人は、皆と同じものを見ても、もっと深い別の感情や風景をその中に持つんだってね。
でも、そんな人は哀しみの場面では、普通の人よりも何倍も苦しいのかな?
 
Img_1340

ママの旅の思い出を聞いているときりがないんだけど、素敵な思い出をたくさん持っているのは幸せだね。
 
Img_0477

さてと話変わって・・・
東京では梅雨時の花である紫陽花が、札幌では夏の花。

Img_0474

この花も、ママの大好きな花の一つ。
特に青系統の紫陽花が好きなんだって。
「ローランサン色って、私は名付けているの・・・」
なるほど、ママが描く心象画風?なものは、この色遣いが多いね。
 
Pictureblogd67

そして8月に入ってから、ママの洗面器製みたいな硬質のコルセットも、やっと外れて?

ママが「暑くて苦しくてたまらない!」と主治医に訴えたらしいよ。
ところがね、ママの期待に反して・・・

「じゃあ、もうコルセットははずしましょう」ではなくて「仕方がないから、布製のコルセットを作り直そう」ということになったんだ。
新しいコルセットは布製だから通気性はいいし、洋服サイズもLLサイズからLサイズへと変更。やっと一息つけたみたい。
何しろ3か月近くあの硬いコルセットを付けていたんだもの。
 
「でもね、腕の付け根から腰骨下10センチまでの長いコルセットなの。そして前面には5つのベルトがずらっと並んでいるのよ」
とはいえ、前よりはずいぶん楽そう。でも僕を抱っこする時には、僕が痛くないようにと胸に暑いフリース毛布を当てるのは同じ。
 
Illust1762_thumb
5月の手術&退院後からセラピードッグ活動はほぼ休止状態?
 
ママは重いものを持つことや、腰を曲げたり激しく動くことは依然として禁止!

でも心優しいMさんのご厚意に甘えて、施設との往復を車に乗せて頂く時だけ、セラピー活動が出来るようになったよ。
今は月1,2回のセラピー犬活動を、のんびりと味わっているところかな?

でもママ・・・・もうしばらくの辛抱だよ!
腰椎にボルトがしっかりついたら、自由に動き回れるんだから。
「もしもボルトが外れたら再手術だよ」って主治医に脅かされているんだ。

Pictureblogd3

セラピードッグ活動の写真を少し見てね。
7月8月の夏の時期のセラピーは、浴衣を着たり夏祭りの法被(はっぴ)を着る子が多いんだ。
僕も、白地に小さな青の模様のある浴衣を着て、青い帯を締めているよ。
 
Img_1294_2

でね、ママは小さな声で「子供盆踊りの歌(ずっと昔から同じ歌)」を小さな声で歌って、僕を抱っこしてくださっているお膝の上で、僕に盆踊りを踊らせるんだ。
そうするとね、中には一緒に声を出してくださったり、小さな声でハミングしてくださる方がいらっしゃるんだ。そんな時、ママはとても幸せそう。

Img_1291

同じシーズーのそら君は、お祭りの法被を着ているよ。
僕と違って、頭に帽子みたいなものを載せても嫌がらないんだ。
 
Img_1292

後ろ姿も格好いいね!

Img_1293

大型犬は存在感があるよ。
 
Img_1306

大型セラピー犬は皆優しいんだ。

Img_1308s

くう汰君のお顔を見たら、全身に優しさがあふれているでしょう?

Img_1313

こんな風に床にゴロンとしたり・・・
 
Img_1315_2

この方からは、ご指名で抱っこされて、一緒に写真をパチリ。
僕も、この施設では有名犬なのかな?
 
ああ、今日も幸せな良い日だったよ。
皆様、お元気で。また来ます!
Pictureg11

訪問して下さってありがとうございますlovely

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

161)ママは亀の如く沈黙?

僕はショパン!
ずいぶんとご無沙汰だったけど、僕自身は元気そのものさ!
 
Img_0359
 
ご無沙汰の理由は、ひたすらママのせいかな?
ママが、5月のある日とつぜん亀さんの姿に変身したからなんだ!
実際僕はその姿をみてびっくり!
Illust3341_thumb
 
なぜ変身したのか?理由がさっぽりわからなかったからさ。
あのね変身する前に、ママはしばらくどこかに行っていたんだ。
どこへ?
上の僕の写真はね、ママがしばらく消えていた後に、一回り太った?ママと出会った時の写真だよ。なんだか僕、困ったような?不安げなお顔をしているでしょう?
この日は急にパパと地下鉄に乗って出かけたら・・・なんとある建物のお庭のベンチに、ママがLLサイズのTシャツを着て、笑顔で座っていたんだ。
Illust3335_thumb
「ショパン!」
突然ママに呼ばれて、僕はどうしたらよいかわからなくなったよ。
まさかそこで、ママに会えるなんて想像もしていなかったしね。

でも、ママとはそこで・・・またさようなら・・・
僕とパパは地下鉄でお家に帰ったよ。あれは夢だったのかな?
 
 
Blogpictureg13
 
さてさて、ママが亀さんの姿になった理由は?
僕にはさっぱりわからなかったよ。
まもなくママがお家に帰って来た時にも、まだあの亀さんみたいな甲羅をつけていたよ。
この亀の甲羅のことを、ママは昔のお侍さんが戦いの時に着けていた甲冑だと思っているみたい。
でもね・・・甲冑をつけてママは、どんな戦いをするつもりかな?
 
Img_0368

「ママの腰の骨には、今チタン製のボルトが2本入っているの」

えっ?ボルトだって?
そんなものを体の中に入れるために、ママはしばらく別の場所に行ってたらしいんだ!
で今は、そのボルトとの戦いなんだって?
ボルトを骨に刺して「動くな!降参せよ!」という戦いなんだって。
そしてボルトが降参したら…亀さん甲羅が外せるんだって。
ママ、頑張れー!あと一息だよ。

Blogpicturef21
さてママがしばらくどこに行っていたかというと、それは札医大病院の整形外科病棟。
なんでも腰椎すべり症と脊柱管狭窄症という病気を治すために、手術をしたんだって。
 
Img_0323

入院中は、朝起きると病室の窓からこの光景が見えたんだって。
「藻岩山を見ながら、ショパンはどうしているかしら?」
と僕のことを考えてくれていたんだって。
 
一方、僕の方は?というと、パパがそばにいてくれたから淋しくなかったし、本当のことを言うとママのことはすこし忘れていたかも?
 
毎日お散歩で走り回って疲れて、お家に帰って夕食を食べたらとダウン・・・。
これはパパの作戦だったかも。
僕をうんと走らせてたから、僕はお家ではすぐに眠くなったんだ。

Img_0351

僕とパパはいつでも一緒だったよ。僕はパパさえいれば満足だったはずなんだけど、ママがお家に帰ってきたら、やっぱりママもいいなって思ったよ。
ママの姿が玄関に現れた時、僕は大きな声を出してママに飛びついてしまったんだ!

Blogpictureg15_2
さてママの亀の甲羅のこと、もう少しお話した方がいいよね。
ママが、たまに甲羅を外すことがあるんだ。
シャワーを浴びる以外に、一日3回30分ほど甲羅干し?をする必要があるんだって。
時々甲羅を外さないと、血のめぐりが悪くなるせいらしいよ。
 
Img_0465
ママの甲羅をこっそり写してみたよ。
材質は、プラスティックで内側にたくさんクッション材が貼ってあるんだ。
これをしていないとボルトがしっかり骨について、腰椎がしっかりと固定しないんだって。
ママの腰の病気は腰椎すべり症というんだって。
 
長年の中腰での仕事のせいで、40代のころからすべり症の診断。
ママは、大学病院で生まれたての保育器に入った赤ちゃんから、突然意識を失って倒れた高齢者の方まで、いろんな患者さんの脳波検査をしてきたんだ。患者さんに合わせていろんな角度で検査をしなくてはいけなかったらしいよ。
 
数年前に椎間板ヘルニアになった頃から、急に痛みが強くなったんだって。
だから長く歩けなくなって、僕とのお散歩もつらくなりパパに代わってもらい、セラピー犬活動も何とか頑張っていたけど、いよいよ限界になり・・・
 
Img_0495
 
それまで「手術してもあまりよくならないかもしれないし・・・」と渋っていらした整形外科の主治医が「手術をしてみようか」とおっしゃったので、即手術が決まったんだ。
脊柱管に造影剤を入れて詳細に調べると、脊柱管狭窄症もありけっこう重症だったとか。
その造影剤でも手術後の抗生剤服用でも、アレルギー体質のママは、薬疹で苦労したらしいよ。アレルギー体質の人は、いろいろ大変なんだね。
「手術って痛いんでしょう?」と僕がママに聞くと
「ふふふ、全然大丈夫よ。全身麻酔だから、気がついた時には手術が終わって病室のベッドに戻っているの。それから多少痛みが一晩くらいあったけど、痛み止めの点滴をしてくださったし」
ママは、ベッドに戻ってか、枕元に置いてあったipad でメールチェック。
じつはその時、空白のメールを仲間に送ってしまったらしいよ。
やはり麻酔で、頭がまだぼぉーっとしていたんだね。
3日間ほど、ベッドから全く動けなくて、時々看護師さんが右向きや左向きにしてくださったんだって。
Pictureboge18
と、ずいぶん長々とママの入院のことを書いてしまったね。
きっと読んでいる人は、退屈であくびが出てしまったかも?
 
最近の僕のセラピー活動のお話を少ししてお終いにしようかな?
 
ママは手術後は、腰を曲げてはいけないとか、重いものを持ってはいけない(10㎏以上は絶対にダメ)とかいろいろ言われていて、ドッグセラピー活動もあきらめていたんだ。
なぜなら僕を載せたカートを持ち上げないとバスや地下鉄の乗れないからなんだ。
僕とカートとママのバッグや僕用のバッグ(クッションやお水やトイレセットなどが入っている)などを合わせると、10㎏以上になるからなんだ。
 
亀の甲羅が外せるまで、当分セラピー活動はお休み!
のはずだったけど、優しいセラピーの仲間がね、僕のマンションの前を通って僕たち二人を車に乗せてくださることになったんだ!
ばんざーい!おかげで、少しだけセラピー活動ができるんだ。
Illust1762_thumb
6月の初めに、柏ケ丘に行ったときの写真を少し見てね!
 
Img_1205
 
柏ケ丘はね、いつもたくさんの方が参加してくださるんだよ。
 
Img_1202
 
この方の嬉しさが僕にも伝わって、僕も幸せ気分。

Img_1212_2
ローズちゃんの笑顔が僕は大好き!みんなに愛されているよ。

Img_1218
久しぶりにセラピー活動ができて、僕もママも幸せいっぱい。
たくさんの笑顔が見られるって、本当にいいきもち!

Img_1224
 
その帰りお家の前の道に、6月の花が咲いていたよ。
 
Img_1223

来年は、ライラックまつりの大通公園に行きたいね。
じつは明日もセラピー活動なんだ。楽しみ!
Pictureblogc16
 
 

訪問して下さってありがとうございますlovely

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

160)笑顔ではAI犬に勝つよ

僕はショパン!
 
僕はもうあきらめたよ!プンプンプンpout
Img_1068

ママにブログを早く書いて!と言っても、馬の耳に念仏なんだよ。
ママは何かに夢中になると、ブログのことなんて忘れてしまうんだ。
だから、このブログは「気が向いたら書くもの」と思うことにしたよ。

Pictureblogb61

最近ママが夢中になったこと?
幾つかあるけどね、一番力が入っているのは長いメール書き!
なんでも何十年も前の学生時代の先輩から、突然の部活シニア同窓会のお知らせが来たんだ。それに返事を書いたのがきっかけで、メールのやり取りが始まり。
 
でもね、とても楽しそうだよ。
20歳前後の未来に希望一杯の時代の姿しか知らなかった仲間たちの近況を知って、ママは驚いたり感動したり。
医者だったはずの人は、いまはフランスで哲学者へと変身?
ある方は、アフリカやアジアで現地の農業の指導などをされていて・・・

Illust1060_thumb

7月7日の七夕の日に再会!みんなお互いがわかるのかな?
何しろ、20代のきらきらした目が、今はどう変わっているのか?
容姿は、きっと激変しているだろうね。その点犬は、シニアになっても1才の時とそんなに変わらないけど。人間の場合は別人みたいに見える人もいるね。

Img_1076

へへへ・・・またいたずらしたよ。
アマゾン宅急便の荷物の中に入っていたフワフワするものを、あ体に巻き付けてみたよ。ちょっと王様になった気分!

それにしても、ママが楽しそうにパソパソしている様子から、仲間って素晴らしいなって思ったんだ。学校を卒業して何十年もたっても、いつまでも仲良しの仲間でいられるんだね。
 
Img_0935

パパの帽子をかぶってみたよ。似合うかな?
人間の大人の気分になってみたかったんだけど・・・
でも、ちょっと重いな。
 
では気を取り直して、お話を始めるね。でもママは忙しいらしいので、大急ぎで話すね。

Illust133_thumb
 
さて・・・
これは3月末に届いた、東京からの桜の便りのほんの一部。

17757138_837063753108188_1022422861
ママの元職場仲間から、たくさん素敵な桜便りが届いたんだけど。
でもね、便りと言っても、今の時代はfacebookでのメールだよ。
 
昔は写真を送る時には、焼き増しをした写真を手紙に同封して送っていたんだってね。
お互いの手紙のやり取りに、早くても一週間ほどかかったらしいよ。
「ふふふ・・・今は便利ね。メールのやり取りは一瞬で届くし、だから一日に何度もメールのやりとりができるのよ。簡単な話ならlineでもいいし。顔を見たいのなら、skypeの手もあるしね」
昔のお電話は、とても料金が高かったんだって。パソコンの通信代もね!
 
Pictureblogd35

世の中の進歩ってすごいね。
あっという間にいろいろなことができるようになるんだもの。
自動運転だって、すでに夢が現実になっているし。
人型ロボットも見る間に身近なものになりつつあるし。

「そうね、盲導犬も不要になるかもしれないし、老人も盲人も子供も、車を簡単に運転できる世の中になりそうね」

「介護の分野では、一刻も早くATと言われる人工知能 (Artificial Intelligence)」を持ったロボットが開発されてほしいわ。今後の高齢化社会に備えて急いで開発してほしいわ」
でもね、AIでペットも造れたら、僕たち生きたペットは不要になるのかな?
だって、お散歩をしなくてもいいし、お食事の必要もないし、もちろんトイレも不要だし・・・

でも、絶対に生きた犬の方がいいはずだよね。僕はそう信じるよ!
 
Img_1063

AI犬には、僕たちのような本物の素敵な笑顔を作れないと思うよ。
そこでね、僕たちの仲間の笑顔を少し集めてみたよ。
 
Img_1119

ゴールデンのリールちゃんは、お母さんとお揃いの色違いのセーラー服に小さなランドセルを背負っているよ。
でね、馬車をひく馬ならぬ車いすをひく犬役を続けているよ。
皆さま大喜び!
僕だってやってみたい気持ちは一杯!でも、何しろ力が足りない。

リールちゃんがメバル母さんと一緒に、看護師の格好をした写真をママが見つけたよ。
 
Img_9918

これはね、酪学園大学でのイベントの時の写真。
 
Img_1149

ラブのブルー君もゆったりとしていて・・・ほほ笑んでいるね。

Img_0990

トイプーのライラちゃんはボタン目だから、笑顔が見にくいけど
笑顔で、このすてきなポーズを取ることができるんだよ。
お母さんの両掌の上だけで、こんな美しいポーズを見せてくれるなんて、曲芸の天才犬だよ。

Img_0993

このモコちゃんを抱っこしている方は、犬に触るのが初めて!
でも笑顔に迎えられると、なんだか抱っこできてしまうみたいだよ。

Img_0333a
 
オーストライア生まれのパディちゃんは、いつも明るい笑顔だよ。
もうすぐ、同じオーストラリアから妹がやってくる予定なんだ。
楽しみだね。
 
Img_0951_2
 
おっとりして優しいくう汰君は、笑顔もおしとやか。
前に利用者様から「ショパン君はくう汰君と親子?」って聞かれたことがあるよ。
似ているかなぁー たぶん、色が少し似ているかな?
僕は、くう汰君くらい足が長ければうれしいんだけど・・・。
 
Img_1138
 
僕はといえば、これでも微笑んでいたんだよ。
久しぶりにこのおじちゃんにお目にかかれたんだもの。
いつもむっつり顔で、なかなか心を見せてくださらない方なんだ。

あっ、ママが僕の笑っている別の写真を見つけてくれたよ。
 
Img_9797

最後に、僕の仲良しのアトムちゃんの笑顔を!
 
Img_9640a_2

ねぇ、仲間の笑顔のほんの一部だけお見せしたけど、生きている僕たちの笑顔っていいと思わない?この点では、絶対にAI犬には負けないよ。

もっともっとたくさんお話したいことがあるんだけど、それはまた今度ね。
ママが5月の中頃には時間が取れるから、ゆっくりと写真を選んだりできるし、その時にいろいろお話しようっと!
とはいえママのことだから、あまり信用しない方がいいかも?

9_1_t


ちょっと悲しいこと!
セラピー仲間の14才のシーズーのモコちゃんが、なんだか大急ぎで虹の橋を渡ってしまったんだ。セラピー活動を引退して1か月目のことだったよ。
14才なんて、小型犬にとってはまだまだ元気で生きていられる年なのに。
あと何年かしたら僕も虹の橋を渡るんだけど、その時きっと迎えに来てね。
Illust1236_thumb

まだ4月だけど、各施設では早々と5月人形が飾られ始めているよ。
それでちょっと早めに、ひな壇の前でポーズ!
 
Img_1161

でもね、縦長の写真がwindows10 になってから、うまく載せられないんだって。
こんな風に横になってしまうんだよ。

では、5月初めの札幌の桜の開花を楽しみにしながら…僕のおしゃべりはこの辺でね。
次の記事の更新を気長に待っていてくださいね。


Picturea1
 


訪問して下さってありがとうございますlovely

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

159)2月もいろいろあって

僕はショパン!
 
Img_0827

相変わらず、ママは口だけでなかなかブログを書いてくれないよ。
2月も、いろいろあったよ。
ママは、2月中に2月分までのセラピー犬の活動集計をまとめなくてはいけなくて、相変わらずパソパソしていたんだ。
でもそれも、ほとんどお終い。
 
セラピードッグの適性検査が3月25日で、それに必要らしいけど。

Pictureblogb23
 
2月22日はニャンコの日!そして僕と弟の誕生日だったよ。
弟は、1才を迎える前に不慮の事故で亡くなったけど。
その一件以来、ママは決して僕をペットホテルに預けないんだ。

僕たちを生んでくれた(小さくて3㎏しかなかった)お母さんは、帝王切開の後遺症で僕たちが生後2か月の時に亡くなったんだ。
でもね、生まれたお家は多頭飼いだったので、たくさんの仲間たちが僕たちを可愛がってくれたんだ。

人間も犬も、仲間が大事だよね。

Pictureboge18
さて…ママは頑張って、バースディケーキもどきを作ってくれたよ。
水抜きヨーグルトの生地に、僕に似たポテトのお人形が飾ってね。
 
Img_0873
 
ベースの水抜きヨーグルトはゼラチンを少し加えて・・・
ポテトは澱粉を少し混ぜてレンジで熱をかけて
それを二つ重ねて冷蔵庫で冷やしたら・・・
翌朝、僕の体が変形してぺちゃんこになったんだって。
でも、食べたら同じだよね。
周りには僕の大好きなミニトマトや、ミックスベジタブルを飾って
「でもね、それなりに僕の雰囲気が出ているよ」って言ったら
ママがホッとしたお顔をしたよ。

Img_0197

でも結局・・・そのケーキのジャガイモの僕?を一口で食べることができなくて、ママが全部を一口大に切ってくれたんだ。
めったにこれほどの量を食べたことがないから、僕は夢中で食べたよ。
それ以外にママからね、僕へのバースディプレゼントがあったよ。

Img_0869

お食事用のスヌードだよ。

僕はお耳の毛を伸ばしているので、お食事の時にお耳の毛が汚れないように!とスヌードをしているんだ。
男の子だけど、ママはあまり色を気にしていないよ。
僕もかわいらしく見えるなら、どんな色でも形でも気にしないよ。

これはね、100円ショップで買った人間の女性用のヘアバンドを、同じく100円ショップで買った毛糸をアレンジして、真珠を真ん中に飾って作ってくれたんだ。
もちろん、ゴムを僕の頭のサイズに合わせてきつくしてくれて。
 
Img_0867
どう?よくにあっているでしょう?
色違いであと二つ作ってくれるんだって。

Img_0891

ママは、いろいろ工夫するのが楽しいらしいよ。
絵を描くように色を組み合わせるのが好きなんだ。

若いころ、絵を描くように抽象画の模様のセーターをたくさん編んだらしいよ。
油絵の先生が、君の絵よりもずっといいとおっしゃったとか?

Pictureblogb5

今日は、お雛祭りだね。
ディサービスに通っているお祖母ちゃんが、みんなで桜餅を作って食べるんだって!

2月の発寒中央病院でのセラピーでは、僕たちが来るからって早めに雛段を玄関ロビーに飾って下さったよ。
Img_0844
いつみても素晴らしいよ。しかも3つも並んでいるのだから。
きっと患者様が、毎年楽しみにされているんだろうね。
 
病室にも一つ飾ってあったよ。
普通のお家じゃ、なかなかこんな立派なひな壇を飾れないよね。

Img_0839
 
あかりをつけましょうー ぼんぼりにー♪と、つい歌いたくなるよ。
じつはね、facebook ではすでにワンワン歌手?デビューしているんだけど、僕は歌うことが大好きなんだ。
 
本当のことを言うと、これはすこしだけ正確ではないかな?
歌うとママがね、僕の大好きな「」をプレゼントしてくれるんだ。
って何?」って聞かれるかもね。
大根のダだよ。僕の大好物なんだ。
どんなに眠くてもダの一言で、一瞬で目覚めるよ。

Img_0140_2

僕がどんな唄を歌うのかって?もちろん選曲はママだけど。
一番得意なのは「ドレミの歌」
今練習中なのは「ドングリコロコロ」
この歌は、4日のセラピーの時にきっとみんなで歌うはずなんだ。

この日のお誕生会はラブのエミーちゃん。そしてきっとエミーちゃんが、ドングリコロコロに合わせてコロンコロンとかわいらしく寝転がるはず?たぶんね。
 
Illust3978_thumb
 
歌うと心がふんわり軽くなって、なんだか楽しくなるんだ。
皆様もそうでしょう?嫌なことも忘れてね。
 

ママはカラオケで歌うのが大好きだったのに、札幌に引っ越して来たら気管支喘息が悪化して、思うように声が出なくなったと嘆いているよ。
でも、僕と歌うようになって、少しうれしそうだよ。
僕とだったら、音程が多少狂っても恥ずかしくないしね。

☆★追補
そそっかしいママは、エミーちゃんとシェーン君のお誕生日を混同していたよ。
3月はシェーン君のお誕生日で、エミーちゃんは9月生まれ。
本当に困ったママ!

Pictureblogd29


すこしだけ、セラピー活動中の写真を!

Img_0789_2
後ろを向いていても、この方が笑顔なのがわかるよ。

Img_0790

皆様が、早く犬がやってこないかとこちらを見ていらっしゃるよ。
でもね、なかなか抱っこした僕を離してくださらないし、悩むよ!

Img_0806
次は?

Img_0814

僕を抱っこしてしてくださるのは、来月で105歳になるMさん。
いつも、心の中でがんばれぇーって応援しているんだよ。
Img_0822_2
あれっ、みんなで何を真剣に見ているのかな?

Img_0830

柴犬の小雪ちゃん。おとなしいでしょう?
今や、柴犬は日本でも世界でも大人気なんだね。

Img_0878
僕たち小型犬がお膝に乗ると、暖かさが伝わって笑顔があふれ
そんなお顔が見せられないのが残念!
チワワのアトムちゃんは、たくさんの笑顔を誘っているよ。

セラピー後は、その場の全員が和やかな幸せな気分になって
「またね」「待っているよ~」
 
Blogpicturef8

さてと・・・ママがスマホのバッテリー交換に成功!
yahooの知恵袋を覗いて・・・お知恵を拝借したんだって。
ママは、簡単な装置の機械が壊れると、すぐ分解したくなるんだ。
 
Img_0848
バッテリー交換に必要なものは、これだけ。
ママは、スマホをipadとガラケーに替えたんだけど、スマホはテレビ機能やカメラ機能が使えるので、使わない手はないとママは考えたんだ。
 
でも、バッテリーが寿命になっていたんだ。
これまでにも、充電しても短時間で充電がなくなるので、変だと思っていたらしいけど、ある日なんとバッテリーが膨れてスマホの裏がはがれかけていたんだ。

ママはうれしそうにスマホの中身を調べていたよ。
 
Img_0126
スマホは現在使っていないし、万が一壊れても構わないし。
とそんなわけで、ママはまずバッテリーの代替えを購入。
アマゾンで探したら、一見まったく同じものが見つかったよ。
made in china

でも、もともと日本のスマホは中国製を使っているらしいし。
メーカーに正規品でバッテリー交換をしたら1万円はかかるとか。
 
アマゾンなので送料無料
 
次に必要なのが特殊精密ドライバー。
必要なドライバー1本付き互換バッテリーも売っているよ。

Img_0855a

バッテリーを外したりつけたりするときに必要な精密ドライバー。
このドライバーは、プラスやマイナスではなく特殊な形。
これもアマゾンで購入。     

 

なんと850円。アマゾンプライム会員なので送料無料。
口コミで良かったので買ったんだって。

これとドライヤーが必要。
これは、枠などを外すときに、接着剤を温めて溶かすため。
再び、枠や蓋を接着するときにも、同じように温めるのに必要。
これは知恵袋からの知恵。
ただし、接着がうまくいかない時は市販の接着剤使用。
瞬間接着剤だと、完璧につきすぎて、たバッテリーを交換するときに困るかも?とママの意見。
「ふんふん・・・あそこにカメラのレンズがあって・・・」
 
Img_0851_2

バッテリーをはずす時には、すべての小さなねじを外さなくてはいけないんだ。
「全部で9本だったかしら?このねじの一時置きにはマグネット付き皿(100円ショップ)が便利よ」

Img_0895

こんなことをしている時のママは、僕のための手芸をしている時よりも楽しそう。
「だってね、普段使っている機械のアナログ部分を見られるのはそわそわするの」
ママは以前、水漏れのエアコンも一部分解して直したとか。
「子供のころから、父が機械をばらして修理したりするのを毎日見ていたしね。
いろいろ原理がわかると、機械は今までと違った顔に見えるのよ」
機械の顔?どんな顔?困った顔?
我が家では、簡単な装置の家電の調子が悪くなったりするとママの出番!
ニコニコと嬉しそうなんだ。
ドライバーを手に、簡単なメンテナンスや修理は自分たちでやっていたらしいし。
仕事上でも、簡単な機械の修理は自分たちでやらなくてはいけなかったらしいし。
 
 
さてスマホはというと・・・
 
Img_0860
見事よみがえったよ。両脇には、接着用のゴムをつけているけど。
録画もできるし、見たいテレビ番組が二つ重なったときなど便利だよ。
広島カープを応援しながら、別の番組を見たり?
万が一、入院した時や旅行にも便利だよ。無料で見られるしね。
 
Img_0861
 
僕もどこか故障してみようかな?病気のふりをしようっと。
でも、きっとすぐに動物病院に連れていかれそう・・・
2月のお話は、なんだかつまらないものになってしまったよ。
3月には、なにかおもしろいことがあるかな?
 
Blogpicturef13
 
 
はやく雪がとけないかなぁー



訪問して下さってありがとうございます
lovely

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

 

| | コメント (0)